小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


有難き幸せ
前任校の運動会でした。
ご案内をいただいたので ずっと楽しみにしていました。

子供達との再会、ハグ、たった1ヶ月そこらのことなのに
懐かしさと嬉しさと成長ぶりに触れ うるうるしたり・・・。
涙腺がかなり弱くなってます。

図書室も模様替えがされ 雰囲気が変わりました。
でも これは良いことなので 良いのではないかと。
ただ 子供達の作品が あれこれ処分されているのが悲しかったです。
どれも 意味のあるもので 卒業した子供達が遊びに来た時に 
知っている先生が少なくなっても 自分達が作ったものが残っていれば
思い出を通して 小学生時代の自分に会えますから。
そんな思いを込め 大切に取っていました。
ですが これも 人それぞれの考えあってのことですから
あれこれ言っても仕方ないことですけどね。

読み聞かせをしてくださっていた ボランティアの方々が
わざわざ私を探して 方々廻ってくださって お会いすることができました。
年度末ギリギリの内示で バタバタと引越しになってしまって
ボランティアさんのことの引継ぎが うまく出来ていなかったのです。

後任の司書が何も言われないので それをいいことに
私は勝手にうまくやっているものだと思っていました。
が 今日 お話を伺って 私の引継ぎに落ち度があったとわかり
大変申し訳ないことをしました。

学校によって ボランティアさんのやり方や 司書の係わり方は違います。
前任校は 田舎の特質というか まったりと学生のサークル活動のようにされていました。
私は 学校との間を取り持ちながらも 
必要とされる時に 必要な手立てをするという 適度な距離を持っていました。
しかし 後任司書は 前任校と同じように 
自分が中心となって 会のまとめに動いたようで 
それが どうも やりにくさの原因になってしまっているようでした。

ボランティアなんだから 学校側に管理されるのはおかしい と感じていらっしゃいます。
確かにそうですね。
行事との調整は こちらの仕事ですが 
運営に関しては 学校主体ではないので 口を出すことはできません。
読み聞かせの記録など すべて 司書に管理されてしまい 困っておられました。
また 良かれと思い 私に要望され 設置したものも 撤去され 戸惑われていました。

すべての責任は 私の引継ぎが足りなかったことにあるので 
ボランティアさんにこれ以上の戸惑いをさせないよう 
私が責任を持って 伝えなくてはいけないと思いました。
すべて 私の落ち度ですから。

幸い ボランティアさんが 私に好意的でいらしてくださったので
こうやって 本音で話ができます。
決して 私が責められたわけではないので 心配無用です。
どちらかというと 私は 良い関係が築けていましたので 
今日も 懐かしさを含め とても居心地が良かったといってもらい 嬉しく思っています。

でも 来年 再来年と 年月が経つと
後任の司書とも 良い関係が築いていけるのだと 思います。

誰だって 最初は 肩に力が入って 空回りの連続ですからw



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





スポンサーサイト

テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>kazuさん
校内ではなく 行政に厳しい状況があるのですね。
ですが kazuさんが実践されていらっしゃる10分間読書の成果は目に見えているわけですから 
学級通信の中に常時コーナーを設け 子ども自身が10分間読書で得たものや成果などを
毎回取り上げていかれたらどうでしょうか。
通信に頻繁に乗ることで 親さんの話題となり 他学級の親さんに伝わることで 
親さんの方から 読書活動に対して 声が上がってくると思いますよ。
保護者の声は なにより 大きな力ですから。

朝読に対する声は 本校もそうですが どの学校でも似たり寄ったりの声が必ずあがります。
全員を納得させるのは至難の業ですが しかし 賛同してくださる方は 必ずいます。
例え少数でもいらっしゃれば それはチャンスです。
何かしらアクションを起こさなければ そのチャンスも勿体無いだけです。
志を同じくされている皆さんの中に 10分間読書活動を広げ
一緒に活動されてはどうでしょうか。

時間はかかっても 子どものためにホントにいいものは 必ずいつか実を結ぶと思います。
【2009/05/25 23:30】 URL | らりあん #XAUl15Aw[ 編集]

ありがとうございました
 22学級もありながら、配置がありません。大阪市のしんどいところです。さらに、朝の読書活動も、教科に位置づけられないとか、朝の時間は、それぞれの学級担任がきめるとか、職員朝会は外せないとか、まあ、要するに、読書は大事だとあまり思っていない心の表れです。

 そんななか、学級では10分間読書運動を毎日行っています。毎年のように、年度の後半から、めきめき子どもの様子が変わってきます。これが、付け焼き刃でない、子どもの力になっているので、様々な場面で子どもが力を出します。
 
 大阪は、学力しんどいらしいですが、そういった教員の意識の低さもあるのではないかと思います
【2009/05/25 21:35】 URL | kazu #-[ 編集]


>kazuさん
はじめまして。
なにより司書の配置がないのが残念ですね。
配置がないのは12学級以下だからでしょうか。
それともまだ配置に至っていないのでしょうか。
学力向上の根底に読書があると職員内で一致し 
その延長上に図書室に何が必要かと考えていただけないでしょうか。

一番大切なのは 図書室に常に「人」がいることです。
そこに「人」がいなければ 図書室が近くにあっても 
常時開錠にしたにしても 子供達の足は向きません。
「人」がいてこそ そこに「人」が集まるのです。

ぜひとも 行政や教委に対し 図書室の現状を訴え 
司書の配置をお願いしていただけないでしょうか。
司書の配置があれば 図書室は変わります。
読書率も必ず伸びます。

校務分掌に 図書館部があります。
人員は低中高から1名ずつと司書教諭、司書です。
図書室の運営は司書教諭と司書の役割ですが
実質 常駐できる司書がそのほとんどを担っています。
司書教諭も 現状はまだ担任と兼任ですので なかなか思うように動けません。

読書活動は すべての学年に図書室の利用があるなしは別にして 
利用時間を固定して決めてもらっています。
これは 利用がバッティングしないためのもので
臨機応変に変更もあり得ます。

司書以外の読書活動は 週1回の朝読が中心です。
子どもと共に読書をしたり 低学年になると読み聞かせをされたりします。

朝読を設定すれば 図書室利用の頻度はあがります。本がないとできませんから。
もしまだ朝読導入がされていないのであれば
まずは朝読から始めてはどうでしょう。

http://www1.e-hon.ne.jp/content/sp_0032.html

こちらを参考にされ ぜひ提案されてください。
【2009/05/25 00:46】 URL | らりあん #XAUl15Aw[ 編集]

はじめまして
 はじめまして。小学校の教諭をしているkazuと申します。どうぞ宜しくお願いします。
 学力向上の担当を担任をしながらしています。学力向上の根幹に読書活動を置くところまでは、職員で意識を一致することができました。しかし、図書館が学校の一番はしにあること、常時施錠がしてあり、いつでも本を読みに行けないこと、司書がいないことなど、難しい課題があります。
 図書室の本を、教室へ分けて置くことも考えましたが、それでは図書室の良さがなくなります。

 らりあんさんの学校では、どのような運営をされていますか。司書の先生以外の方は、どのように読書活動を推進されていますか?お忙しいなかすいません、時間があれば教えてください。
【2009/05/24 10:37】 URL | kazu #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1121-e2af1e27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。