小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お詫び
更新が滞ってしまい申し訳ありません。

続けるか悩んでいる間に さまざまな出来事が起こり
すべて非正規雇用からくるものであると痛感する日々でした。

一番 落ち込んだ出来事は 経験の浅い司書たちとの価値観の違いでした。
経験の浅いといっても しっかりした考えを持った人も
司書としてのプライドも士気も高く持っている人もいます。
しかし ごく一部には そうでない人も存在します。

今 当たり前に参加できている部会や研修ですが
最初から 当たり前に参加できていたわけではありません。
研修は 自分の知らなかったことに気づき 学ぶ場であり 
大切な自己研さんの場です。
そして その学びは 子どもたちに還します。

しかし 最近は その研修を おろそかにする姿が
とても目につくようになりました。

それは 非正規が故に起こる 仕方のないことではありますが
私としては 非正規だからこそ 
その学びから得た知識と経験を 子どもたちに寄与することで
専門的知識を持った司書の配置が 学校図書館には必要であるということを
学校関係者に感じてもらうことが大切だと思っているのですが。

研修に参加しない理由を尋ねてみると 
目先の仕事に追われていて 研修に参加する時間が割けないとか
管理職に「研修に参加することで 図書館が閉まるのは困る」と 理解がもらえなかったり
自身が それほど研修を重要視していなかったり。

いずれにせよ 大事なのは 自身がどうしたいかだと思うのですが
参加したい強い気持ちがあれば 管理職に掛け合うこともありですし
掛け合うことができなければ 個ではなく集団として
部会を通してお願いするという方法もありますが
そこまでの強い気持ちが 彼らにはあまり感じられません。

非正規職員が 外部の研修会に参加することは 
本来とても難しいことです。
これまで 先人の方々が 何度も管理職や役所に掛け合って
頑張ってくださった結果 今スムーズに参加できているのです。
研修に参加できることが どれだけ大事なことかと感じていたら
なんとか調整して時間を割こうと躍起になれるものだと思うのですが
そこが やはり 価値観の違いなのでしょうか。

ごく一部ではありますが このような考えを持っている人たちに
この重みを伝えても響かないのがとても悔しい限りです。
非正規だから 響かないのだと 私は勝手に解釈していますが
非常に残念に思います。

この出来事が 私の中でとても重く受け止められ
ずっと「口うるさい先輩」でしかなかったのだと 心が沈みました。

若い世代に覇気がない中で 私がここに綴ることは
本当に「戯言」でしかないことを 改めて実感しました。
そして そのすべてが 非正規であるがゆえの責任感の弱さが
引き起こしているのだと思います。

これが 正規の職員であれば 雇用が安定して 長期休暇も有効に使え
研修参加も 職務のひとつとして保障されます。
学校図書館の運営も長いスパンで考えられ 心にゆとりも生まれます。
専門職としての士気も高くなり プライドからも 
なお一層 学びを大切にするでしょう。

最後に語気を強め 再度言います。
私たちは自分のために研修するわけではありません。
子どもたちのために研修しています。
子どもたちに還すための研修です。
それを忘れないでください。

研修は 一人職種の抱える悩みや迷いを吐き出す場としても 大切な集まりです。
経験豊富な先輩方の知恵や知識を盗めるチャンスの場です。
吐き出したり 吸収したりして 子どもたちと向き合いましょう。


最後になりますが 「図書館司書の戯言」を 本日をもって一旦綴じさせていただきます。
若い世代にもっと頑張ってほしいので 少し静かにしてみようと思います。


とはいえ 時々黙っていられなくなって 突然更新することはあるかもしれませんけどw


長きにわたり お付き合いくださった方々 どうもありがとうございました。
本来ならば 個別にお礼を申し上げるべきところですが 申し訳ありません。

スポンサーサイト

テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。