小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この判断は正しかったのか・・・
午後から ある学年が校外学習に行きました。
ところが ある学級の子どもが このところ心身的に調子が悪く
今日の校外学習もいきたくないというので 親さんに相談したところ
「行かせないでほしい」ということなので 
その間 図書室で読書をさせてほしいとのこと。

たまたま空き時間だったので OKを出したのですが
その後 ある学級から 図書室を使いたいと連絡がありました。
事情が事情だっただけに 今この時 その子の状況を踏まえると
利用を許可していいものか判断に悩み 事情を話してお断わりました。

が 本当にこれでよかったのか・・・と 今でも 
自分の判断に 迷いとためらいが残っています。

図書室は 預かり所ではありません。
私も 安易に引き受けたのですが 引き受ける前に確認をすべきでした。
もしも 他の学級が使いたいと言って来たら その子がいても 利用させていいのかと。

本来 授業で使いたいという申し出を 断るべきではなく
授業が入っていなかったので その子を別の場所に移動させ
受けいれるべきではなかったかと 思いました。

子どもの心の問題とはいえ たまたま養護教諭が出張だったとはいえ
私の判断は やっぱり間違っていたのではないでしょうか。
図書の時間の申し出があった時点で 教頭に相談すべきだったと思います。
ついつい 心の痛みを大事にしてしまったために 私は判断を誤った気がしてます。

次回は 何を優先すべきか よく考え 判断したいと思います。



ところで その子ですが 読書だけで2時間過ごすのは良くないと思いました。
それでは みんなが校外学習で得てきたことに
加わることも出来ないし 語ることもできません。
それでは 頑なな気持ちは ますますひどくなると思ったので
私の判断で 調べ学習をさせることにしました。

「みんなが出かけた先のことについて 自分なりに調べておくと
見てきたことと 調べたことを 重ねたり 比較できたりするよ」と促しました。
すると 読書だけでは退屈もしていた様子で 嫌がることもなく
すすんで自分なりに調べ メモを取っていました。

しばらくして 子供達が校外学習から戻ってきたのを確認して 
調べたことを手に教室に戻っていきました。

その後 担任がお礼を言いにこられたので 
校外学習に行かなかったことが 心の傷にならないように
学習に心が参加できないということがないように
学習資料での調べ学習をさせたことを話しておきました。


様々な子ども 様々な過程があり 年々いろんなことが難しくなっていますが
判断を誤らないよう心得ておかなければいけないと思います。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>さくらさん
こんなご時世です。図書室の役割も 少しずつ変わってきています。
心に何かを抱えた子供たちを しっかり受け止めること
そして担任につなぐことは 今後私たちの課題のひとつにもなっていくでしょう。

そんな子供たちに対応するためには さくらさんがおっしゃられていることを
まずはクリアする必要があります。
ひとまず気になる子供さんのことを知らなければなりません。
そのためには さりげなく 子供の名前を聞きだし
まずは 養護教諭に相談してみてください。
相談することで 担任の耳に入れるべきかどうか
適切なアドバイスをくださると思いますよ。

もしも 子供から相談を受けた時にも必ず
養護教諭や担任に報告をしてくださいね。
担任外だと 不思議と話せる子供もいますから
子どもは職員みんなで見ていくという姿勢は
とても大事だと思いますよ。
【2011/04/29 23:23】 URL | らりあん #-[ 編集]


うちの学校も時々不登校気味の生徒が休息に来ることがあります。私としては、カウンセラー的な役割も果たしたいと思うのですが、あまり会うことのない生徒を前にすると話す内容も限られてくるし、よく知っている子ではないので簡単にアドバイスできないと痛感しています。本当は保健室の役割もしたいんですけどね。
【2011/04/29 20:15】 URL | さくら #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1250-93c8bf47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。