小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


見えない敵
新型インフルの蔓延により どこの学校も予定が立てられない状況。
学習発表会や文化祭、音楽会、観劇、運動会や修学旅行、部活動の大会など
ひとところにたくさんの人数が集まる行事の開催は
職員会議などで 論議を重ね 慎重にその判断を下しています。

先日 某中・高一貫校で 体育祭と文化祭が行われ
500人の生徒の感染が確認され 学校閉鎖になったニュースがまた
その判断に拍車をかけることにもなっています。

学級閉鎖によって参加できない可能性もあるし
参加したことで感染する可能性も否めません。
行事を強行すれば 大きなリスクを伴い 
取りやめれば 大事な発表の場を奪われます。
しかし やってみないことには 感染するかどうかはわからないという
まさしく「賭け」の状況に 決断は難しいものです。

マスクをはめれば大丈夫かというと そうでもありません。
飛沫感染だと言われています。
マスクを全く外さないことなどあり得ないので 100%の防御は難しいかもしれません。

一度感染すれば免疫はつくのでしょうけど
新型がどんどん変異していけば その変異に対応した免疫力がないと
いまだ感染していない人たちと なんら変わりもありません。

子供達の手に消毒スプレーで塗布しながら 
見えない敵と戦う難しさに無力さを感じています。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1241-d6c5b527
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。