小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ぐはっ( ̄▼ ̄||) 異動です
私 異動内示を受けました。
本校はわずか3年の勤務、大規模校から小規模校に異動です。
通勤も遠くなります。ガソリン代高騰の折り 正直厳しいです。

というわけで 明日から荷造りをしなければなりません。
3学期の勤務は残り3日ですので 間に合うかと心配です。

職員室の机は片づけたので 詰めるのもあっという間ですけど
図書室とロッカーがですね。。。ε-(‐ω‐;)

異動先の学校の児童数は これまでの10分の1です。
全学年単学級です。図書の時間が少なくて物足りないでしょうね。
張り合いをなくさないよう頑張ります。

仕事は 雑務が増えるでしょうね。
ひとまず 荷造り荷造り・・・と。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


年度末
卒業式 修了式と バタバタと終わり
春休みに突入しました。

蔵点前と蔵点後に新年度の準備も少しずつしていたおかげで
この春休みは 適度にお休みを戴いて のんびりしたいと思っています。

とはいえ 異動の季節です。
今週は 内耳があります。 
本校も3年目となり 私も異動対象者です。
もしもに備えて 身辺の片づけもある程度すませ
段ボールに詰めるだけです。
ただ 来年度末は 図書室も新校舎にお引越しなので
今年移動がなければ 来年度の異動はありえないかと。

残ったら残ったで 引っ越しのことを考えると
頭の痛い1年になりそうですが。

先週 教員の異動内示がありました。
事務の先生が移動のようです。
予算のことやら 事務用品のことやら
新年度始まってすぐにでも 確認しておきたいことがあるのですが
落ち着くまでは そうもいかないでしょうね。
でも 図書予算だけは 早く聞いておきたい・・・。

本年度より3学級増で 図書の時間も増えるでしょう。
しかし 午後はまとまった事務作業の時間が多いので
できるだけ午前中に時間割を組んでもらいたいため やりくりが大変です。

退任式は30日です。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


不明図書を減らせた理由として考えられること
蔵書点検の結果 不明図書の少なさに驚かれた方も多いようですが
ここまで少なくなったのには理由があります。

推測ですが おそらく・・・貸出方法を変えたことが大きいと思われます。

私が赴任するまでの過去3年間の不明図書数は
30冊だったり60冊だったり80冊だったり 想像を絶するような数字でした。
不明数に驚いたというより 有り得ないというのが 最初の思いで
赴任した年の不明図書数も34冊あり いよいよこのままではいけないと
図書部の先生に ある提案をしました。

本校は PC管理の貸出ではありません。
図書カードに 貸出日付スタンプを押し
自分の名前入りのカード入れに 図書カードを入れ
貸出ボックスの自分のクラスのところに入れるだけというものでした。

貸出日付スタンプだけの貸出には 借りた者の責任がまったく感じられなくて
たとえば 貸出日付スタンプを押した図書カードを
自分の名前入りのカード入れから抜きだし 
図書カードだけをどこかに放置し そのカードを見つけたとしても
カードを見ただけでは 誰が放置したのかわからないという
無責任極まりないシステムだったのです。

確かに 個人情報の観点から言えば 
日付スタンプのみの貸出が最善の方法だと考えられます。
しかし 借りたものへの責任という観点から言えば
最善とは言えないものでした。

実際 図書がなくなって 図書カードだけ見つかっても
疑わしい者が誰かも まったく見当がつきません。

借りたものに責任を持つことは 当然のことで
だからこそ この貸出システムは 変える必要があると思いました。
そして 昔のように 図書カードを記名式にする提案をしたのです。

理由が理由なだけに 
また 私の経験から不明図書が減ることも予測がついていたので 
そのことも話したところ 個人情報云々よりも大事なことだと
図書部の先生方からの異論はなく むしろ賛成意見が多数で
さっそく変更することになりました。

最初こそ 子どもたちからは 面倒だと不満の声も聞かれましたが
慣れてくれば 当たり前のこととなり 不満の声も聞かれなくなりました。

また なくなりそうな人気の図書は 私の目が届く場所に配置にしたのです。

その結果 昨年の不明図書は14冊と 
赴任1年目の34冊から 2年目には一気に20冊も減らすことができました。
学級図書の読み聞かせの時など折りに触れ 
借りたものには最後まで責任を持つこと 
図書カードを見れば誰が借りたのか一目瞭然であることを
伝え続けたことも より一層 不明図書減につながったと考えられます。

まだ確定ではないですが 今年の不明図書数6冊も
昨年度からの取組みの結果によるものだと思います。

あと考えられるとしたら『あきらめないこと』。
不明図書のことは 蔵書点検後だけではなく
これもまた オリエンテーションなどで 
しつこく伝えていくことが大事だと思います。
蔵書を管理している私たちが諦めたら
見つかるものも見つかりません。

不明図書の捜索は 蔵書点検の時が終わりではありません。
蔵書点検が始まりなのです。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


集会効果 あと6冊
蔵点の結果を児童集会でお知らせしたところ
直後に1冊と 本日も2冊届いたので
不明図書も あと6冊になりました。

これだけの児童数がいる中で
不明図書が一桁とは ちょっと驚きです。
日々の声掛けの成果でしょうか。

修了式までに 出てこなければ
教員の異動の際に 出てくることもあり。
案外 教員が持っていくこと 多いです。
寸借したあと 教材として使い
借りていることを忘れてしまっているようです。

これでもまだ6冊の本が行方不明のままです。
出てくればいいけど。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


あと9冊!!
「著作権の問題はありますが 校内だけの告知なので
教室内だけの掲示だけにしてほしい」と 一言お願いして
各学級に掲示用として配った画像入りリストが威力を発揮し
不明図書も10冊を割り あと9冊というところまできました。

小学生は やはり 視覚的にとらえないと
タイトルだけでは 現物が頭に浮かびません。
画像を見て 家にあったことがわかり
兄の部屋から見つけたと リストにある不明本を持ってきてくれた1年生がいました。
もちろん 兄の担任に 事の次第を話し
改めて自分で返却に来るよう 話をしてもらうことにしました。
当然のことでしょう。持ってきてくれた弟を叱るのは お門違いですから。

集会用のパネルを作っていたのですが
冊数が代わると そこだけ作り直しw
不明冊数が減るのは良いことなので 作り直しも苦になりませんw

木曜日が児童集会。今日も見つかるといいな。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


不明は11冊に
蔵点発表後 2人の児童から各1冊ずつ
職員から1冊 返却があり 現在11冊の本が行方不明です。

3冊見つかってもまだ 11冊も行方知れずです。
いったいどこにあるのやら。
誰のお宅にお邪魔しているのやら。

職朝でこの結果を発表したら
児童集会で話してほしいと。
昨年も話しました。小道具作って。

昨年と同じ小道具は使えないので
新たに作って 挑みます。
たくさんの児童の前で話すのは苦手ですが
本来は1冊でもなくなってはいけない本が
11冊もなくなっているわけですから
しっかり訴えてこようと思ってます。

明日は小道具づくりw



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


蔵点終了 14冊もなくなっていました
毎年気の重い蔵書点検 ようやく今年度の点検が終わります。

最後に強烈な「オチ」がありましたけどね・・・。


今年の不明図書は14冊。
毎年のことですが 1万数千冊のうちの14冊が 不明とカウントされました。

この14冊の捉え方に 私なりのこだわりがあり
そのこだわりは 毎年 蔵点後の職朝で
職員に向け伝えることにしています。



そのこだわりとは

「1万冊のうちの14冊しかなくならなかった」

ではなく

14冊なくなった」と捉えてほしいということです。


14冊しか」と「14冊」では
言葉の重みが違います。

本来は 1冊たりともなくなっていては いけないものです。
スーパーで例えると レジのお金が1円でも合わなかったら
はたしてどうなるのか 重ね合わせて考えてみてほしいです。

「まっいいか、1円ぐらい」 というわけにはいきません。
おそらく レジの周囲を 血眼になって 1円玉探しをすることになるでしょう。
わずか1円でも 「ちりも積もれば山となる」で
毎日のようになくなっていたら いつの間にか 高額となり 
いつしか スーパーの死活問題になりかねません。

本だって同じです。
毎年20冊前後の本がなくなっていたら どうでしょう。
5年で100冊 10年で200冊です。

14冊も行方不明になっていることの重大さを
子どもたちに伝えてもらうべく
あえて 言葉の重みを 強く伝えるのです。


それは 教員にも。


というのも、各学級担任の机上に 不明図書のリストを置きました。
その時点で 行方知れずの本は 16冊でした。


その時ちょうど 職員室で仕事をしていた新採教諭が
さっそくリストを見て こういいました。

「2冊は私が持っています。」・・・と。


何それ?


私は 蔵点を始めるにあたって 再三全体に言いましたよ。

「教室に持って行かれている本も いったん返却してほしい。」と。


なのに こんな感じです。
しかも 子どもより たちが悪いです。
悪いとか迷惑かけたとかいう意識は たいしてなさそうです。
事の重大さも。

点検する側の身になって その大変さを考えられなかったのでしょう。
大人の驕りというかずるさというか とても感じられました。

そして 思うのです。
明日 私が 言葉の重みを 全体に投げかけます。
そのことを この教員は 子供たちにどのように伝えるのか。
自分のことは棚に上げて 子どもたちに話をするのかもしれないと思うと
大人の腹黒さを感じずにはいられません。

リストには 取り消し線は引いてあるものの
その2冊も含まれたままになっています。
だから 自分の非も しっかり伝えて
そのうえで 子供たちに投げかけてくれればと思っています。


最終日は 書架の調整 廃棄本の確定をすませ 掃除をし
来週から開館です。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


1073R-1乳酸菌
「1073R-1乳酸菌」

いわゆる「R-1乳酸菌」というもの。

今年 流行りましたね。

佐賀県や山形県の小中学生が R-1乳酸菌を使用したヨーグルトを
学校給食などで長期間摂取し インフルエンザを含めた風邪の罹患率を調査しました。

その結果が公表され インフルエンザ罹患率が極端に少なかったというのは
周知のところでしょう。

その影響で R-1ヨーグルトが店頭から消え 手に入りにくい状態に。
インフルが猛威をふるっていた頃は 入荷率も低かっというのもありますが
店頭で一度も見ることはなかったです。

でも インフル流行期は さすがに飲んでみたいと思いましたが
手に入らないものはどうしようもないですし
まあ 予防接種をしていることだから 罹患しにくいと念じて 乗り切りました。


そして 今日何気にヨーグルトコーナーを見ていたら




1073R-1乳酸菌


ついにR-1を発見(爆)


インフル流行期を過ぎて 今更なのですが 物は試しで購入してみました。


わずか1本で効果があるはずもないでしょうし
また インフルも下火になっていることですし
今更いったい何のために・・・?なんですけど まあ 健康のためということで(笑)


他のヨーグルトとの違いは・・・



正直 よくわかりませんでした(苦笑)





FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。