小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


小学校から中学校へ
中学校へ進級した途端 図書室から遠のいてしまう子どもたち。
そんな子どもたちの読書離れ 多少なりともを阻止すべく
行きたくなる中学校図書室を目指して ひとつの試みを行いました。

何はともあれ 図書室に足を運ばないことには何も始まりません。
中学校の図書室は 3年生の教室と同じフロアにあるため
ただでさえ 行きづらい場所にあります。
それでも なんとか 図書室に向かわせたいと思い
『中学校図書室へのリクエストカード』を作り
子どもたちに書いてもらうことにしました。

リクエスト用紙をカウンターに置き
6年生に思いついた時に書いてもらう方式にしました。
最初こそ ちらっと見ただけで 書いてはくれなかったのですが
ちょうど卒業を意識し始めた頃でしょうか
男女問わず たくさん書いてくれるようになりました。

今読んでいる本の続きが読みたいとか
こんな本があれば中学生になっても楽しみとか
思い思いに 自由に書いてもらいました。

どんな本を書いていてもOK。
リクエストのあった本を 購入するかどうかは
中学校側の判断であり 押しつけているわけではありませんから。
しかも 小学校からのリクエストということなので
子どもたちが どんな本を読みたいと思っているのかを
中学校司書に把握してもらい 購入の参考にしてほしいと願う
私の想いも込めています。

中学生だから『こんな本』を・・・だけではなく
堅苦しい書物が置いてあるばかり的なイメージの中学校に 
小学校にもある本や絵本が置いてあるんだとなれば
敷居の高い(←小学生のイメージ)図書室だと感じることはないでしょう。
というか そのイメージも払拭されると思います。

また 逆に 小学校では叶わなかった
サスペンスものや 本当の怖さを体感できる よりリアルな怖い話の本も
すでに所蔵しているか 今後購入してもらえるかもしれませんね。
中学校に置く本は 振り仮名がなくても大丈夫ですから
少しくらいレベルの高い本だって 読み手があれば購入されるでしょう。

私にできることは これくらいの些細なことでしかありません。 
あとは中学校司書の手腕にかかっています。
まだまだあどけない子どもたちです。
入学したての頃はまだ 思うままに足もむくでしょう。
その後も継続して足が向くよう 気軽に立ち寄れるような手立てを よろしくお願いします。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


でんでらりゅうば
ト○タパッソのCMで流れている曲に思わず反応。
以前 N○Kの『えいごであそぼ』でも流れていた曲です。

You Tubeトヨタ公式チャンネルで その映像を見ることができます。

「でんでらりゅうば」は 長崎県に伝わるわらべ歌で 
九州の子どもたちには、とてもなじみのある曲です。
たいていの子どもたちが あの指遊びをマスターしています。

でんでらりゅうば 指遊び
上手になると 歌のスピードを上げ 手の動きが早くなります。


『でんでらりゅーばー  (出て行けるなら)
 でてくるばってん   (出ていきますが)
 でんでられーけん   (出ようとしても 出られないから)
 でてこんけん     (出て行きません)

 こんこられんけん   (行こうとしても行けないから)
 こられられんけん   (行くことができないから)
 こーんこん』      (行かない、行かない)



『ばってん』や『けん』は 九州の方言で よく使う言葉です。

CMで流れるようになってから 子供たちが何気に口ずさむ様子を見て
この本を紹介しました。

でんでら竜がでてきたよ

おのえりん/作 伊藤英一/絵  理論社


初版から約20年経っている読み物です。
本校にある本も もうだいぶん色あせていて
手に取られることもなくなっていましたが
話題に便乗して POPをつけ展示してみると
子どもたちの反応もよく 次々と手に取ってくれました。

長い間 借りられることがなかった本に
命を吹き込むことができて 本当に良かったです。
ありがとう、ト○タさん。


そんな素敵なCMなのですが ひとつ残念に思うことがあります。
最後に 仲里依紗さんと川口春奈さんが
「とっとっと~」「とっとっとよ~」と言われますが
イントネーションが 本来の使い方と微妙に違い
方言のニュアンスが伝わりにくいと感じます。
九州出身の女優さんを起用すれば 
よりリアルに表現できたのではないかと思いました。
もったいないなぁ・・・。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


風邪をひいたある日の出来事
先日のこと。

風邪をひきました。
インフルエンザが流行っていた時期でもあったので
もしかして罹患したのかと不安になりましたが
微熱が出た程度で 寝込むこともなく また
病院にかかることもなく 復活しました。

ただひとつ 扁桃腺が腫れる体質のため
喉の調子がおかしいにもかかわらず 
無理して読み聞かせをしたことで
その症状に追い打ちをかけ 1週間ほど声が出ない状態になりました。

そのような状態でも 容赦なく 図書の時間は入ります。
読み聞かせをどうしようかと思いあぐね
ひとつのアイデアを思いつきました。

まずは 要らなくなったポスターの
中央にハサミを入れ 裏が表になるように向け
本の形に折り込みました。
そこへ 私の想いを記し 図書の時間に子どもたちに見せ
みんなに声を出して読んでもらいました。


「○○先生は 今日 声が出ません

 ので、

 この中の だれかに

 本を

 読んでもらおうと思います。

 お願いしてもいいですか? (いいで~す!)

 さて だれにしましょうか?」


お願いしてもいいかと尋ねた時は 
たくさんの子どもたちが 手を上げます。

さて、だれにしましょうかと尋ねた時は 挙げていた手が下がり 
読むのが上手な子の名まえが 次々に上がるようになりました。

実は 事前リサーチをやっておき
この学級で すらすら読める子の名まえをピックアップしていました。

なので 子どもたちから 次々に上がる名前を聞いて
事前情報に上がっていた子供の名前が上がるのを見極め
子どもたちに ○○さんでどうかとお尋ねする方法で
読み方の上手な子に 代わって 読み聞かせをしてもらいました。

子どもたちはというと 最初は え~っ・・・という反応をするのですが
実際やってみて 楽しかったのでしょう。
たいていの子が 声が出ないときはまた読むと 言ってくれました。

担任の先生の受けもよく たまにはこういうのもいいですね、と。


それにしても 子ども達は優しいですね。
会う子会う子 声を心配してくれ
そのたびに状態を説明していたら
ますます声が出なくなりましたが
気遣いが嬉しくて まっいいかと思ったり(笑)


声が出ないのは正直つらいですが
貴重な経験もできて 私も子供たちもよかったなと思いました。




FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


再開します
四十九日法要 終わりました。

人の命というものは あっけないものですね。
私の父の場合 長い間 病気を患っていたわけでもなく
突然倒れ 入院したわけですが 
病気は順調に回復していたので
まさか 突然 別れを迎えることになろうとは
思っていませんでした。

病院から 容態急変の知らせを受け 急遽 駆けつけましたが
既に 自力呼吸ができない状態の変わり果てた父の姿を見て
状況を飲み込めませんでした。

さよならも言わないままの 突然の別れ。
そのままの流れで お通夜にお葬式。
悲しみがまだ癒えない中での ありとあらゆる手続きに追われ 
すべてが落ち着いたのは
かれこれ1ヶ月経ってからのことでした。

人はどんなに辛く悲しい別れをしても
残されたものは生きていかねばなりません。
死を受け止めつつも受け入れられない気持ちを
みなどうやって乗り越えていくのだろうと つらい毎日でした。
最期の言葉が聞けなかったことも 心に傷を残しました。

しかし 時間というものはある意味 残酷で
でも ある意味 ありがたいもので
悲しみは 時間の経過とともに癒え
寂しさだけを感じるようになりました。
寂しさを感じるときは 父を思い出すときなので
逆に 思い出させてくれてありがたいと思えます。

父という存在がなければ 私という存在はなかったわけです。
そう思うと 父は私の身体の一部で 今も 私の中で生きているのだと思えます。

いろいろ考えさせられる毎日でした。
生きている私には 明日があります。
明日を生きるためには 前を向いて歩いて行かなければ・・・
そう思い 頑張ります。


今週から蔵書点検です。
先週金曜に すべての本を倒し 準備をしました。
ストレスがたまる2週間ですが なんとか乗り切ります。


再開にあたり 数々の温かいお言葉を賜りありがとうございました。
更新が途絶えている中にも たくさんのアクセスがありましたこと 感謝いたします。
改めまして よろしくお願いいたします。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


ご無沙汰しています
四十九日法要がすみましたら、再開します。
20日以降になると思います。
今しばらく お待ちください。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓

テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。