小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


家で仕事をしていると・・・
夏休みの出勤はありませんが 家で仕事をしています。
これをやっておかないと 年度末の蔵書点検で苦しむことになるので
まとまった時間が取れる 今しか出来ないと思い 持ち帰っています。

ですが その仕事をやりながら ふと思うんです。
蔵書点検で大変な思いをしたくない一心でやっているのですが
雇用は学期ごとでも 年間を見通しての仕事があるのに
どうして 雇用が認められないんだろうっと。

例えば 学習支援や特別支援の補助は
あくまでも教員の補助なわけで
例えば「学級運営」とか「図書館運営」に総称される
「運営」 という任務はありません。

 「図書館運営」のほぼ全般にわたって実働しているのは司書です。
図書館全般にかかることを ほぼ一人でやっているわけですが
なぜか 学習支援や特別支援の補助の半額以下の賃金で 解せません。

毎年頭を抱える蔵書点検も こんなに大変な作業なのに
絶対に職員作業として取り組むことはなく 一人の責任でやることになります。

一人でやらなくてはいけないと仮定して(絶対に一人でやるのですが)
ストレスをためることなく いかに ミスなく丁寧に確実に早くやれるかが 課題となります。

今持ち帰ってやっているのは 結構 細かく地道な作業です。
まだまだゴールは見えませんが ここで踏ん張っておかないと
蔵書点検の時に苦労しますから・・・。

とは言っても まだまだスタートしたばかりです。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1201-b1b3979d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。