小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夏休みに入りました
夏休みに入りました。
と同時に 雇用が切れました。現在『無職』ですw
2学期になれば『再雇用』されるんですけどね。
雇用が切れるということは 社会保険も切れるということで
しばらくは 保険証が手元になく・・・病気になれません。
立て替えとは言え 高額な医療費を 一旦 全額支払うなんて出来ません。
新しい保険証が届くまで 体調管理には 一層気を付けないと。

ところで 学期末は 図書整理や貸出やら 部会やら研修やらで
とにかくバタバタした毎日で 
落ち着いてパソコンに向かう時間がありませんでした。
で ようやく落ち着いたところです。

夏休み前の図書整理 夏休み後の数日は
図書ラベルがついていない図書に
片っ端から ラベルを付けてまわりました。
まずは 文学から始めて 文学の7割くらいは終わらせることができました。
文学が終わったら 調べ学習で必要な 
理科関係や環境問題関係などを優先して ラベル貼りを済ませる予定です。
ラベル貼りが終わったら 棚ガイドを作る予定です。
考えると やることがいっぱい。
2学期も忙しくなりそうです。

今年の夏も 暑くなりそうですね。
計画停電もあるようなないような。
みなさん 健康には留意してお過ごしくださいね。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


ラベルの装備
異動して 最初に目についたのが ラベルの装備ができていないこと。
前任者が司書資格のない方だったので 
分類に迷ったものには装備していなかったのかもしれません。
追及するようなことは もちろんしていませんが
4年生、6年生の国語で 分類やラベルについて学習する手前
ラベルがないままにしておくわけにはいきません。

夏休みの貸出前 図書整理期間 今回はラベル装備に重点を置き
整理を行うことにしました。
作業を進めていくうちに 
寄贈図書には敢えて ラベルが貼っていないことも わかりました。
寄贈だからと扱いが違うことが 一目でわかるように
ラベルを貼っていなかったようです。

しかし どんな理由を抱えた図書であれ
子どもたちに提供する以上は 
すべての図書に図書記号を与え ラベルを貼るという
購入図書と同じ装備が必要です。

子どもたちは すべての図書を 図書室の蔵書として
分け隔てなく利用してますよね。
利用する子供たちにとって 
購入図書も寄贈図書も関係ないからです。

図書記号はすなわち 図書に与える住所のようなもの。
どの分類に所属するかは とても大事なことです。
寄贈図書といえ どこでどのように 学習や知識に役立つかわかりません。
必要とするときに 利用してもらうためには
あるべき場所に あってこそですから。

そのためには 司書資格を持っていようが持っていまいが
図書室や図書館で働く以上 NDC(日本十進分類法)は熟知しておきましょう。
本当は 現場に入る前に 講習会や勉強会に参加させるべきだと思いますが。

最低限でも 第1次区分表「類目表」は覚えておいたがよいです。
子どもたちに 図書のありかを尋ねられたときに覚えていれば
とまどうことなく スムーズに対応することができます。

第2次区分表「綱目表」まで記憶していると
さらに細やかな対応ができるようになります。

第3次区分表「要目表」については さすがにすべてを覚えるのは難しいです。
私も よく活用する部分以外は 覚えていませんよ。無理です(笑) 
どの図書室(館)にも常備している「日本十進分類法」(最新版は『9版』)を活用してください。

どうしても分類に自信が持てないときは 
Webで公共図書館をいくつかあたってみてください。
できれば3ヶ所くらいあたって 分類を見比べてくださいね。
図書館によって 分類も様々です。
一つの図書を どう捉えるか どの角度で見るかで
同じタイトルでも さまざまな分類になります。
いくつか見比べる中で 自分の図書館に見合った分類を
参考にされるのがよいと思います。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。