小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


得意分野
今年度 私を含め数人の司書が異動となりました。

司書の仕事は同じでも すべての蔵書が同じというわけではありません。
司書にもそれぞれ得意分野というものがあり
その得意分野の図書が どうしても偏って収集してしまいます。

もちろん それぞれの学校の「色」に合わせた収集をした結果でもあります。
その中でも調べ学習関係の図書は 基本は学習内容にあわせたものですが
学校独自に力を入れている分野もあり それぞれの学校で多少違ったりはします。

しかし絵本に関しては 現在の子供達の状況や友達関係などに合わせたものや
様々な賞を受賞した作品や読書感想文・画の課題図書などを購入しますが
その他に購入するものは 司書の好みや想いで ずいぶん違ってくるものです。
知らず知らずのうちに 作家さんが偏っていたり ストーリー性が画一的だったり・・・。

その偏りを打破するには 視点を変える必要があります。
視点を変えるには 司書が変わることが 効果的です。
なので 司書の異動は ある意味 必要なことだと思います。
しかし その異動に関しては 部分部分に異論もありますが・・・・。

司書が変わることで 視点が変わり 
これまでとは違う角度での選書が期待できます。
その点だけでみると 司書の異動も たまにはあったがいいなと思います。
ですが 一人職種なので 精神的な負担は大きいんですけどね。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1129-8144b174
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。