小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


研修参加できていますか?
平成13年11月 議員立法により「子どもの読書活動の推進に関する法律案」が提出され
同年12月に成立、公布・施行となりました。
また、この法律の第8条第1項の規定に基づき 平成14年8月
『子どもの読書活動の推進に関する基本的な計画』が閣議決定されました。
詳しくは 文科省「子どもの読書活動推進ホームページ」にあります。

ここに記されている
『<文部科学省における読書活動推進に関する主な施策(平成16年度)>』の中に

・学校図書館図書整備5か年計画
学校図書館における図書資料整備の計画的な整備を図るため、平成14年度からの5年間、毎年130億円総額約650億円の地方交付税措置を講じる。

・学校図書館資源共有ネットワーク推進事業(新規)
学校図書館の蔵書のデータベースやネットワークを利用した教育実践の共有化、蔵書の共同利用を推進するとともに、学校図書館関係者の資質向上を図る研修プログラムを開発する

・司書教諭の養成講習
学校図書館を活用した教育活動や読書活動の推進の中核的な役割を果たす司書教諭の養成を図るため、大学等の教育機関に司書教諭講習を委嘱して実施する。


と あります。
アンダーラインを引いたところには 学校司書の研修プログラムの開発をすると記されています。

文科省の計画を踏まえ 各自治体において『読書活動推進計画』が策定されました。
アンダーラインの部分も生かされ 学校司書に研修の機会を与える旨が記されています。

ところが 現状はというと 年々 研修参加を制限される始末。
資質向上どころか 学ぶ機会を与えられず 知識を得る機会が削られています。

文科省が打ち出した『読書活動推進計画』は 
地方自治体では 生かされていないということなのか?
他の自治体もそうなのか 疑いたくなります。

みなさんのところでは どうでしょうか?
さまざまな研修に参加できる体制を整えてもらえていますか?



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。