FC2ブログ
中学校の図書室で司書をしています。図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴20年。中学校勤務。
現校は6年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



そこ腹を立てるとこ?
読書旬間中です。
朝会もないので 朝読の様子を見てまわります。
校長室を覗くと 来客も打ち合わせもあっている様子はないので
校長先生を誘ってみました。


ところが!!


ところがです・・・。
これまで経験したことのない言葉を発せられました。

「ぼくはね ぼくの考えで校内巡回しているから
こんな風に誘う必要はない」と やや怒り口調で言われました。

こんなの初めてです。
これまでご一緒した校長先生は みなさん
一緒に巡回することを楽しみにしていらっしゃったし
いつも ご自分から「巡回に行くよ」と お声をかけてくださいました。
なので これまで同様 お声をかけてみたわけです。

こんな風に言っては なんですが
私だって 一人で廻ったが気楽でいいですよ。
でも 一緒に廻って 見ていただきたいところってあるじゃないですか。
『目線の違い』って 今まで気付かなかったところに気付くみたいな・・・。

校長先生が大事にされるもの 朝読として大事にしたいところ
必ずしも一致しているとは 言いがたいです。
やはり その違いや気付きは 一緒に廻ってこそ 見えることなのです。

というわけで 私は一人廻っていました。

さて 最後の学級を巡回して 職員室に戻っていると
正面から校長先生が巡回しながら こちらに向かってこられていました。
(こうやって 別々に巡回するんだったら 一緒に廻ればよかったんじゃない)と思いつつ
すれ違おうとした その時・・・


はい・・・ また小言を言われました。
目と鼻の先では 朝読中の学級。 間違いなく聞こえたでしょう。
大きな声で 先ほどと同じことを 言われましたもの。

要するに 指図されたのが(そのつもりは毛頭ないのですが) 
気に食わなかったのでしょう。 大人気ない・・・。
ここで大切なことは そんなことなのでしょうか。

朝読中の学級を見て廻るのに
誰かが廊下を横切れば 少なからず数名が こちらに目を奪われます。
私と校長先生が 別々に巡回すれば その機会は2回もあるということです。
できれば そのような邪魔はしたくありません。
無論 校内巡回も 私は 好ましい行為だと思っていません。
しかし 『徹底』ということを考えると 
巡回しなければ なかなか浸透しないものなのです。

読書に集中する子供達の集中力を できるだけ邪魔したくない。
となれば 2人で同時に巡回すれば その機会は1回ですむわけです。

価値観の違いというのは 怖ろしいものですね。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1138-9f4daf85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)