小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ご褒美のあとには 現実が待っているw
昨晩のご褒美は ライブ会場にてまた「最前列」というご褒美に進化し
立ち位置も せり出したステージのところだったので
アーチストとのハイタッチまで出来るという幸運に恵まれ
最高のご褒美となりました。

ホールのライブは何度となく行っているのですが ライブハウスは初体験。
システムは? 箱の大きさは? 荷物は? と
初めてづくしのことばかりなので
会場入りする前に 整理券番号前後の人たちと談笑しながら
わからないことを ひとつひとつ紐解いていくことにw

結局は 初対面のお兄ちゃんたちの言うがまま
とにかく付いていけばなんとかなるぅ~!!のノリで
開場とともに走りこみ モギリでもたもたしたものの なんとか最前列を確保。
ステージやや右よりではあったものの 中央より3人目くらいだったんで
背伸びすることなく間近で見れるポジで楽しめました。

ラストまで弾け過ぎて 危うく 翌日に疲れを残すところでしたw
残すのは余韻だけでいいと思っていたのに 
スピーカー際だったせいか耳がなんか遠くなった? 難聴? ぼわぁ・・・とした感じ。
膜が一枚隔てたような聞こえづらさが残っています。
一時的なものなので 放っておいても じき治るでしょうか。

余韻と耳の不調を残したまま 今日から図書室は開館しました。
雨が降っていたこともあり 多くの子どもたちで溢れ大盛況。
先日作った 世界の衣装や日本地図は これまた人気で順番待ちも出る状態。
賑やかないつもの光景に戻り 幸せな気持ちに浸ってました。

やっぱり図書室は 子どもがいなくっちゃ・・・ね☆ミ




FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>えみさん
こんばんはぁ。
本棚が空いている・・・羨ましすぎます。
本校は空いている本棚などなく
つねに足りない状況です。
本棚も高価なので なかなか購入してもらえるものでもなく
本棚にスペースを作るために仕方なく本を廃棄し 新たに購入している状況です。

蔵点は文科省の調査もありますし
分類ごとの所蔵数を明らかにして
予算要求の資料にも使います。
図書は 学校の備品ですから
当然 他の備品と同じで 台帳が備品管理をなすので 
所蔵を調べることは 他の備品の在庫管理と同じだと考えるべきだと思います。

ただ 自治体で多少の考え方の相違はあると思いますので 
正確な叢書数の確定が必要かどうかは
事務室の先生に尋ねられてみるのが賢明だと思います。
【2009/03/10 23:06】 URL | らりあん #XAUl15Aw[ 編集]


ずっと 書蔵点検のお話が続いていたので
「へー! 大変だ。」 で 読み過ごしていました。

私たちの市は 全学校 コンピュータに入力していますが
そのチェックですら コンピュータ上 
未処理のものをチェックするだけです。
本があるか無いかなんて 気にしたこともありませんでした。
好きに借りていっても良いというコーナーの本でも
ほとんどなくならないし 無いからといってどうしようも無いので
誰も気にしないっていうのは ダメなんでしょうね。

どちらかというと 古くなった本をどうスムーズに
捨てられるかの方が 厄介です。
出来るだけ 新しい本に変えたいと思うし
理科や社会関係の調べ物は どんどん変えたいと思ってます。

本箱が空いていれば 学校にも新しい本を買ってくださいと
お願いしやすいです。

【2009/03/10 22:32】 URL | えみ #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1045-0cb63c0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。