小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


相談もなしに それって・・・
司書教諭絡みで もう一つ。

10月の読書旬間の図書委員会の企画のひとつに
先生方にオススメの本のアンケートを取るという企画がありました。
とは 言っても そのアンケートは私が作り 私が回収。
委員会活動なんだから 子供達にさせるべきことでは? と思うのですが。

運動会などの行事が重なり 回収率が思わしくなかったために
委員会の子供達が 最速のお手紙を 各先生に渡していました。

翌日 司書教諭が朝会で そのことを伝え 再度お願いをされました。
その中で 「集めたアンケートは ○○先生(私のこと)の方で紹介してもらいますので」と。


Σ(- -ノ)ノ エェ!?

何それ? 私は聞いてません。 無論 相談すら受けていません。
私は私の仕事があります。 相談もなしに 勝手に判断されても困ります。
これらを紹介するのは 子ども達の仕事で 
それを図書館便りなどで補足するのは 私の仕事だと思っています。
が しかし 司書教諭の言い方では 私が責任者みたいな・・・。

数々 カチンと来ることがありますが 私に仕事を振られても
私には私のすべき仕事があるので 振られた仕事は取捨選択してやっています。
明らかに私がすべきことではないと判断したものについては
断固として 私はタッチしないことにしています。

「私は忙しいから」と 言い訳されますが 私だって忙しいです。
それに 司書教諭の仕事で忙しいのではなく 学級のことで忙しいわけで
学年部に4人も先生がおられ いつも協力してされているから
忙しいと言っても 1/4のはずです。
そうなると 私の場合は1人。 すべて1人です。
すべて1人でやらなくてはならないということです。

司書教諭の資格は 教員免許を持っていれば 
たった数日の講義で 5科目10単位履修すれば取れる資格です。
司書の資格を得るには 14科目20単位以上履修する必要があります。

たった数日の講義で どれだけの知識を得ているのでしょう。
私は司書教諭の資格も持っています。もちろん司書教諭の単位を履修しています。
だからこそ たった数日の講義で身につく知識ではないこともわかっていますし
司書の足元にも及ばない履修内容であることもわかります。
すなわち 司書教諭と司書は 名前こそ似てはいるものの
中味は明らかに違うものだと 実体験から感じています。

まったく違うものだからこそ 同じ土俵にいるのは 違う気がします。
司書教諭と司書が 別々の土俵で 
それぞれの立場から 学校図書館に係わっていくと 
相乗効果でよりよくなると思うのです。


司書教諭と司書の棲み分けがきっちりできれば
互いの力を遺憾なく発揮できると思います。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


司書は司書教諭の荷物持ちではない!!
今朝 出勤すると 職員室の私の机上に 
司書教諭が置いた(隣の席の教員が教えてくれた)大きな荷物がありました。

近々 あるものの審査があり 司書教諭がその役員を務められている関係で
近隣の学校から持ち込まれた作品一式でした。

でも なぜ 私の机上に?

私はその審査には行かないし 例え 行くにしても
司書教諭も行くのだから 私の机上に置くことなく
自身で保管すればいいことなのですが・・・。

私が参加すると仮定して 保管をなぜ私に?
司書は司書教諭の部下でもなければアシスタントでもない。
私が保管しなければいけない道理など 全くないのです。

しかし 私の机上に置いてあった事実を考えれば
明らかに 部下もしくはアシスタント扱いしているとしか思えません。
なんというか また「人としてどうか」が問われる事象でした。

確認するまでもなく 私は審査に関係ない人間なので
司書教諭の机上に作品を戻し 怒りを沈め
司書教諭の元へ 確認に行きました。

「私の机上にあった作品 先生が置かれたと聞きましたが?」
「審査に行かれるんでしょ?」
「いえ 私は役員ではないので 審査には行きませんよ」
「そうですか。でしたら 私の机上に戻しておいてください」
「はい・・・」 (すでに戻して置いたのですが・・・。)

やっぱり 解せません。
自分も行く審査なのに・・・ なぜ私に 荷物持ちをさせようとしたのか。
それって どう考えても 司書を下の人間として見ている
つまり 見下しているということではないでしょうか。
これも一つの差別事象だと思いますが みなさん どう思われますか?



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


よかったねネッドくん
よかったねネッドくん

「よかったねネッドくん」  レミー・シャーリップ/作・絵
やぎた よしこ/訳 偕成社


光村教育図書2年下巻の教科書に出てくる本を読んでいます。
このお話は とても単純ですが とても奥が深いので
読んだあとに一言必要ですし 読み方にも工夫が必要だと感じます。

ある日 ネッド君に パーティーの案内状が届きます。
パーティーに参加するために 出かけようとするのですが
パーティー会場はフロリダ。
さて どうやって 目的地まで行くか・・・。

運良く 友達から 飛行機を借りることができました。
ネッドくんは 飛行機に乗って出かけるのですが
あら 大変 飛行機が壊れてしまいます。

するとパラシュートが開きます。
良かったぁ・・・。 
ネッドくん パラシュートを使って 落下しようとするのですが
なぜか突然 パラシュートに穴が開いてしまうのです。
あら 大変。 まっさかさまに 落ちてしまいます。

すると 眼下には 柔らかい干草の山。
良かったぁ・・・。下には大きな干草の山が見えます。
しかし その山には 草かきが たっていました。

とてもユニークなお話です。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓






テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


季節の変わり目は・・・ツライです
先週の木曜日から突然 声がでなくなりました。
一瞬 新型を疑ったのですが 一切発熱もなく
これは毎年恒例のモノだと 判断がつきました。

この季節になると必ず 声が出なくなる事態が起こります。
長いと1週間 短くて4日くらいです。
幸い 土日がはさまったので すっかり良くなると思いきや
なにをなにを・・・ 学校が始まると 黙っておくことができず
状態はよくもなく悪くもなく・・・。

読み聞かせなどもってのほかです。
多少声が出たとしても どんどん掠れてきて 出なくなってしまいます。
私の状態を見て 「読み聞かせは担任が・・」とか
「読み聞かせはなしで・・」と言ってくれる先生方も居ます。

しかし こんなにひどいダミ声であろうとも 気にかけてくれることもなく
いつもどおりの読み聞かせをやらなければならないことも・・・。
ホントにつらいです。

なので のどの状況は一進一退です。
今週中によくなればいいのですけど・・・。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


感染力の凄さを思い知る
ある学年の子どもが1人 先週の木曜日にインフルを発症しました。
しかし この学級 1名のインフル患者が出たというのに
誰一人として マスクをはめる様子はなく
密かに このままでは危ないのでは・・・と 思っていました。

そして月曜日。土日の間に2名が発症し 学級の1割に値したので
週末から学級閉鎖となり 休日も閉鎖期間に含まれるために
実質 月、火曜2日間だけの 閉鎖となりました。

しかし 本日になり 休み時間ごとに 罹患した連絡が ひっきりなしにあり
ついには 12名の欠席。
加えて 担任の様子もおかしく 寒気がして熱が出てきた模様。
あらら・・・ 担任も感染したようです。

午後になると 別の学年でも 学級数の1割にあたる罹患者が出て
学級閉鎖となりました。

明日は後者の学年 明々後日は12名の罹患がある学年の 見学旅行でしたが
このようjな状況で 密閉したバスに乗って移動するのは
危険が多すぎるとの判断で 延期になりました。
その選択が賢明でしょう。

12名もの罹患者を出した学年の他クラスでも 具合の悪い子が2名早退しました。
大量発生した学級の隣の学級で 登校班やらなにやらで接触していたのでしょう。

その同じ学年のある学級が図書室利用に来たのですが
これまた誰一人として マスクをはめているものが居ません。
危険だなぁと思いながら 読み聞かせをして 速攻でマスクをはめました。

今週から来週にかけてインフル罹患のピークかもしれません。
みなさんの学校は大丈夫ですか?


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


図書室から見える景色
忙しい毎日の中で ふとした時間に ふと眺める外の景色。
学校が変わると 見える景色も変わります。

前任校では 図書室から見える光景は 平屋だったこともあり
別棟にある教室でした。
しかし ほっと一息入れようと 職員室に行くと
眼下に見えるのは 飛行機の離発着でした。
学校が高台にあるため 近くに見える空港を
やや上から眺めるような感じで
さすがに 滑走路は見えませんが
離陸の時には 機体が急激に上がる瞬間を
着陸の時には 機体がぐぐっと下がる瞬間を眺めることができ
とても 素敵な光景だと 毎回感じていました。

現任校はというと 図書室が北側にあり
私の位置から 北側の景色しか眺めることができなく
見える景色は 目の前に走る道路とその街路樹。
そして 遠くに見える森の緑の木々。

まだ1年経っていないので これらの木々から
もしかしたらこれから紅葉が見られるのではないかと淡い期待を抱きつつ。
天気が悪い時は 木々が寂しそうに揺れています。
台風の時は しなるような木の動きを感じました。
遠くの景色が美しいと感じることがあるのだろうかと思いながら
ふとした瞬間 外の木々を眺めています。

職員室から見えるは 郊外の街並み。
たった数キロしか離れていない学校なのに
こうも見える景色が違うものかと感じています。

徐々に秋らしくなってきました。
校内で 拾ってきたどんぐりや校庭の熟した柿が見られるようになりました。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


言葉ひとつ 気持ちひとつ
教員の上から目線の一言一句に敏感に反応する日々。
というのも この学校に来て 頻繁に
私は「小間使い」ではないのか と思うからです。

先日もこのようなことがありました。

2年生の国語の教科書に いくつかの絵本が出てくる単元があります。
担任から 「この単元に出てくる絵本を 図書の時に読んでもらいたいのだけれど
たくさんあるので 早いうちから読んでもらうといいと思うので・・」と。

前任校でも 同じ単元で 読み聞かせを頼まれましたが
ちょっとニュアンスが違っていました。
「この単元に出てくる絵本を読んであげたいのだけれど
私ひとりだけでは 到底読み聞かせは終らないので 
図書の時間にも 読み聞かせを手伝ってもらえると助かるんですけど」といわれていました。

前者は すべてを私にさせようと受け取れますが
後者は 私(教師)もやるけど 私の手も借りたいと受け取れます。
前者は上から目線 後者は対等に感じます。
明らかに意識の違いです。

前者の言われ方だと 私ってなんだろうと 悲しい気持ちになります。
後者だと 大変だから手伝いますよ と 優しい気持ちになれます。

言葉一つ 言い回し一つで 人は優しくなれるものなのに
便利に使おうという気持ちが あからさまに出ているようでは
優しくありたい思っていても つい冷たい口調になってしまいます。

教員と対等になりたいと思っているわけではありません。
教師と司書は まったく別物ですから 
互いに尊重しあい 助け合っていくものでありたいです。

また 愚痴になってごめんなさい。
想いが満タンになると どこかでガス抜きをしなくてはいけません。
明日から頑張るために ここに書いて 気持ちを入れ替えます。
教員さんを不快にさせてしまったとしたら すみません。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


怪談レストラン 1冊も残らず・・・
先日も書きましたが メディアの力は怖ろしい。
いやはや なんとも 怪談レストラン ついに全巻貸出です。
1冊も残ってない・・・ こんなこと ここ数年ありませんでした。

出版された当初は いつだって貸出中で 返却はまだかまだか状態でしたが 
巻数が増すことに 徐々に落ち着き
50巻出揃った頃には 常に半分くらいはある状態でした。
しかし アニメが始まった途端 状況は変わりました。

それならば 良いといわれる本は メディア化してもらったほうがよいのでは?と思うくらい。
「小公女」が注目を浴びるなら 世界名作劇場をもう一度放映して欲しいと思ったり。
そうすれば 名作といわれる本の命が芽吹き また 読まれると思うのです。
メディアの力を借りるのは悔しいけれど メディアがきっかけで読んでくれるのであれば
利用しない手はないかも・・・と思います。

日曜の夜 家族がテレビの前に集い 語り合いながら見ていたように
放映があれば 今だって そうやって過ごせるのではないかと
家族の時間を大事にできるのではないかと 思ったりもするのです。

「フランダースの犬」の最終回で涙したことを思い出します。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


新刊は、先生の好みで購入されるのですか?
「新刊は、先生の好みで購入されるのですか?」

言葉の暴力って このようなことを言うのかもしれません。
深く深く傷つきました。
13年この仕事をやってきて 初めてです。

図書の購入に関しては 年度当初 教員に希望調査を依頼し
希望のあった図書の中から 蔵書にないものを
できるだけ希望に沿って 購入します。

希望調査にあったものを購入するだけでは 予算は消化できません。
ですので 子どもの声を聞くために リクエストボックスも置いています。
子どもがどんな本を欲しているか知るには 実に有効的な方法です。

また 休み時間などに 子供達と何気に会話する中で
子供達が今 どんな本を読みたいか 
また 子供達に今 どんな本を読ませたいか など
常にアンテナを張りめぐらせて 情報を仕入れています。

加えて 学校行事や社会情勢なども 本選びに反映することがあります。

学校で起こる様々なことに 目や耳を向ける中で
「今 この子達に必要な本」を 吟味することもあります。

このようなことからも 自分の好みの押し付けなどが 
あってはならない行為であるということは 当然わかっていることですし
選書する中で 自らの感情に流されるというようなことは 
この職に就いてから 一度もありません。

選書に関し このような言葉を投げかけられ 
久々に 憤慨してしまいました。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


小公女
テレビで「小公女セイラ」始まりました。
とりあえず 話題づくりにと 初回だけ見てみました。

あのドラマを見た子ども達のほとんどは 
「小公女」を読んだことがありません。
ドラマをみた限りでは 「セイラ」は日本人だと 
過って認識したのではないでしょうか。

そう思ったことから 月曜日にすぐ
数年間 誰も読まずに 本棚に放置され
ほこり被ったままの「小公女」を 展示してみました。

案の定 子供達は 手に取ります。
「これが小公女セイラ?」と 半信半疑で本を手に取り
私のところに尋ねに来る姿が 何度も見られました。

もちろん 原作はこれであるといいます。
加えて セイラは日本人ではないことを説明し
ぜひ 原作を読んでほしいし 原作との違いにも気付いて欲しいことを伝えます。
すると たいていの子ども達が 借りていきます。
図書室にある「小公女」すべてを並べていたのですが
たった2日で すべて貸出中です。
メディアの力はおそるべし。

日本人という設定だけで 原作からややかけ離れた感がありますが
それでも 今では読まれなくなった「小公女」を手に取り 読んでくれれば
ドラマが良いきっかけとなって また陽の目を浴びることになり
読んでもらえれば 私としては バンバンザイです。

昔は 誰もが読んでいた 世界文学や日本文学は
やはりよいものですから できれば メディアの力を借りずとも読んでほしいものです。

けれど そういえば 私たちが子どもの頃
このような本に手を出したのは やっぱり メディアがきっかけだったかも。
「世界名作劇場」・・・ そんな番組ありましたよね?w


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓






ハロウィン仕様 こんな感じでレイアウトしてみました
昨日の続き。

ハロウィン展示


100円ショップのプライスカード立てに挟んで 展示架にはめてみました。
プライスカードの長さが あと半分くらい短くても良かったのですが
もう一種類持っていたプライスカード立ては 極端に小さすぎてこちらに。


さて 「魔女がでてくる本」の収集にかかります。
これがまた 結構あるんですよねぇ・・・。
魔法まで入れれば 更に倍以上に膨れ上がります。
絵本も読み物も 魔術というのは 興味を引くものでしょうか。


とりあえず このカードの下に8点
展示架は 左右にもあるので そちらにも8点ずつの 計24点を紹介。

さっそく休み時間には 手にとって見る子どもたちの姿がありました。
展示すると 即貸出に繋がるのは 書店の陳列台と同じですねw
書店では すぐに売れますしw


ハロウィンまで あと10日あまりですが しばし楽しみたいと思います。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


ハロウィン仕様で「魔女が出てくる本コーナー」のPOP作り
ハロウィン

昨日公言していました ハロウィングッズ作成。
さて どんなものを作ろうかと とりあえず
黒、オレンジの色画用紙を準備。
あ・・そうそう 紺の色画用紙も追加w

さて まずは かぼちゃつくり。
写真をプリントアウトして かぼちゃのデザインを拝借。
拡大して 2パターンの かぼちゃを作成。
向きは 切ったものを裏返すことで対応。

大・小のかぼちゃを作ったら 黒の色画用紙に適当に並べてみる。
私のセンスのなさか レイアウトがイマイチ。
そのまま放置して 次の作業に取り掛かろうとしたところで 休み時間に。
4年生の子供達が来て さっそく 弄り始める。
かぼちゃのレイアウトは 子供達に任せて 糊付けさせました。
いろいろ思うところはありますが 折角子供達が並べてくれたので
そのまま 使うとしましょう。
(ホントは かぼちゃを裏表使いたかったんですけどねw)

休み時間を終え 次の作業に取り掛かります。
紺の色画用紙を 魔女とコウモリの形にカット。
型紙は ネットから見つけて。
紺色がいい感じです。
適当に配置し これも糊付けました。

次に 「Happy Halloween」と「魔女がでてくる本」の文字を
ワードアートで作りました。
プリントアウトして文字を切り取り 
これもバランスを考えながら 適宜糊付けをします。

写真は ここで撮ったのですが
この後に ラミネート加工を施しました。
来年も使おうと思ってw

今回 色画用紙いっぱいに作りましたが
色画用紙半分の大きさでも良かったかも・・・とも思いました。

これを 100円ショップにあるプライスカード挟みに挟んで 展示架に取り付け 
「魔女がでてくる本」を並べます。
実は この作業だけ 明日へ持ち越しです。
本を並べ終わったらまた 写真を撮ってUP予定です。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


ハロウィンのアイデア ちょいと拝借いたしますw
先日 美容院に行ったら
レジの受け皿がハロウィン仕様になっていました。

とてもかわいいし 素敵なアイデアだったので
カウンターのお姉さんに お尋ねしました。

すると お姉さん 受け皿の裏のネジを外し
種明かしをしてくれました。

なんと オレンジの色画用紙に 
黒の色画用紙で よく見るかぼちゃのデビル仕様を作って
オレンジの色画用紙に貼っているだけのものでした。
ハロウィンの文字もデビル仕様で 素敵に施されていて
思わず 写真を撮らせていただきました。
ほんとはここにUPしたかったのですが
著作権はお姉さんにあるので 残念ながら勝手にUPはできません。

明日 時間があったら 同じように作ってみようと思います。
ちょっとした室内の飾りにも使えるし カードにしてみてもいいですね。
うまくできたら 写真をUPします。

カウンターのお姉さん 私がほめまくり写真まで撮るもので
逆にとても喜んでもらえました。
そうですよね・・・ 決して目立つものでもないし
アピールしているわけでもないし 気がつかない人は全く気付かないだろうし
彼女のしてみれば 些細なことに気付いてもらえたことが嬉しかったのかもw

ってことで 彼女のアイデア 拝借したいと思います。
ちゃんとできるかなぁ・・・ ドキドキw



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


うえへまいりまぁす
うえへまいりまぁす

「うえへまいりまぁす」   長谷川 義史/作・絵   PHP研究所

家族で一緒にデパートへ買い物に行きました。
エレベータに乗り込み 2階の婦人服売り場へ。
お母さんは 素敵なビキニを購入します。
5階の紳士服売り場では お父さんが パンダの絵がついたパンツを
そして 6階のおもちゃ売り場で ぼくは車を買います。

ところが ココから先は 45階 91階 459階と
絶対あり得ない階層に これまた絶対あり得ない あるものが売ってあるのです。

こんなデパートが ほんとにあったら楽しそう。
でも ほんとにあったら怖い気もしますw



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


ともだちのたまご
ともだちのたまご

「ともだちのたまご」  さえぐさ ひろこ/作 石井 勉/絵 童心社


新しい町に引越しをしてきたばかりのちびうさぎは 友達がいませんでした。
ある日 友達を作りに 森に出かけます。
子りすや子ざるに 友達になって欲しいと言いますが
あっさりお断わりされてしまいます。

そこへ カラスがやってきて ちびうさぎの持っていたクッキーと
友達が出てくるという「ともだちのたまご」を交換します。

落ち込んでいるところに 慌てたこぎつねがやってきます。
子ブタから逃げてきたこぎつねは ちびうさぎのおかげで
2人をまくことができました。

こぎつねは 悪い子?

ちびうさぎは こぎつねに対し不信感を募らせるのですが
こぎつねの優しさに触れ その考えが間違っていたことを確信しました。

一方で ちびうさぎは 幾日も幾日も たまごが孵り 友達がでてくることを待ちます。
たまごに 歌を歌ってあげたり 土の中に埋めて温めてあげたり・・・。
しかし いくらまてど たまごから何かが生まれる様子はありませんでした。

そうと知った 心優しい子ぎつねは ちびうさぎにお手紙を届けます。
そして・・・。


この絵本も 人権月間を意識して読みました。
友達は作ろうとして作るものではなく 自然といつのまにかできるものなんだと。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓








テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


まつげの海のひこうせん
まつげの海のひこうせん

「まつげの海のひこうせん」  山下明生/作  杉浦範茂/絵   偕成社


人権月間を意識して読みました。
ちょっと 奥深くて 伝わりにくいかと思ったので
読んだあと ずい分補足を入れました。

友達とケンカをして 悶々とした気持ちや思いが残り
すぐには素直になれません。
ましてや 負けた時の気持ちは どこにも ぶつけようがなくて 
思わず涙がこぼれます。

そんな時 突如現れた飛行船に乗り
ケンカでたまっていた思いを どんどん吐き出す。
すると そのうち 自分の気持ちだけではなく
相手の気持ちまで見えてきた。


ケンカをした後の 誰にでもある気持ち。
自分と重ね 気付いて欲しいことが いっぱい詰まったお話です。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


恐るべし!「怪談レストラン」
本日 図書の時間が入っていた学級の読み聞かせの後
子供達に尋ねてみました。

「昨日「怪談レストラン」見た人~?」

すると あがるあがる 8割程度の子どもが見ていました。

そして 口々に「怖かった」とか「面白かった」とか
やはり 映像の見せる技はすごいインパクトを与えるのだなぁと。

おかげさまで 「怪談レストラン」シリーズの貸出は うなぎのぼり。
いかに 誰もが 昨夜の放送を見ていたか・・・。

「本よりテレビアニメのほうが怖い」という声もありました。
本を読んでるからの感想。 さすが!


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓






テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


『怪談レストラン』が遂にテレビ登場
松谷みよ子さん責任編集の『怪談レストラン』(童心社)が遂に
テレビ朝日系列でアニメとして 本日より放送開始になりました。

『怪談レストラン』ファンの子供達から 数日前より 情報をキャッチ。
「本と一緒なのかなぁ?」とか「面白いかなぁ?」とか いろんな声が聞かれました。

テレ朝のHP(http://www.tv-asahi.co.jp/kaidan)で見る限りでは
たかいよしかずさんとかとうくみこさん挿絵のキャラクターそのままです。

残念ながら 今日の放送は見逃してしまいました。
午後7時半という子ども時間なので 案の定。

音声が加わると どんな感じになるのでしょう。
作品のもつ独特の雰囲気を壊すことなく描かれていたのでしょうか。
そして子供達の反応は・・・?

明日きっと 子供達から報告があると思います。
「子供達の声」 とても楽しみです。

あ・・そうそう HPにはプレゼントもあるようですよ^^


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


もうこのくらいで・・・
夏休みが終ったと思ったら シルバーウィーク。
シルバーウィークが終ったと思ったら 運動会代休で月曜休み。
代休が終ったら この3連休と 休みばかりあるような感じですが
この休みも休み前は嬉しいけれど 
休み明けの前日は なんとも言えない 苦痛にも似た感覚があります。

あんまり休みが多いのも なんだか困っちゃいますね。
出かけてばかりいると お金は続かないし
家でゴロゴロしているのも なんだか勿体無いし
でも 出歩けば 新型インフル感染の危険もあるし・・・。

新型インフル対策に 空気清浄機を購入しました。
各社 様々 イチオシの部分があって 比較しように比較できなくて
ずいぶん悩みました。

新型インフル対策のものは 一社しか出ていないようですが
この機種にしたから 新型インフルにかからないという保障もないので
その点は 特に意識することなく 選びましたが・・・。
これで 少しでも 対策できればいいかと。
できれば 仕事は休みたくないですから。

今週も4日で終るので あっという間ですよ。
いつまでも落ち着かないですね。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


季節性インフル予防接種
今年は例年の7割程度しか製造されていないと言われる
季節性インフルエンザのワクチン。
他県の知り合いに尋ねたところ 病院に予約電話を入れたら
「ワクチンの在庫がない」と 断られてしまったそうです。

例年の7割の製造に加えて 今年のインフルに対する関心の高さが
接種に繋がっているのでしょう。

幸い 私の住む地域では ワクチンの在庫がないという話は聞きません。
しかし 例年よりも 関心が高いようで
予約の電話を入れても 時間帯や曜日によっては
1ヶ月待ちや2ヶ月待ちになっているとか。

もし 時間が許すのであれば 比較的空いている平日の昼間に
予防接種のためと言って ちょっとだけ 学校から子どもを連れ出す方法も
考えた方が良いのかもしれませんね。

私も昨日 季節性インフルの予防接種をしました。
ようやく 一安心というところですが
予防注射をしたから インフルにならないわけではないので
今後もこれまで同様 予防が大事ですよね。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


吐き出し
心が折れそうなときは
吐き出すことも 大事ですね。

ずっと いろんな想いが重なっていて
今にも溢れんばかりでした。
そのうち いくつかは ここに書いたり
同僚に話したりしていたのですが
それでも やっぱり 心がすっきりしなくて。

こんな時は やはり 同じ目線で考えてくれる
そして ある程度力のある方に話をすることが一番で
でも 日々忙しく なかなか捕まえることが出来なくて
先日 ようやく 話を聞いてもらうことができました。

ほんとに心が折れそうで 折れそうで 折れそうで・・・。
ようやく 思いの丈を ここぞとばかりに 吐き出しました。
立場は違うのですが 私の話をしっかり受け止めてくださって
常日頃 おかしいと思っていることや その不満を聞いて
同じように感じていただけたので 
沸々としていた気持ちが少し 軽くなりました。

私の考えが間違っていたり 歪んでいたりしたものではなく
そう思って そう感じて当然 という反応をしてくださって
私の考えと同じように受け止めてくださったので
聞いてもらえただけでも 気持ちがラクになりました。

この職種は学校に一人なので 時には辛いと思うこともあります。
でも 誰にもわかってもらえないので 一人抱えてしまうことがほとんどです。
「おかしいことをおかしい」といえないことに もどかしさを感じつつも
実際は わかってくれるひとが居ない寂しさと虚しさで 
誰かに話をすることをためらうこともしばしばです。

でも 誰かに話を聞いてもらうだけで 
解決はしなくても すっきりします。

みなさんは 大丈夫ですか?
もしも 吐き出す場所がないというのなら
ここで 思いの丈を吐き出して 明日への気力を養ってくださいね。
決して一人で抱えていては ダメですよ。
心が折れてしまうから・・・。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓






テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


ありがとう
放課後 脚立に乗って掲示物を貼っていたのですが
そこへ 5年生の子供達が入ってきました。

少し大きめの脚立を持ってくれば良かったのですが
1階から2階へ持って上がるのが大変だと思い
一番小さな脚立を抱えていきました。

やっぱり 少し小さかったので
一番上に乗って 作業をしなくてはなりませんでした。
バランスの悪い立ち位置で 作業をしなければならなくて
やっとの思いで こなしていました。

と そこへ 5年生の女子が数名 やってきました。
私の様子を見るなり 話しかけにきますが
私は 話を返す余裕もなく 言葉は返すものの
バランスを保つことに必死でした。

その様子に見かねたのでしょう。
数名の女子が アシスタントとして
下から 手伝ってくれるじゃないですかぁ  ちょー感動

一人で 2枚くらい貼っては 画鋲や作品を取るために下りて・・と
何度も何度も 上ったり下りたりの 効率の悪い作業をやっていたのですが
子供達が 画鋲や作品を 下から渡してくれるので
そのお陰で 上り下り作業から 解放され 作業が進む進む。

他愛のない話をしながら 楽しく作業していたのですが
うち1人の子どもが 「私来年図書委員になろうかなぁ・・・」って言ってくれましたぁ

めちゃめちゃ 嬉しいじゃないですかぁ
その言葉を聴いただけで 大変だった作業も 後味のいいものになりました

手伝ってくれてありがとう



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓






テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


奉仕と義務
週に1回 昼休みに読書ボランティアさんが図書室に来られて
読み聞かせを行っています。
当然 私もその場所にいるわけで・・・
そこでいつもふと思うことがあります。

というのも 1日のうちで 休憩時間が取れるのは
トイレに行く時間と 給食を食べるわずか10分程度。
毎日昼休みは 図書室で過ごしています。

本来は昼休みを取るべきなのですが
昼休みは子供達がやってきます。
読書をする子 話をしに来る子 様々ですが
私がそこにいることが もしかしたら 子供達の癒しになるかもしれないと
子供達と過ごしています。
これは いわゆる 「奉仕」です。

しかし ボランティアさんが来られるときは違います。
そこにいなければなりません。
毎週1回 その場にいなければならない私は
昼休みでありながら 時間に拘束され 図書室から身動きできません。
私がその場にいることは 「義務」なのでしょうか。

別に休み時間が欲しいというわけではありません。
けれど ボランティアさんの昼休みの活動を認めているのは学校です。
学校が認めたことならば 学校も全面的に協力をしなければいけないと思いますが
誰一人と のぞいたこともなければ 
私がその場にいることに対しても 気にかける人は誰もいません。
もしかしたら 私が 動いていることを 知らないのかもしれません。
だとしたら その場にいる私の昼休みの保障は
どこかで確保されるべきではないでしょうか。

とは言っても 私は 別に 休み時間が欲しいというわけではありません。
ただ 休み時間を割いて ここにいることを 管理職にも職員にも知ってほしいし
取得はしないのですが 昼休みが取れなかった分を 別の時間で保障するとか 
なんていうのでしょう・・・ 対人間として
陽のあたる部分ばかり見ようとするのではなく
影の部分も しっかり見ていて(気付いて)欲しいと思うのです。

「休み時間が潰れて申し訳ない」という言葉かけや
「休み時間が取れない分は 別の時間で調整していいよ」という融通をきかせてくれるとか
決して 取得することはないのですが 労いの言葉をかけてもらえるだけで
有難いと思うので そういう部分で 人を大事にしてほしいと思うのです。

極端な話 ボランティアさんが来る時間は 
子どもさんのために来てくださっているのだから 
職員で当番制してもよいわけですよね。

残念なことに 昼休みの読み聞かせの時間 教員が来たことはありません。
毎週お世話になっているのに 失礼な話ではないでしょうか。

すべてにおいて 思いやりのある行動が大事だと思います。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


あのときすきになったよ
あのときすきになったよ

「あのときすきになったよ」  薫 くみこ/作  飯野 和好/絵  教育画劇

飯野さんのイラストは ねぎぼうずといい 味がありますね。
この絵本の「しっこさん」が ワカメちゃんに似てると声があがったり
ク○ラッ○」のCMに出てくる女の子に似てると声があがったりw

その「しっこさん」。
「しっこさん」とは 本当の名前ではありません。
本当の名前は「きくちまりか」といいます。
おもらしばかりしているから みんなに「しっこさん」と呼ばれています。

ある日 ふとしたことがきっかけで 
それまで苦手だと感じていた「しっこさん」と仲良くなります。
「しっこさん」のことを知れば知るほど それまで苦手だった気持ちが
間違っていたことに気付きます。

それからの2人は とても仲良く 楽しい毎日を過ごしていました。

ところがあるとき わたしがおもらしをしてしまいます。
足元に水溜りができる様子に 恥ずかしいやら悲しいやら
どんどん辛い気持ちになっていきます。

ところが その時突然 わたしのうしろで「しっこさん」が
花瓶の水をひっくり返してしまいます。
花瓶の水は わたしの足元にまでも流れてきます。
おかげで おもらしはごまかすことができましたが
「しっこさん」は・・・。

「しっこさん」の勇気ある行動に感動しますよ。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


机は6つ お菓子は4つ
職員室は 学年ごとに 机が配置されています。
その1グループを 「島」といいますが
1年部から6年部に属さない 例えば 音楽や理科専科 養護教諭や司書など 
多学年にわたって 大きな係わりを持っている学年を7学年といいます。
7学年部は 7学年部だけで ひとつの島を作っている職員室もあると思いますが
たいていの学校では 各学年部の島にそれぞれ分散していることと思います。

私と養護教諭は2年部に属し 2年部4学級と机を並べています。
2年部の一員として 校内研などで 話し合いに参加します。
机もくっついていることだし 一体感もあるだろうと思っていたのですが
あることが きっかけで 疎外感を抱くようになりました。

というのも 些細なことがきっかけです。
当の本人でなければ くだらないと思われるようなことかもしれません。

実は 赴任して1ヶ月も経たないころの校内研で このようなことがありました。
会議前には お茶やコーヒーを飲んだり 入れたり
お菓子をつまんだり して ちょっと一服します。
気付いた人が お菓子など 島に運んでくるのですが
同じ島のある先生がお菓子を抱え 配りはじめました。

と 配られたのは 2学年4人分。
私と養護教諭にはありません。 同じ島なのに・・・。
私が同じことをしたならば 当然6個持ってくるでしょう。
しかし 目の前に私と養護教諭がいるのに
私たちは完全に 蚊帳の外でした。

悲しいやら おかしいやら あきれるやら・・・。
当然 視野に入っているはずなのに この行為を「人として」 どうかな?と思いました。

養護教諭は どう思っているのだろう どう感じているのかな・と 思いながらも
この出来事の衝撃は大きくて この職員集団って・・・と 私の中に深く突き刺さりました。

先日 たまたま機会があり 養護教諭と 雑談をしていました。
と 話の流れから 養護教諭が この一件について 口にされました。

あ・・・ 私と同じように 感じていたんだ!

養護教諭も 同じように 疎外感を持ち 心の傷となっていたのだなと思いました。

気がつかないのか 気にならないのか それとも 学年部が違うと割り切っているのか。
私には その理由はわかりません。

ただ やっていることは 「いじめ」と変わりないのではないかと思います。

養護教諭は お菓子を持ってくるときに 自分の分と私の分の2つしか持ってきません。
そっちがそっちなら こっちもこっち という考えでいらっしゃいます。
私より在任が長いので そう割り切らざる得なかったのでしょう。
そうしないと 心が折れそうですもの。


職員の意識の中に 校長>教頭>教師>養護教諭>講師>臨職 という
まさに 江戸時代の身分制度のような そんな感じですよ。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


ひたすら
運動会の代休でした。
平日にお休みって なんだかいいですね。
あれもこれもしようと思っていたのですが
身体は嘘がつけませんね。

ついウトウト 寒さで目が覚め 着込むとウトウト。
結局3時間くらいお昼寝をして ゴロゴロと過ごしました。

昨日とうって変わって 肌寒い1日。
長袖をひっぱり出してきました。
昨日は日なたが恨めしかったのに 今日は陽だまりが恋しい。
たった1日で こんなにも寒暖差に大きな違いがあると
身体がついていけませんね。

明日から 通常の授業に戻ります。
図書の時間も 怒涛のように入ることでしょう。
子供達の気抜けによる気力体力の低下が心配です。

今週はありがたいことに 4日の出勤、週末は3連休。
本調子ではない分 気力で頑張ります。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


親の背中を見て子は育つ。ホントにこれでいいの?
2日前の大雨はなんのその。
雲ひとつない晴天の中 運動会が執り行われました。

大雨のお陰で 運動場はほとんど埃が立たない
絶好のコンディション。
しかし 気温はどんどん上昇し 
ここ最近 こんなに暑いことはなかったので 不快指数がどんどん上昇。

日和的には 絶好だったのですが 
熱中症もありうるのではないかと思うくらいの日差しでした。

運動会は 申し分のない 素晴らしいものでしたが
年々 親さんのマナーが問われる 思わず目を覆いたくなる出来事が多々ありました。

まずは 競技開始早々 本部席の中央
決して 入ってはいけない場所に ビデオカメラを持った保護者が
平然と陣取り カメラを構えている姿でした。
親の背中を観て子は育つといいます。
「このビデオはどこで撮ってたの?」と 我が子が聞いた時
「あなたのために マナー違反 ルール違反を冒して 
入っちゃいけない場所から撮ったのよ」と言うのでしょうか。

児童席の後ろは 児童のための通路で 空けておくようになっていましたが
朝からゾクゾクと シートが敷かれ 子供達は シートを避けながら通ります。
場内アナウンスが流れました。
「児童席の後ろは子供達の通路です。シートを広げている方はご移動願います。」
それでも 誰か動けば また誰かがシートを敷くという いたちごっこ。

せっかく設けた敬老席。
この日ばかりは 年齢層がかなり低いのですが・・・。
本当に必要とされる方が 座ることができなくなり
来賓席に回ってもらいました。
椅子に座れ とてもよく見える位置にある敬老席。
妊婦さんや小さいお子さんを抱えた親御さんであれば
敬老席であれ 席を用意します。
しかし カメラやビデオカメラを抱え 敬老席に座り構えているのって・・。
気持ちはわかりますが 撮影場所は決められていたはずです。

決して土足であがってはいけない場所に 陣取り
平然と土足で上がってお弁当を広げている家族。
「今日は土足であがっていいの?」と 我が子が聞いたら
「今日は特別よ!」とでも 言うのでしょうか。

運動会の片付けの最中に 運動場で集めたゴミ(弁当やお菓子のくず)を
「保護者で分担して持って帰ってください」と呼びかけたら
「学校行事だから このゴミは学校で処分するのが筋でしょ」という保護者。
そうなのでしょうか。

車の乗り入れは禁止されていました。
当然 周辺の道路や空地への駐車もNGです。
しかし いるのですよ。止めている方々が。
すると こんな電話がかかってきました。
「車の移動をお願いします。 ナンバーは○×▼□・・・・」
「あの~ 場所はどこですか?」
「○○○の×××のところです」
ん・・・? 自分の車が出せない前に よく考えて欲しいです。
あなたがそこに止めていることは そもそも正しいことですか。

ここにあげたことは 氷山の一角です。
常識が常識でなくなっている今 
すべて事細かに伝えないと伝わないものなのでしょうか。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


運動会は脇役に徹します
運動会や入学式、卒業式は
決して主役急のお仕事はやってこないので(当たり前w)
しっかり 脇役を務めさせていただきます。

前任校では小規模校で職員が少なかったので
貴重な一人として こと運動会に関しては 
重大な任務を背負っておりました。
私の指一つで 競技の明暗を分けるようなこともある重要な部分でした。

しかし 現任校は 中規模(このままいけば2年くらいで大規模間違いなし!)なので
職員数も多く 委員会やクラブにしても 最低2名は職員がいる状況で
運動会に関しても 1つの係に2,3人の職員がいます。
PTA競技に職員が参加するにしても どの係の1名職員が欠けても
なんら問題はありません。
しかし 前任校では 職員が参加することは 
係の人手が足りなくなるということで大きな問題でした。

学校の規模がこうも違うと 私の動きなど 誰も知らないかも? と思うくらいです(笑)

というくらい 運動会の担当係は目立たないものですが
ジミ~に仕事をして ソツなく任務を終えたいと思います。

明日は出勤時刻が早いので早く寝ます。
今日のブログはタイマーUPです(^^;;


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


雨で準備が・・・
激しい雨が降る1日でした。
こんな雨はいったいいつ振りかしら?
思い出せないくらい 長い間 激しい雨と無縁でした。

日曜の運動会を控え 今日は貴重な金曜日だったのですが
結局 1日中 雨は止むこともなく 出来る範囲の準備をしただけでした。

明日の土曜 一部の職員が 準備をされるようです。
(勤務日ではないので全員参加は強制できないのでは?と もめましたけど・・・)

天気予報では この週末だけは晴れになっています。
心配された新型インフルも 沈静化し (運動会前で気が張ってるから?)
大丈夫のようです。

2週間くらい 図書の時間がカットされたので
ずいぶんと手持ちの仕事が 片付きました。
来週からは また 慌しい毎日が始まります。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


こんなにも多いとは・・・
ようやく季節性インフルの予約がはじまりました。
さっそく かかりつけの病院に問い合わせてみると
フライングで 9月末に予約を始めたそうで
すでに 11月末まで 予約が埋まっているとのことでした。

前に接種開始時期について 電話でお尋ねをしたときに 
予約は10月からであると言われました。 
10月になってから予約を受け付けると聞いていました。
フライングで予約を始めるのは 言われたとおりに待っていた身として
なんとも腑に落ちません。

そのことを伝えると 電話に出た看護師の態度が急に変わりました。
うちがそう言ったのなら・・・なんとかしましょうと。

なんとかしようと思えばできるの??

できたんですねぇ・・・。 意外とあっさりと。
おかげさまで 来週末に受けられることになりました。

どんな裏技を使ったのかはわかりません。
同時刻にキャンセルが出た様子もありません。
結局 余裕のある枠なのではないかと 思います。
キャンセルも想定して。

子ども相手の職業だと わが身の安全も考えなければなりません。
とりあえず 季節性は OK。
次は 新型。 はたして いかに。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓








テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。