小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


4年生でも『図書館へ行こう』
先週から貸出を始めたので
昨日まで 連日オリエンテーション。
加えて出張が2つあり バタバタの一週間でした。
その間 6年生の国語の授業で 分類の授業をし
実はその後に 4年生も同じタイトルの単元があり
同様に 分類の授業をしました。

6年生の時は 教科書を見せてもらう時間がなく
ざっと口頭で聞いていただけだったので
おそらくこの程度だろうと予測し 授業を組み立てました。
後で 教科書を確認すると 的を得ていたのでホッとしました。

この時 念のため 他学年でも 扱われているかもしれないと
全学年の国語の教科書に目を通すと
4年生でも『図書館へ行こう』という単元があり
分類についての学習があることがわかりました。
これは 私が授業した方が良いだろうと判断し
4年生の担任に話をしました。
すると「ぜひ」とのことでしたので 準備を始めました。

6年生の授業よりは より易しいものでないと
子供たちには伝わりません。
そこで 子供たちも楽しく学習できるように
双方向性の授業にしようと考えました。

最初に
①本を探すときに どうやって探しているか
②本はすぐに見つかるか
③ラベルの色はいくつあるか
など いくつか質問をしてみました。

すると 各棚に表示している分類表記を
何気に見ていることがわかりました。
ここで 日本十進分類法の簡単な分類表(プリント1枚)を配り
分類は住所と同じだということを 説明して
大きく分けて10種類の分類があること
10の分類について 大まかに説明しました。

そのあとは 実際に本棚を使い みんなと一緒に棚を見ながら 
どこにどんな本があるのか 説明していきました。

それから みんなに 本を1冊選んできてもらいます。
自分が選んできた本に書いてある分類番号を見て
プリントの分類表と照らし合わせて どう分類されているか見てもらいます。

数人の子供たちを指名して 選んだ本の名前と分類番号を発表してもらい
全員で 分類表を見て その本がどう分類されているか見てもらいます。
どう分類されているか答えるのも どんどん早くなっていきます。
ここは一番盛り上がりました。

最後に 分類の授業は面白かったか聞いてみると
ほぼ全員が面白かったと答えてくれました。
これからは 分類も少しは気にとめながら本選びをしてほしいと結びました。

「遊び」の部分を入れると メリハリもあって
子供たちも退屈せず楽しんでくれるので 大事だなと思いました。

次の教科書改訂までは 毎年やることになると思うので
授業の運びや準備物など 記録をしっかり残しておきました。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


今回もがっかり。子供たちの未来に光は射すのでしょうか。
選挙が終わりました。
今回は 自治体の議員選挙でしたが
またしても 学校の側や前を通る選挙カーの連呼に
あきれまくりでした。

自治体の議員さんです。
地元のことを知り尽くした方々のはずです。
学校がどこにあるかはもとより
今この時間が 学校にとってどんな時間であるか
重々承知されているものだと思っていました。

マイクのスイッチを切られる方がマレです。
もっともひどいと思ったのは
「○○学校の先生方 いつもお世話になっております。」
日中の授業のあっている時間帯です。
学校の正面でこそなかったのですが
私が聞こえているということは 
ある程度 学校の至近距離だったということでしょう。
そして 悲しいことに その方は 本校児童の保護者でした。

学校のそばでマイクを握られた方が 
残念ながら 候補者の5人に1人の割合でした。
遠くにマイクの声が聞こえても 
学校のそばになればきちんとスイッチを切られる方には
その候補者のことをよく知らなくても 好感度があがります。
やはり そういう方でないと 
子供たちのことを 一生懸命考えてはもらえないではないかと 思われてなりません。
子供たちには 選挙権もなければ 意見も届かない 最大の弱者なのですから。

このような選挙戦の中で 当選に至った方々が
子供たちのためにも がんばってくれることを期待したいのですが
期待してもいいのかしらと 不安でいっぱいです。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


今日は『読書の日』です! 分類の授業をしました。
本校の国語の教科書は 東京書籍版。
6年上の教科書に『図書館へ行こう』という単元があります。
そこで 図書の分類について触れられています。

6年担任から 分類についてレクチャーしてほしいと依頼がありました。
もちろん引き受けました。
分類の知識は 教師よりも確実に持っています。
ましてや 司書であれば 詳しくて当然ですし
それを説明するのに 改めて何かを勉強しなければならないということはありません。
持っている知識を 小学生にわかるように 噛み砕いて教えればいいのです。

しかし ただ口頭で話しても 子供たちにはわかりにくいので
視覚的なものを使った方が よりわかりやすいです。
配布用に分類法の簡単な資料を一部だけ
あとは 持っていた資料を拡大コピーし ラミネート加工して説明用に準備しました。

最後に 授業の組み立てです。
日本の公共図書館や学校図書館の図書は 日本十進分類法で分類されていること
それぞれ図書ラベルが貼ってあること ラベルには意味があること
ラベルの色の違いやラベルの表記(分類番号、著者記号、巻号)について
事例を示しながら話をすること
特に著者記号については 
子供たちの名前を例にして説明したがわかりやすいと考えながら
組み立てていきました。

最後には 実際に図書室の分類を見ながら 
0類から9類 それぞれどのような本があるかを説明しました。
そして「これからの調べ学習で レファレンスを受けたときは
すべて分類番号で本の位置を教えます」と 結びました。

レクチャーが終わった後 子供たちは 図書の貸出しをしました。
分類を意識しながら借りるように促したこともあって
子供たちは 自分たちの借りた本が どのような本か
十進分類法のプリントを見ながら 確認していました。

これまで 何気に見ていたラベルに 興味関心を持ってくれたことに
このような単元の効果があり とてもうれしく思いました。
加えて 私たちも このような機会があるならば
いい加減な知識ではいけないと 改めて感じました。

私たちも 日々精進しなければなりませんね(笑)


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


ひとまずセッティング完了です
見てくれも色も何とも不格好ですが
そんなの言っていられません。
先日ゲットした書架を 図書室に運んでもらいました。
運ぶ途中で 背板が破損したそうです(爆)

それくらいボロボロな書架ですが
図書室前で 見事に再生(釘を打ってもらいました)
所定の場所に 一寸の狂いなく
バシッと隙間に収まりました(そのおかげでコンセントが死にましたw)

書架は4段あり 1段の高さに余裕があるので 
A4サイズよりやや大きい本も 高さを気にせずに おさまりました。
最上段と2段目に広辞苑などの大人向け辞書を
3段目に英語関係の本を入れ 最下段はひとまずフリースペースです。

これまで国語の本に出てくる本を集めていた本棚は 2段×2の低い書架です。
半分を教科書 残りの半分を英語関係の本のコーナーにしていました。
が 新しい教科書に載っている本を集めると これまでの2倍は超えます。
そのため この書架すべてを国語の本のコーナーにすることにしました。
これでも 収まるか不安です。

ただ 残念ながら マーキング用のシールが届いていなくて
書架に入れるところまで 準備が整いませんでした。
ここ数日で きちんと入れ込みたいのですが
なんせ 今週からオリエンテーション そして貸出開始なので
それだけの余裕があるか わかりません。

幸い 水曜から家庭訪問期間。
午後に余裕があるので 少しでも住められたら良いです。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


探せばあるものですね
教科書に載っている本を抽出したら とんでもない冊数になりました。
これまで使っていた教科書コーナーには とても納まりません。

どうしたものかと思い 職員室でつぶやいていたら
用務の先生が 教室移動で浮いた棚を見つけ
それまで使っていた学級担任も不要
現在使っている学級担任も不要ということで
事務の先生にも相談して 本棚不足で悩む図書室で使えることになりました。

本棚購入の予算が なかなかつかないので
どんな小さなチャンスも 見逃す手はありません。
当方に暮れていたので 正直助かりました。
子供たちがいないときに 運んでみらえるよう
用務の先生にお願いしました。

蔵書としてあった分だけでも コンテナ4杯分の量です。
蔵書にない分を購入すれば あと1箱分は増えそうなので
とても助かりました。

子どもがいないときに 図書室に搬入です。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


教科書が変わって大変です!!
今年度 教科書が改訂され
それを期に 国語と算数の採用教科書が変わりました。

特に国語は 図書と綿密に関係があるので
教科書に採用されている本のチェックが必要です。
蔵書にない分は できるだけ早く揃えておかなければ
いざ必要となった時に ないでは困ります。

実は今 その作業に 大幅に時間を取られています。
というのも 今回の教科書改訂で 教科書が厚くなり
また「読む力」に力を注がれるため
国語教科書で取り上げられる図書が 数段に増えています。
もちろん 教科書も厚くなっていて びっくりです。

リストを取り寄せ チェック作業に入っていますが
教科書会社が変わっているので 
蔵書にないものは 新たに購入しておいたが良いと思われます。

これまで同様 新しい教科書で取り上げられているお話もあります。
リストと蔵書をチェックする中で 新規購入が必要だと思われる図書も
かなりの数に上るので 一度に買えるどうか・・・。。

ひとまずチェックから頑張ります。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


迷える『初めての学校図書館司書』さんへ
4月 新たに学校図書館司書のお仕事に就かれた方もおられるでしょう。
公共図書館と違い 学校図書館司書は そのほとんどが一人職種です。
学校に一人しかいないのが普通です。

それなりに 経験を積めば 
一人でも 図書館運営を回していくことができるようになります。
今は不安でいっぱいでも 大丈夫ですから 今はとにかく踏ん張ってくださいね。

初めてこの職に飛び込み いきなりすべてを一人でこなさなければならない状況だと
何から初めてよいか わからなくて当然です。
しかし わからないからと 校内で誰かに尋ねようとしても 職種が違うので 
明確に答えてくれる人はいません。

司書部会のような 他校司書と横のつながりがあると
相談のしどころもあるでしょうが 
学校に入ったばかりでは そのような組織があっても
顔合わせもすんでいない状態でお尋ねするのは難しいと思います。

そこで そんな初心者のために 
すぐにでもしておいたがよいというものを書いておきます。


■図書館便り
初めての人は 自己紹介を兼ねて作ってみてください。
自己紹介だけでは A4一枚は埋まりません。
4/23の読書の日の啓発や 図書室のルールやきまり、案内図などを入れると
軽く埋まると思います。

■オリエンテーション準備
貸出を始める前に 図書室の使い方や図書室での過ごし方を含めたマナーや貸出ルールなど
一度指導しておいたがよいです。
ですので 朝会や職員会議などで 
「図書のオリエンテーションをしてから貸出を始めたいので、
オリエンテーションの時間をください。」と提案しましょう。

■図書館の設営
図書館を飾りましょう。特別 何かを準備しなくてもいいです。
たとえば 展示架に 春の本を集めてみたり
「初めて」を集めてみたり 教科書に出てくる本を集めてみたり。
自分の感性を信じて 本を展示してみてください。
あれば「図書館ニュース」などの掲示物も壁面に貼っておきましょう。
家庭で不要になったぬいぐるみや 入学式等で使って不要になった鉢物や
折り紙やペットボトルなど使って何か制作して置いておくのも
図書室の雰囲気が良くなりますよ。

■貸出の準備
貸出はバーコードですか?カードですか?
事務用品の不足分は補充しておきましょう。
日計表などの記録の準備はできていますか?

■予算関係の確認
図書館用品や図書購入の予算や取引先、購入方法について
事務の先生などに確認が必要です。
購入予算がわかったら 司書教諭や図書館担当の先生に相談して
購入にかかる選書は どのようにするのか お尋ねしておきましょう。
先生方へ用紙を配り 希望調査を取ることもあります。
選書はすべて任されることもあります。確認が必要です。


最低でも これくらいできていれば 4月は乗り切れるでしょう。
あとは 司書教諭や図書館担当の先生と相談しながらすすめてください。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


学校の近く 選挙カーで連呼。 そんな人が議員になっても・・・
始業式も終わり 来週月曜は入学式です。
明日には 統一地方選、都道府県議会選挙などがあり
終盤に来て これまで自粛傾向にあった 選挙カーでの運動が過熱しています。

始業式が行われる厳かな式の中 非常識な選挙カーの連呼。
こういう方たちが議員になったら 
子供たちはどうなるんだろうと気が気ではありません。

私は・・・ですが どんなに素晴らしいマニフェストを掲げた候補者でも
学校が動いている時間帯に マイクで連呼する方には 
1票を投じないことに決めています。
自分のことしか考えてない典型的な利己主義の方では 
たとえ議員になっても どんな小さなことにも配慮はできないだろうなと思うのです。

もちろん そうでない方が多いはずなのですが
学校がどういう場か また これから未来を担う子供たちが 
授業中に連呼する選挙カーの様子を どう捉え どう感じるか 
ちょっと考えてもらえば 答えはわかるはずです。

自宅にかかってくる電話も うんざりします。
選挙の時だけ「よろしく」と言われても よろしくされたくありません。
加えて 「よろしく」と電話かけてくるのは
選挙の時だけに駆り出される支援者やアルバイトなど その場限りの人が多く
縁も縁もない方に「よろしく」と言われても・・・。

常日頃の活動の成果が 「よろしく」につながると思うので
日ごろから 国民の大きな声小さな声に耳を傾け 
それらの声を救い上げてくれていなければ なかなか難しいものがあります。 

正直 いろんな候補者が学校現場についてマニフェストを掲げますが 
実際学校現場が良くなったと感じることはありません。
むしろ 施設面や人材面などのハード面もソフト面も
文句を言えない子供たちです。一番に削られている気がします。

こうやって 消去法を行っていくと 最後に誰も残らないことも多々あります。
残念ですね・・・期待できる人がまったくいないというのは。
さて 今回はどうでしょう。残りあと数時間です。

子供たちの未来を一生懸命考えてくれる人に 投票したいものです。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


提案
貸出準備にはまったく手を付けられない状態でいますが
ひとまず 1学期の貸し出しについて提案をしておかなければならないので
職員会議の議題に入れてもらいました。

クラス替えの学級はカードの入れ替え 転入生のカード作成
そして オリエンテーションの準備の時間を考え
再来週から図書の時間の開始予定ということで提案しました。

オリエンテーションの準備は 毎年のことなので
何を話すかをざっと整理しておくだけです。
クラス替えのカード準備の方が かなり時間を奪われるので
早急に始めたいのですが 学級名簿がそろわないと 手を付けられません。
特に クラス替えの学年は 作業に時間がかかります。

来週月曜が入学式 金曜が遠足なので 勝負は間の3日間です。
準備大丈夫かしら?と不安です。
救いは 1年生の貸出開始はGW明けからにしたので
1年生の分は慌てて準備しなくていいことでしょうか。

明日は 急ぎの提案案件がなければ 職員会議もないと思います。
それぞれ学級開きの準備もありますから 
私も図書室開きに向けて準備に取り掛かれるかと・・・。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


職員会議
新年度がスタートし 新しい職員を10数名迎えました。
多くて多くて スタートして丸2日ですが
まだ全員の名前と顔が一致していません。
すべての学級にかかわる者としては 一刻も早く覚えたいので
会議中 職員室の席配置図と顔を見合わせながら
少しずつインプットしています。

担任決めは 運営委員会が開かれ
意向調査書をもとにして 担任が決められていき
職員会議では その発表だけになります。
希望通りに動けた先生もいれば 意に反した学年の担任となった人もあり。
どちらにせよ 与えられた使命なので
駄々をこねるとか 受け入れ拒否するとかは ないんですけどね。

担任が決まると さっそく 学級割が行われ
ようやく どの学級の担任になったのか 全容が見えてきます。
今年は ベテランの先生が 1年生担任になり
意外性もありますが ほどよく期待を裏切られて 
これもありかぁ~と よい感じです。

学級担任が決まると 学級の児童数に合わせ 机の移動が行われます。
教室配置が 大幅に変わると 教室移動も一筋縄ではいきません。
なので ここで 何度も慎重な論議が交わされます。

職員会議も作業も一段落したら それぞれに学年会が行われ
その間に 私もようやく 図書室へ行くことができました。

例年ありがちなことなので 恐る恐る 昨年度末の不明図書の所在を調べます。
すると 図鑑が戻ってきているじゃないですか!!
異動された先生が疑わしいのかどうか よくわかりませんが。


明日も 職員会議です。
まだまだ決めなければならないことが たくさん残っています。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


新たなスタート
今日から 職員会議が始まり 新年度が動き出します。
新しい職員 新しい学年部 公務分掌も変わり
校内の空気も変わっていくのでしょう。

職員室には「ボス」ではないですが
職員を引っ張ってくれる「お母さん」「お父さん」的な人がいるといいですね。
年度末の異動で そのポジションにいた職員が動き
今年度からは誰がそのポジションになってくれるのか 気になります。

学校の大黒柱は校長先生ですが 
職員の大黒柱は 職員を温かく和ませ さりげない気配りができる人です。
愚痴を受け止めてくれ 背中を押してくれるような人がいると
職員室へも自然と足が向くものです。
そういう存在がいて 職員室の雰囲気は良くなるので
担任決めと同じくらい気になります。
職員室の居心地が良ければ 職員間の風通しも 自然と良くなりますしね。

最近は 担任を持てない(持たせられない)教員も増えています。
担任を持てない教師に対しては さまざまな意見がありますが
煩雑な職場ですから 一人でも多くの「動ける」職員が必要です。
私は傍から見ているだけなので 偉そうなことは言えませんが
でも 傍から見ているからこそ 全体が見えるわけで
いろんなことを思ったり感じたりします。
だからこそ 誰かの負担が大きくて 誰かの負担が小さいというのは
とても目につきます。
「できる人」にどんどん負担が増している状況もあり
せっかくの「できる人」が重圧に押しつぶされ
「できない人」になりえないかと心配もします。

経験年数が増えると 上級生ばかりを行き来している先生も増えます。
上級生の担任は 責任も大きいですし 何かあれば担任が責められる機会も多くなります。
でも 上級生の担任だけが責められるのはどうなのかと思います。
低学年からの積み重ねが やはり大事で
その過程で きちんと指導が行き届いていなければ 
上級生になって 急にできるものではありません。
経験が豊富な先生だからこそ 低学年の担任になるというにも
一理あると 私は思いますけど なかなかそうはいかないですね。

どんな1年になるのか わくわくどきどきしながら
今日からの職員会議に挑みます。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


送別会が終わって
昨晩 送別会が終わりました。
たくさんの職員とお別れしたのですが
コミュニケーションをとる時間がなく
あまり深いお付き合いはできなかったので
こみあげてくるものはなく あっさりしたものでした。

正直 もっと深くおつきあいしたんですけどね。
もっとわかりあいたいんですけどね。
一人職種のせいか 学年部で動く皆さんの間に割って入るのは
遠慮してしまうのです。
大きい学校であればあるほど 見えない距離感に悩みます。

子供たちには 人とのつながりは大事だとか
言葉で伝えることは大事だとか 心の教育をされるのだけれど
職員間は 意外と覚めた関係で 
これじゃあ どんなに子供に言葉を投げかけても
なにも響かないよなぁ・・・と思います。

4月には児童数が 昨年度より30人くらい増えます。
前年度のままの図書の時間割では ますます自分の仕事が回らなくなります。
また 学級数が多いことで 高学年の調べ学習を 図書室で行えず
まったくかかわれずにいます。
図書を使った調べ学習は 図書室でやらなければ意味がありません。
そこも大事にしたいと思っているので ひとつの提案をするつもりです。

どんな提案をするかというと 毎週図書の時間を設定される低学年を午前中に
午後を毎週図書を設定することが難しい高学年の時間に設定してもらい
調べ学習などで使いやすくしておきたいと考えています。
また 午後を高学年にすることで 高学年の利用がない時は
私の手持ちの仕事に充てる時間にできますから。

午後は低学年もいなくなるので 人の出入りも少なくなり
まとまった時間を確保しやすいのです。

週明けから職員会議が続きます。
担任きめから 公務分掌などなど。
考えると恐ろしいですが 新年度のスタートを切るために必要なことですからね。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。