小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


図書整理が終わりました
月曜日からの夏休みの貸出に備え 昨日より2日間図書整理期間でした。
今回は わずか2日間では 時間が足らず 
完璧には程遠い お粗末なものになりました。
もう少し 事前準備をしておくべきだったと 猛省しています。

というのも 赴任してすぐ 返却方式を 自分で書架に戻すことにしたのですが
絵本架が著者名に並んでいることがネックで 
自分の力だけで元の場所に本を戻すことが出来ず
1学期が終わるまで1年生は結局 図書の時間だけの貸借しかできませんでした。

著者名順の並びが 私にとっても 子供達にとっても 
不便であることに気がつかないまま 返却方法を変更したことを
安易過ぎたのではないかと思うスタートでした。

しかし そういう悩みや迷いも すぐさま 書名順に並び替えをすることを決意させ 
となると 行動に移すのは ここしかないと 
この図書整理期間を見据え 準備をしてきたつもりでした。

期間も限られているし 出来る分だけの準備をし 
現在使っているものは極力活用することにして
いざ 取り掛かってみると あれもこれも必要だと思うものが出てきて
子供達の手伝いがあるとはいえ やはり主要なところは自分でやるしかなく
時間がないところに 体が一つしかないことが 最大のネックとなりました。

この作業もしつつ あれもしたい。
すべてが 自分の仕事スペースの中にあれば 効率よくあれこれ出来たのかもしれませんが
PCで表示板を作るにも PCはあっても プリンタは近くになく
出来上がりを確認するにも いちいち 2階の図書室から 1階の職員室に行かねばならず
これがまた面倒で 思うように出来ていなければ また2階に上って 修正を加え
プリントアウトしたら 1階に・・・の繰り返しです。
なので 必要なものが出来た時点でメモをしておき 最後に一気に作る作戦にでました。

プリントアウトした表示板はすべてラミネートをかけて 大切に使いたいと思うので
このラミネートにまた 時間を要します。

今日は居残りして その表示板を仕上げましたが
実際 本棚に差し込んでみると まだ足りないものが・・・。
そうです! 五十音順の表示板を作り忘れました。
本棚に貼る表示は 作って貼ったのですが
本棚に挟み込む表示板の 主要な本のタイトル分については作ったのに
一番大切な 五十音順を作り忘れてしまったのです。

まあ さしあたって 夏休み用は貸出だけなので すぐに返却するわけではないため
来週からの貸出には なくても問題ないかと 来週以降 おいおい作ることにしました。


並べ替えは かなり大変でしたよ。
でも あいうえお順に絵本が並んでいると 子供達が探しやすくなるなぁと思うと
その大変さも 充実感に変わります。
私自身もしばらくぶりの書名順。 並べ替えた本人がおろおろしていますが
じき慣れれば 探しやすさを実感できることでしょう。

公共図書館のように 司書がたくさんいれば カウンター返却方式が良いとは思いますが
学校図書館のように司書が1人しか居ないと 配架に時間を費やすのはとても勿体無く
その時間を 他の仕事に使い 効率よく図書館運営をしたいと考えます。
それぞれの図書館で 返却方法も様々でしょうが 
今の方式がどちらであっても うまく回っているのであれば 現状維持でよいと思います。
もしも 同じような悩みを抱えているのであれば 他の方法を取り入れるのも良いかもしれません。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1169-04beecee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。