小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どうぶつサーカスはじまるよ
どうぶつサーカスはじまるよ

「どうぶつサーカスはじまるよ」 西村敏雄/作・絵 福音館書店

どうぶつサーカスが始まりました。
「さいしょは ひゃくじゅうのおう らいおんのとうじょうです」
赤々と燃える火の輪をくぐるらいおん。
ハラハラどきどき 本番さながらの緊迫感があります。

成功を収めると 「パチパチパチパチ」拍手喝采。
絵本の前にいる子ども達も 思わず手を叩いてしまいます。

動物たちの迫真の演技が続き いよいよクライマックスの空中ブランコ。
しかし 演技手であるサルが 怪我により出演できず中止に。
観客達はガッカリ。
そこで 団長のアザラシは 急遽 観客に挑戦してもらうことにします。
そして「ブタくん」が選ばれます。
ど素人のブタくん 果たして飛ぶことができるのか。
そして 結末は・・・?


おもしろい絵本です。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





スポンサーサイト

テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


子ども達からの年賀状
前任校は 児童数も200人あまりで
子どもの様子を常に「見る」ことができました。
名前と顔が一致しないということも
滅多にありませんでした。

それくらい 子どもとの距離が近かったので
一部の子ども達から 年賀状を貰うこともしばしばでした。
もちろん いただいた年賀状にはきちんと 年賀状を返すのですが
お世話になった方々や友達に出すものと同じ文面では堅苦しいので
子ども達への返礼用のイラストや文面を あらかじめ準備しておきました。

しかし今回は 子ども達からの年賀状も減ることでしょう。
現任校では 子ども達とまだ親密な関係は作れてないし
例え作れていたとしても 年賀状をやり取りするような
深い関係作りには至っていません。

深くかかわっていたものが 
浅くしか係われなくなった(係わる機会が減った)ので
子どもとの距離を感じます。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


ガールズトーク?!
前任校で同勤したことのあるメンバーで集まりました。
学校で勤めている4人ですが 職種はバラバラ。
加えて年齢もバラバラで 知らない人が見たら
この集まりはいったい何?と 変わった集団に見えたことでしょう。

そんな4人がなぜ 職場を変わってまでも こうやって集まるのかというと
子どもに対する見方が考え方が みな同じなので
ほっとできる仲間なのです。

子どもに対する見方や考え方で 悩んだり迷ったりした時に
「私はこう思うのだけれど・・・」と話をしてみると
必ず背中を押してもらえます。

別に 共感や同感が欲しいわけではないのですが
結果はいつもそんな感じです。

そんな4人なので 久しぶりに会って
思いの丈を言いたい放題(笑)
年齢はまったく違っても 気心が知れていると 遠慮も何もありません。

4人の中で一番年下の私ですが
年上のお姉様方には学ぶことが多くて 勉強になります。

職種が違っても 遠慮せずに何でも話せる関係って
とても大事だなぁと 改めて思います。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


気分転換は やっぱこれ!
年々 開催時期が早くなっているバーゲン。
大掃除もそっちのけで 昨日より始まったバーゲンに
そそくさと出かけてまいりました。

だからといって あれこれ買い込むわけではないのですが
バーゲンの雰囲気 あれもこれもどれも割引のあの雰囲気
たまりませんねぇ(笑)
値札を見るたび 大興奮です!
どうして女性って こうなんでしょ?(笑)
バーゲン品に群がる女性たちは みんな笑顔ですしね。

どこの何が欲しいというわけではなく
インスピレーションで あっけなく決まるわけで
何気に覗いてみて ビビビッとくれば
あっけなく決まることもあり 暫く悩むこともあり・・・。
まあ 悩む時っていうのは お値段なんですけどね。。。
バーゲンと言っても 限度はありますから(笑)

と 3時間ほど粘って廻ったにもかかわらず
購入したのは クロとパープルのボーダーニットを1枚だけ。
ネットショップでは この色は売り切れ商品。
バーゲン品で残っていてラッキー。
着丈が長く ワンピとしてもつかえるので
今年マイブームの ワンピ×タイツ(もしくはジーンズ)×ニーハイブーツのコレクションにw
さて どこに着て行くか・・・仕事には無理なのでw
仕事用といえば 汚れても惜しくない ユニ○ロばかりw ははは。


しばらくは バーゲン目当てのショッピングで(眺めるばかりかもw)
日頃のストレス発散ができそうですw



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


間にあうか?!
日頃の忙しさにかまけて 
毎年 今頃になって慌てふためいて作る年賀状。
さして 拘る訳でもないのですが
メットで素材を見つけるまでが 時間がかかり
原版を作るまでが もたもたし
ついつい 引き伸ばしてしまいます。

しかし いつまでも 放っておくわけにもいかず
重い腰をあげました。
不況の折 できるだけインクを消耗しないデザインを選び
なるだけアレンジの必要がないものを 探してきます。
探したものに 住所と名前を入れて あとはプリントアウトするのみ。

書いてみると あっけない感じがします(笑)
印刷を済ませたものに 手書きで一言書き添えます。

明日は必ずポストに入れなければ・・・。
県外は間にあわない・・かな?


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


一足先に御用納め
今日が 今年最後の出勤日でした。
午後から 約束があって 午前で仕事を終えなくてはなりません。
わずかな時間に 最低3つのことは やっておきたいので
計画的に こなしていきます。

まずは 蔵書点検で使う 棚番号カード。
更半紙を適当な大きさに切り 番号をつけていきます。
これを 本棚の1段ごとに 貼っていきます。
毎年作り直せばいいのですが これは無駄かも・・・と思い
ラミネートをかけることにしました。
本年度だけではなく 来年度もその先も ずっと使えるように。

予定していたことを半日ですべて終え
心置きなく 休暇へ突入です。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


平穏無事に・・・
多少の欠席はあったものの 終業式も滞りなく終了しました。
明日から待ちに待った(子どもだけ?) 冬休みです。
幸い 学級・学校閉鎖も少なく あっても期間が短かったために
補習などであてがう事ができ 冬休み中に補習を行う学年はないようです。

図書室も 2学期の貸出を終了し 統計を打ち出しました。
新型インフルの影響で 10、11月の貸出は落ち込んでいますが
冬休みの貸出で 99%の児童が借りたので 
12月だけで 昨年度よりも400冊の貸出増です。

すでに 読書を始めた子もいて 報告に来てくれていますが
長いお話に挑戦して良かったとか 選んだ本が面白いとか
嬉しい感想を聞かせてくれます。
いつもより「ワンランク上の貸出」を呼びかけ
今まで読んだこともない本が並ぶ本棚で選んだ本が面白かったとあらば 
3学期は その継続を訴えていかねば・・・と思います。
「セレブな読書生活」を(笑)

さて 明日は 子どものいない図書室で
蔵書点検のための下準備をしておくつもりです。
点検は2月末の予定ですが 3学期はあっという間です。
準備をもたもたしていると 泣くのは自分自身ですから。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


ようやく体育館で・・・
2学期は散々たるものでした。
新型インフルエンザの影響で
計画されていた行事がことごとく延期や中止になったり
集会活動が すべて テレビ放送になったり
社会科見学旅行が 無期延期になったり
学級・学年閉鎖があったり その影響で時数不足に陥り
7時間授業や補習があったりと
少なからず 図書館活動にも 図書の時間にも 影響が及びました。
図書の時間の取りやめも含み 貸出冊数にずいぶん影響が出ました。

11月下旬から12月上旬あたりになり ようやく小康状態となり
今では 学校で10人いるかいないかとなり 平穏な生活を取り戻しつつあります。

マスク姿の人も少なくなったように思います。
私はまだしていますが。
これまで罹患しなかった人は 何かしら抗体を持っていたのかもしれませんね。
でも 油断は禁物です。

いよいよ終業式です。
今年から 1学期の始業式と終了式を除き 最終日まで給食があります。
共働き世帯には とても助かるのではないでしょうか。
子ども達は・・・というと 5時間目くらいまで学校にいないといけないので
がっかりしてますけどw
終業式は久しぶりに体育館で行われる予定です。
久しぶりに 全校児童が顔をあわせます。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


ワンランク上の読書をしましょう
ようやく 全学級の貸出が終了しました。
今回は『脱・マンガ』をコンセプトに 
冬休み用の図書の提案をしました。
その結果 まんが伝記や歴史のほとんどが 本棚に残りました。

マンガを否定しているわけではありません。
短くとも約2週間はある冬休み。
すぐに読んでしまう本ではなく 
じっくり向き合える本と出会ってほしくて
ワンランク上の読書を おすすめしました。

例えば 集○社の伝記マンガの「坂本竜馬」が読みたければ
ポ○ラ社の「おもしろくてやくにたつ子どもの伝記シリーズ」の「坂本竜馬」を借りましょうよ
同じく ポ○ラポケット文庫の「坂本竜馬」にしましょうよ ということです。

マンガだと 読みやすく 心にも残りやすいのですが
「感動」という部分で イマイチ盛り上がりに欠けるというか
マンガのイメージをそのまま受け止めてしまうので
創造力や想像力が働かないというか・・・。

マンガではない本だと 文字を追っていく中で
その場面設定やリアルなその様子が 頭に浮かび
創造力や想像力をかきたて お話の世界にどんどん吸い込まれていきます。

活字離れといわれるのには 
本から受ける「感動」というものの 経験の少なさが
その原因のひとつであると思います。
本を読み 何かを得た子どもはまた 新たな本を読みたくなるものです。

ストーリー(お話)の中に吸い込まれるという経験を
この冬休みの間に 数多く踏んで欲しいですね。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


学校図書館と公共図書館
冬休みの貸出に明け暮れる日々。
今日 部会があることを すっかり忘れてまして・・・
2時間目が終わる頃 思い出し 慌てて課題を。

学校図書館って すべて一人でやらなくてはならないので
とても忙しい時期は 時々 こういうことがあります。

公共図書館のように たくさんの司書で仕事が分担できれば
一人にのしかかる負担も少なくなるでしょうし
用事があろうとなかろうと 休みだって取りやすいでしょうし。

すべて一人の肩にのしかかるということは
病気をして休んでも フォローしてくれる人は誰もいないってことです。
教員は 代わりに誰か教員が入って フォローをしますが
司書の場合は そうはいきません。

これだけ 一人の肩にのしかかるものが大きいのに
賃金の点では 公共図書館司書の方が高かったりします。
なぜでしょう。1日の利用者数?

でも 公共図書館は たくさんの司書がいれば 
仕事が分担できるわけですよ。

大規模校に当たれば 当然 仕事も煩雑になります。
が しかし 小規模校と大規模校の司書に賃金格差はありません。
なんだか 腑に落ちませんが・・・。


いよいよ明日で 冬休み用の貸出が終わります。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


寒い週末でした
積雪があるかも・・・という予報に
少しばかり期待していましたが 
積雪は不発に終ってしまいました。
子ども達も楽しみにしている様子だったので
きっとガッカリしているだろうなぁ・・・と思ってみたり。

時折 粉雪が少し舞う程度。
積雪は 山間部でなければ 見込めないような。

この寒さもあと数日続くようですが
3日もすれば ほとんどの学校が冬休みですね。


冬休みの貸出も あと2日です。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


僕は国語が得意です
5年生の図書の貸し出しの時に
ある男子が「絶対借りないといけないのか」と私に尋ねてきました。
「絶対ではないけれど 本を読むと国語の力がつくよ」というと
「僕は国語が得意だから 読書はしなくても・・・」と言い返しました。

これぞ屁理屈なのですが 国語が得意だから読書はしなくていいわけでもないですし
国語が不得意だから読書をしなければならないわけでもないですし
結局のところ 何かと理由をつけ 読書はしたくなかったのでしょう。

でも これで引き下がる私ではありません。
「読書をすれば 知らない漢字も 文の前後関係で理解できて
覚えることに繋がるから 国語力を伸ばすためにも
読書は決して無駄にはならないよ。
むしろ その逆で もっともっと国語の力が伸びるよ」といいました。

すると やっぱり読書をしたがいいのか・・・という表情に変わり
すーっと 借りる本を見つけに消えていきました。

そして・・・ 読んでみたいと思える本が見つかったらわざわざ
私に見せにきました。
しかも MAXの4冊 しっかり借りていましたし。

私の言葉が彼の心に響いたかどうかはわかりませんが
でも なにかがきっかけで 読書をしてみようと思ってくれたなら
1冊でも本を借りたことでまず 一歩 踏み出したことになるでしょう。

本音をいうと ただ借りただけで読まなかったという結果にならないよう
読書に目覚めてほしいと思いますけどねw



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


こだわりの必須アイテム
さすがに・・・今日は 窓を開けておくことができず。
まぁ このところ 新型インフルの発生状況も減少し
落ち着いてきたこともあり 少し気を緩めて 
4つある窓のうち エアコンに近い方の窓を2つ閉め
残りの2つを1/3ほど開けて 暖房を入れました。

窓全て北側にあるので 冷たい北風が入ってきて
肌に触れると 凍えるような寒さを感じます。
この冬一番の寒さで 雪に縁遠いこの地でも
明朝は 積雪の予報が。

休みでよかった。。。

この寒さでまた インフルが猛威を振るうのではないかという
専門家の意見もありますが
冬休みまでの残り3日を 乗り切って欲しいです。

冬休みの貸出は順調です。
ひとり4冊借りることができるので 4冊借りた子どもは大荷物です。
1年生なんて まるで小さなサンタさんw
バッグが重くて手に提げきれず 肩にからって帰ってました。
絵本袋があるからこそ 私も安心して 後姿を見送れます。

絵本袋は 私の管理下では 必須のアイテムです。
幼稚園や保育園で使っていた道具バッグを
図書の時間は準備して欲しいと 担任にお願いしています。

絵本袋があれば たくさんの本も大切に持ち帰れますし
読んだら 絵本袋にしまう習慣をつけていれば
本を失くすことも 防ぐことができます。
どんなに長期の休みであっても この習慣が身についていると安心です。


明朝 積雪があっているのでしょうか。
子ども達はきっと楽しみでしょうね。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


一足早いクリスマスプレゼント?!
これは 一足早いクリスマスプレゼントか?!

不可解な現象が起きました。
こういうことって たいてい 気づかないことが多いのですが
とても残念なことでした。

というのも なんと 
たった1人の貸出で行方不明になっていた 今年度の購入図書のうちの1冊と 
今月の図書館だよりに 行方不明になったことを書いていた本のうちの1冊
そして もう1冊の 合計3冊の本が そっと絵本棚に返却されていました。

もちろん カードは入っていません。

見つけたときはびっくりでした。
だって 絵本棚に 明らかに違う3冊があったんですもの!!

正直に申し出ればきっと 怒られるとでも思ったのでしょう。
見つからないように 絵本棚に置いて それで解決すると思ったのでしょうか。
どんな気持ちで 本を持ってきて どんな気持ちで 絵本棚に置いたのか・・・。
犯人探しをしようとは思いませんが とても悲しい気持ちになりました。

怒られたとしても その出来事が これからの自身の行動に繋がるわけですから
もう少し 自分に謙虚でいてほしかったなと思いました。

明日の朝会で このことを報告しようと考えています。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


快適さを求める
学校の夏の暑さ冬の寒さは ほんとにつらいものです。
ストーブのある学校はまだしも ない学校はどうやって暖を取っているのでしょう。
ストーブがあっても 安全面での心配が絶えませんし
室内は ストーブの置き場を作るために 狭くなります。
担任が教室を離れる時には 消火せねばなりません。

そこで考えてみました。
最近話題の太陽光発電を 学校に取り付けてはどうでしょう。

学校で必要な電気は ある程度賄えるでしょうし
余剰電力を売ることで 学校としても
その利益を備品購入などに充てることができるでしょうし 一石二鳥かと。

太陽光発電にしたら 床暖房の導入を。
床下に炭を敷き詰めると 夏は涼しく冬は温かいとか。
炭を敷き詰めた床に 床暖房を張り巡らせて
ストーブよりも快適に過ごせやしないかと思うのです。
空気も汚しませんし 危険も伴いませんし。

環境にもやさしいと 思うのですけど
みなさん どう思われますか?



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


挨拶をしない子どもたち
年々多くなっていると思いませんか?
図書室もですが 他の場所でも
挨拶もせずに 部屋に入ってくる子どもたち。

返却期間が過ぎて返しに来ても
黙って返す子どもたち。
「何か一言ないの?」と聞いても
何を言っていいのかわからない様子。
「遅れてすみません」とか「返しにきました」とか
これも社会勉強だと思うのですが 何も言わない子どもたち。

もちろん ちゃんといえる子だってたくさんいます。
でも 言えない子どもが 年々増えています。

もっとも気になるのは 返し忘れの本を 担任に預け
担任が 私に返却することです。
それは優しさなのかもしれませんが
それでは 子どもは育ちません。
謝る勇気 事情を説明する行為 反省の気持ち
自分の口で伝えるべきことがあるはず。
だから 担任の手での返却は とても残念に思います。

大人の手が至れり尽くせりだと
こんな時 どうしたらいいか という社会勉強ができません。
迷っても悩んでもいいから 自分の言葉で
大切なことを伝えることが大事ですし
できないのであれば 訓練をする必要性もあると感じています。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


隠す
先週で2学期の返却期間が終わり
今日から明日まで 整理期間で休館の予定でしたが
行き場を失う子どものことを考え 休館はせずに作業をすることにしました。

インフルエンザの影響で 先週閉鎖だった学級もあり
返却期間を過ぎても まだ 全員返却とはなっていません。

作業中に開館するのは 作業時間のロスとなり
不本意ではありますが 昨今の状況 致し方ありません。

しかし 今日 人気のある本を隠すという行為がありました。
それも 1度に10冊ほども。
とても一人の仕業だとは思えません。
明らかに数人で話し合っての行為でしょう。
とても残念です。

それらの本を 一旦 引き上げようかとも思いました。
つまり 貸し出さないということ。
以前 よくやったのですが 
隠された本は 貸出最終日の最終学級に貸出していました。
最後の学級の貸出の時は 人気の本はほとんどないので
まさに「残り物には福がある」ですね。
同じような行為がまたあったならば 
それらの本の貸出は 見合わせようかと考えています。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


疲れがたまっていたようで・・・
学期末のことと学期始めのこと
そして蔵書点検のこと
来年の雇用のことなど
このところいろんな事を考えていたせいか
眠りの浅い日々が続いて
昨夜は ブログを書きつつ いつの間にか深い眠りに・・・。

よっぽど疲れていたのでしょう。
書く気力さえ失うくらいに疲れ切っていました。

その中でも 私の中を大きくしめていたのは
雇用の問題で・・・
仕事量に見合わない賃金 
高校生でもこの賃金では敬遠するであろう賃金 
そんな厳しい状況の中 来年度もこのまま続けるべきか
ほんとにほんとに悩むところです。

昨今 学校には 
いろんな職種の臨時職員が多くなりました。
賃金は一律ではありません。
一人で切り盛りしている私達の評価は
想像もつかないくらい低いものです。

いろんなことを考えるとまた
今夜も眠れなくなりそうです。。。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


消化
今年度の予算を そろそろ使いきらなければならない時期がきました。
図書費は 3学期にも新刊を購入したいと考えているので
わずかな金額ですが 残しています。

消耗品費のほうは たいした金額でもないので
大きなものは購入できず
修理用品や事務用品などコマゴマしたものを購入しました。

前任校では 図書室用の消耗品費と別立てしてなかったので
購入の際は事務の先生に申告して 購入させてもらっていました。
しかし現任校は 年度当初に 図書用の消耗品費と金額をいただき
その中で自分でやりくりをして購入する
いわば お小遣い制になりました。

最初は お小遣い制って大変だなぁと思ったのですが
今回の予算消化で いろんなものを購入できたので
助かるなぁ・・・と思いました。

誰もが使う色画用紙やビニールテープやボールペンの替芯などは
学校の事務用品として購入したものを使うことができるので
学校購入にない事務用品だけを 消耗品費から購入しました。

年度当初にはブッカーを購入するのですが
高価なために 年間2本が限度。
それを 涙ぐましい努力をして使います。
幅が足りない時は ツギハギになってしまうこともありますが
絶対に無駄を出さないようにします。

限られた予算でやりくりしなければならないので
こういう部分は 別立てというのは厳しいと感じます。

欲しいものを限りなく購入できれば ストレスも溜まりませんが
世の中そうは甘くないですね。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


一足先に・・・ 明けましてw
こういうものは チャッチャッチャーっと作らないと
あっという間に旬を過ぎてしまいます。

クリスマス関連の本はさておき
新年に向けての準備に入りました。

寅(トラ)年を迎え撃つべく
じゃ~ん トラ(虎)が出てくる本を ザッと並べてみました。

トラ


ついでに 新年の虎飾りもw
ネットで素材を見つけ(某製作者様 有難く使用させていただきました)
型を取り 色画用紙を貼り合わせて作りました。
「あけまして おめでとう」の文字は
パソコンで文字を打ち出し(勘亭流)
屏風をイメージして 蛇腹にしてみました。

実際は ここに飾るのではなく 図書室のドアの外側に貼り付けようかと。


最初 パネルには 【虎年】と 書いていました。
確かに集めた本は「虎」なのですが
正式には【寅年】なんですよね。
写真では「虎年」と表記していますが
あとで 上から「寅」の文字を貼り付けました。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


クリスマスのおくりもの
クリスマスのおくりもの

「クリスマスのおくりもの」 ジョン・バーニンガム/作 長田 弘/訳 ほるぷ出版


クリスマスイブの夜 プレゼントを配り終えたサンタクロースとトナカイは
くたくたになって家に帰ってきました。
中でも トナカイのうちの1頭は 具合が悪くなっていました。
トナカイを寝かしつけ やれやれ自分も・・・と 
サンタクロースが 床に就こうとした まさにその時
袋の奥底に プレゼントが一つ残っているではありませんか!

それは ハービー・スラムヘンバーガーへのクリスマスプレゼントでした。
このままにしてはおけないと サンタクロースは
ハービー・スラムヘンバーガーの住むロリー・ポリー山に届けに行くことにしました。
しかし トナカイは具合も悪くて寝ています。
仕方なく 自分でなんとかして届けようと サンタクロースは家を出ました。

今夜はクリスマス・イブ。
ハービー・スラムヘンバーガーが目覚めないうちに 
今夜のうちに必ず 枕元に届けなくてはなりません。

さて サンタクロースはどうやって 届けにいくのでしょうか。
そして・・・
ハービー・スラムヘンバーガーの家に 無事に届けられるのでしょうか。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


蓋を開けてみれば・・・
一人でしたよ。
昨日閉鎖となった学級の登校児童は
先だって罹患した子ども たった1人。
5時間みっちり 担任とサシでお勉強です。

さすがの担任も 参ってました。
ずっと1対1では 張り合いもありませんから。

もう1学級の登校児童は9人。
せめて 1人の学年と同じであれば 合同で・・・というのも
できたのでしょうけれど 学年が違うとそういうわけにもいきません。

さて 給食は・・・ なのですが
給食だけは 9人の学級と一緒にということになりました。

このアバウトさは 給食の先生も大変です。
だって 明日何人登校するのかわからないのですから
米飯給食ならまだしも パン給食だったらどうするというのでしょう。
急に人数が増えては パンが足りない事だって考えられます。

しかし 一度このような事例を作ってしまえば
次回から 同じ措置を取らなくてはならないでしょう。
担任も大変だろうな・・・と思います。

ところで ひとつ気になっていることがあります。
閉鎖中に登校した児童は 出席扱いになるのでしょうか?
それとも 閉鎖中だから 出席のカウントはされないのでしょうか?



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


休み明けはいつも・・・
月曜日は大変です。
新型インフルがはやり出してからというものの
恐怖の月曜日が続いています。
ここ数週間 本校だけの現象化わかりませんが
土日に発症する例が多く 毎週月曜日はどこかの学級が
10名以上の欠席者がいるという状況です。

そのたびごとに 管理職と担任は対応に追われ
結局のところ 学級閉鎖の措置がとられることが多いです。
しかし そうは言っても 閉鎖が決まったからと言って
すぐに帰宅させるわけではありません。

共働き家庭が多く すぐに帰宅させても
家に誰もいなく 一人で過ごすことになる子どもも多くありません。
急な下校に対応できる親さんは そう多くありません。
ましてや 給食を食べずに帰したところで
ご自宅に誰もいないとなれば お昼ご飯もないという状況も ないともいえません。

となると 最低でも給食を食べてからの下校になるわけで
それもまあ 仕方ないのかもしれません。

閉鎖となると 最低でも4日ほど休みとなりますが
その間 発症していない子ども達の親さんは
これまた お仕事も休むわけにいかないので
結局 子どもを置いて仕事に行かなければならないという状況もあり
閉鎖と決めても 速攻で実行に移すことは 難しくもあります。

けれども 感染が広がらないためには
一刻も早く自宅に帰り 人との接触を避け 過ごすほかありません。

しかし 今回の閉鎖は これまでとは 違ったものになりました。
なんと 一度罹患した者は 閉鎖措置であっても登校するのだということです。
びっくりです。
罹患して1週間程度休んでいるので 勉強が遅れているのもわかります。
遅れを取り戻すための時間が必要なこともわかります。
けれど これでは 閉鎖の意味がないような気もしますし
これを 閉鎖というのかすら その判断に揺るぎさえ見えます。

文科省初等中等教育局は 授業時間を確保するための対応について
「基本的に各校の校長らの判断」としています。
そうなれば このような措置も「校長判断」の範疇ということになるわけでしょうが
このことが 果たして 感染拡大を沈静化させるに 意味のあることなのか疑問です。
親さんはこのことを どう咀嚼されるというのでしょうか。


一度罹患したら 二度と感染しないというものでもなさそうです。
インフルの判定は A型かB型のどちらかしかできなくて
A型のほとんどが 新型インフルだと 現状では判断されているようです。

ということは A型と判断された中に 季節性のA型に感染していた子どもも
少なからず いるということになります。
一度罹患したという子どもが 例えば 新型ではなく季節性に罹患していたとしたら
同じA型の新型インフルに罹患する可能性も あるということです。
もし そのような子どもが 一度罹患したからと登校してきて
新に感染し そこから拡大したとしたら
閉鎖中に登校させたことに 避難が集まりやしないかと懸念します。

どの判断が正しいとか 正しくないとかは
結果が出てみない限りわかりません。
そこを問題視しようという気もありませんが
慎重な判断が問われるところだと感じています。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


お楽しみ会の季節です
いよいよ学期末で
どの学級も お楽しみ会のシーズンです。

この時期 よく出払うのが 出し物の一つなぞなぞの本。
これは 普段でも 貸し出し中で
滅多にお目にかかれません。

なぞなぞの本が1位とするならば
2位は紙しばい 3位は みんなで遊べる室外・室内ゲームというところです。

しかし今年は多少様子が違う学級も。
立て続けに学級閉鎖になったところなどは
時数が足りなくて お楽しんでいる場合ではないよう。
新型インフルの影響は大きいです。

あと2週間 閉鎖が続くことなく 終業式を迎えられるといいですね。

けれど・・・終業式も体育館ではなく テレビ放送かも?!


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


卒業生
先週 期末テストを終えた卒業生が
小学校に遊びに来ていました。

残念ながら ここの卒業生とは面識がなく
図書室を覗きにきても つれない会話しかできません。

そんな時 決まって思い出すのは 前任校の子供たち。
担任が異動していなくなっても 顔を見せに来ていた子どもたち。
会って元気を貰ってかえって行く子どもたちと同様に
こっちも卒業生から 元気のパワーを貰っていましたっけ。

心配だったあの子は どうしてるかな?元気かな?
ちゃんと学校に行ってるかな? 頑張ってるかな?

来年は 今ココにいる子どもたちを
そういう眼差しで 受け止めることができるといいなぁと思います。

頑張ってる卒業生の姿は 学校で働く者の活力になりますから。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


5分で作れる卓上ツリー
クリスマスの飾り。
卓上ツリーが 5分で作れます。

材料は 色画用紙1枚 カラー丸シール 糊

色画用紙は 横長にして上下半分に切ります。
半分に切ったものを2つ折りにして 
ツリーの型を取り はさみで切ります。
すると ツリーが3枚同時に出来上がります。
3枚を糊で貼り合せると 机上に立つツリーの出来上がり。


デコレーションは カラー丸シールをぺたぺた貼るのが 一番手っ取り早いですが 
マジックやポスターカラーやキラキラペンを使うなど いろいろ工夫してみてください。
使うものによっては ツリーの型を切ったところでデコして
最後に貼り合せたほうが 作りやすい場合もあるので お好みで。


ツリーはたいてい緑だからと 色画用紙を緑にこだわる必要はありません。
むしろ いろんな色を使ったほうが カラフルで 見栄えもいいですよ。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


Σ(- -ノ)ノ エェ!? Σ(='□'=)ウッソー!?
タイトル いきなり絵文字でw
まさに こんな感じで 驚きましたもの。

12月に入り 堂々とストーブ解禁。
しかし 本校の新型インフル罹患者は1/3程度。
まだまだ予断を許さない状況で 
12月に入っても 窓を閉め切ることへの決断が揺らいでいました。

が しかし 暖かな職員室に行くと 心が揺らぎます。
図書室も エアコンつけちゃおうかと・・・。

午後 授業が入っていなかったので
思い切って窓を締め切り エアコンの試運転してみようかと
いざ スイッチオン (。・・)σ【ON】

ところが (゜ー゜?)(。_。?)(゜-゜?)(。_。?) アレ?アレレレレ???
電源が入らない。 ((((_ _|||))))ドヨーン

あ・・・ もしかして こないだ
コンセントの電源が入らなくなったのと 時を同じくして
今年の唯一の暖房機器であるエアコンの電源も切られてしまったのかと・・。

ンモォー!! o(*≧д≦)o″)) 最悪です。
困りました 困りました ホントに困りました。
今年の冬はこれで乗り越えると決めたのに
「出鼻をくじかれる」というのは このことか・・・。

急いで 事務室に走り 状況を報告します。
事務の先生は ストーブをしきりにすすめられますが
工事の影響で狭くなっている図書室に
安全にストーブを設置できる場所がなく 設置は難しいかと。

結局 エアコンの電源を復旧してもらい 事なきを得ましたが
ホントに寒くなる前に 試運転してみてよかったです。
これが そのまま 急に寒さに見舞われた時に気付いたとしたら
復旧まで凍えておかなければならないところでした。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


手荒れしませんか?
嫌な季節になりました。
手あれの季節です。
新型インフル予防もあり 通常より手洗いの頻度が増え
例年よりも手あれがひどく困っています。

尿素入りのハンドクリームとコートクリームを塗っているのですが
手を洗えば その効果も落ちるので 塗りなおしたりするのですが
指先が割れたりなどして 
今もキーボードを叩くことさえままならない状態です。

ひび割れをコートする塗り薬をつけると痛みが増し
全身に電気が走ります。
寒さが増せば それだけ 割れる回数も増えるので
シーズン中ずっと 割れっぱなしです。
時々 血がにじんでいることもあります。

作業をする時は極力軍手をはめているのですが
その効果もあるのかないのか。

ブックコートを貼る作業も 手が荒れますね。
コート剤の何かが肌に良くないのかもしれませんね。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


クリスマスの本
子供達が楽しみにしているクリスマス。
図書室の入り口に リースをかけ
机上にも 色画用紙で作ったツリーを並べています。

クリスマス関係の本を集め 
特に強調することなく 軽く飾ってみました。
何故に 大々的にしなかったかというと
宗教色もないとはいえないので 判断がつかなかったからです。

子供達にとってクリスマスは「プレゼントが届く日」という認識が多く
キリストの誕生日だと知っている子どもはほとんどいません。
ただの「イベント」という捉え方であれば
あまり気にすることもないのかもしれませんね。

クリスマス関係の絵本は 次々に借りられていきました。
クリスマスに限らず 本をピックアップしていると
たいていの子供達は 吸い寄せられるように本に近づき 
次々と借りていきます。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓






テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


「○○したいと思います」と「○○します」
今の子供達は 部活動だの習い事だのに忙しく
放課後を満喫している様子はあまり見受けません。
だからなのか 放課後の委員会活動も
なかなか徹底しないところです。

中には 友達と帰りたいがために
あるいは 面倒くさくて ついついさぼってしまうとか。

委員会の時に 「○○したいと思います」とか
「今度から気をつけます」と 反省は出るものの
実際 その反省が生かされることは ほとんどありません。

「○○します」 「約束は守ります」と どうして断言はできないのでしょう。
「思います」には 意欲と責任感が感じられません。
「します」だと 選手宣誓ともとれる 強い意志が感じられます。

例えば・・・
 ①「正々堂々と感張りたいと思います」
 ②「正々堂々と頑張ります」
どちらに 強い意志が感じられるでしょう。

何げない子どもの一言ですが
子どもの意欲を引き出すためにも 
私はあえて この部分に拘っています。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓






テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。