FC2ブログ
中学校の図書室で司書をしています。図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴20年。中学校勤務。
現校は6年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



ここにきて・・・耳寄り情報 ( ̄σー ̄) ココダケノ話
蔵書点検9日目。
午前中に1冊見つかり 残りは9冊に。
もう無理かなぁ・・・と諦めかけていた時に
初めてお手伝いに来てくれた子がいました。

写真入り不明図書の一覧を見るなり
「あ・・・この本 弟が持ってる・・・」と。

Σ(- -ノ)ノ エェ!? 「その話はホント?」

「うん。間違いない」


Σ(=゜ω゜=;) マジ!?


どうすべきか考えましたが
このまま放っておいたとしたら 開館した時に こっそり本を持ってきて
何事もなかったように 本棚に戻しておくんだろうなぁ・・・と思いました。

それは出来れば避けたい・・・と思ったので
まずは彼女に こっそり持ってきてもらうことにしました。

その本が 該当する本であるかどうか確かめ
事実であるとするならば 担任に伝え
教育的指導をしてもらうべきかなと。

どうして黙って持ち出したのか どうして返却にこなかったのか 
どうするつもりだったのか
彼自身の口から 答えてもらうよう指導が必要だと思います。
黙っていればやりすごせる・・・ それではダメだと思うので。

明日 図書館便りをつくり 蔵書点検結果と家庭での捜索の呼びかけをします。
あとの捜索は 家族の力を借りるしかありません。
明日最終日は 各学級の捜索をします。




FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1041-4bad654b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)