小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今年は行けなくなりました
毎年 隣県のブックフェアに 校務として参加していたのですが
今年から 財政悪化を理由に 出張を削られてしまいました。
本県でも ブックフェアはあるのですが 規模が違います。
なんと5万冊もの違いがあるのです。

実際に行ってみると 目に見えてわかるのですが
5万冊の違いって かなり大きいです。

ブックフェアの良いところは 現物を実際に手に取り 読んで購入ができること。
カタログ注文では得られないものがそこにあります。

カタログで良かれと思って注文しても
届いてみたら 思っていたものと違うことはよくあります。
以前は 見計らいというのも 可能な時期もあったのですが
最近は 物流のコストの関係か ほとんど見られなくなりました。
だからこそ ブックフェアのような催し物は 貴重な選書の場なのです。

特に絵本は 文字の大きさやストーリーが気になります。
近隣の書店でも良いのでは?と思われがちですが
書店の商品構成を見られたら 
絵本の占める割合なんて2割程度で いかに少ないか
ほとんどが大人対象の本で占められています。

しかし ブックフェアは 子どもの本のブックフェアですから
6割が絵本 3割が読み物 1割が調べ学習ものと
当たり前のように 子どもの本が充実しています。
調べ学習関係の本は 書店でもあまり並んでなく
内容まで見ることはできないので このような場はとても助かります。

ただ 注文扱いとなり 現物購入ができないので
納品までしばらくかかります。
即日納品がブックフェアの良いところです。
納品まで時間がかかる商品であるならば 
後日別注しても同じなので その場では注文しませんでした。
中味の確認ができているので それで問題もなく・・・。

しかし なんとか 展示冊数の多い 隣県のブックフェアに参加できるよう
今後も行政に働きかけをしていかなければと思ってます。
財政難を理由に 教育にかかる予算を削るのは間違っています。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


ついに言ってしまいました・・・
前任校に新採の司書が入って 勝手がわからないだろうと
あれこれ甲斐甲斐しく手出しをしている前任の司書。

まあ 異動後 数日のことでしたらまだ理解も出来るのですが
今もなお 残務整理と引継ぎと称し 前任校に出入しています。

新採と言っても 未経験者ではないので
引継ぎや残務整理など 前にも書いたように 
後任にお願いしても良いと思うのですが 何かと気になるご様子。

図書室の様子を見てはブツブツ。
仕事振りを見てはブツブツ。
職員の反応を耳にしてはブツブツ。
愚痴るのは一向に構わないのですが 
赴任したばかりなんだから 最初から完璧にできるはずはないですよ。

なので 思い切って 言っちゃいました。

「もうほっといていいのでは?いつまでも手を出してると彼女のタメにならないし。
経験者なんだから 聞かれたことだけ 手出しすればいいのでは?」と。

遠まわしに 自分もそうされたら やりにくいでしょ? という気持ちを含め
伝えたつもりですが 仕事に対するlプライドが高い彼女は無言でした。

長い間 自分のテリトリーだっただけに 
「自分の城を変えられる」ということに 抵抗があるのかもしれませんね。
でも 前任者が いつまでも口出ししてたら やりにくいものです。
いつも監視されているようでは 彼女の色さえ出しづらいでしょう。

引き際は大切だと思うのですが 
そのことを気付かせるのも大変だなぁと感じています。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


どうして図書じゃいけないのかな?
来週 自治体の教育委員会の学校訪問があります。
ある学級が 元々予定していた時間に 学校行事が入り来れないので
時間割の変更を言ってきました。

たまたま? うっかり? まったく気にせず?
担任の思惑がわからないのですが 学校訪問の日時に
図書の時間を移動されました。

私は 学校訪問のことは全く頭になく
時間が空いていたので 迷うことなく移動を了承しました。

ところが 教頭先生が その担任に
「学校訪問の時間は 教室で授業をしてください」と言われたそうで
またまた 時間変更を言ってきました。

(-_-;ウーン・・・ なんで 図書じゃいけないのでしょうか?
こんな機会でもないと 教育委員会のメンバーが
図書室を訪れることなどないのに・・・。
それを聞いて がっくりです。

私にしてみれば 現状を知らしめる絶好の機会。
図書室が手狭なこと 本棚が足りないこと
本が古いこと 机が古く ところどころ穴があいていること。
実際に見てもらわないと 早急に手立てが必要だとは 誰も気付くはずありません。
あと 私たちの頑張りも。

実際に見に来ていただかないと なにもかわらないと思うのですが。
こんな時こそ 普段の姿って大事ですよね。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


図書購入も計画的にw
前任校の3倍の児童数があると 図書の時間も3倍になり
時間の使い方というのが 当面の問題です。
まあ 大規模校も経験しているので 
深く悩んでいるとか困っているとかはないのですが
要領よくいかないと 自分の首を絞めることになると思っています。

とそこで 図書の購入を 前任校より2ヶ月も早く注文しました。
前任校のペースで計算すると 3倍の違い。
ということは それだけ早くに注文し 受け入れに取り掛からないと
夏休みの貸出には間に合わないということです。

5月の半ばに注文し 今週9割方届きました。
請求書が届き 会計処理がされないと日付がもらえないので
本が届いても 速攻で 子供達に提供できるわけではありません。

ですが 処理されるまで 手を休めていては
実際 受け入れOKになって受入はじめても 時間が足りなくなるので
日付記入以外の処理までを 早めにすませておきます。
装丁まですませておけば 処理が終わったところで 日付を入れることで
すぐさま 貸出にまわせますから。

しかし 図書の時間と平行しての受入作業は 一向にすすみません。
要領よくすすめるための工夫が必要になります。

机脇に積み上げられた 5つのダンボールを見ると ため息が出ますが
とにかくひたすら頑張るしかないと・・・w




FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


シナの五にんきょうだい
シナの五にんきょうだい

「シナの五にんきょうだい」 
C・H・ビショップ/作 クルト・ヴィーゼ/絵 川本三郎/訳 瑞雲舎

シナという国に 5人のよく似た兄弟がいました。
一番上の兄さんは海の水を飲み干すことができ 
2番目は鉄のように固い首を持ち
3番目はどこまでも伸ばせる長い脚を持っていた。
4番目は火の中でも平気で 5番目は長く息を止められるという
特技を持っていました。

ある日 一番上のお兄さんが 男の子と魚を採りにでかけます。
お兄さんが川の水を一気に飲み干し 干乾びた川で 男の子と魚などを見つけていました。
やがて お兄さんは 飲み干した水を加えていることに我慢できなくなり
男の子に戻ってくるように声をかけますが 一向に言うことを聞きません。
とうとう我慢できなくなった兄さんは 川に男の子を残したまま 水を吐き出してしまいます。

お兄さんは逮捕され やがて裁判が始まり 
5人の兄弟がそれぞれの特性を生かしていくのですが・・・。


この絵本も 一時 いろいろとリ沙汰されたことがあったようです。
というのも 「シナ(支那)」という言葉が 
外国人による中国べっ視の言葉であったことに依るようです。

再版されることになった折 出版社より補足がなされ
後書きに「シナ」について書かれています。
ここもぜひ 読んで欲しいと思います。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


ロバのシルベスターとまほうの小石
ロバのシルベスターとまほうの小石

「ロバのシルベスターとまほうの小石」 ウィリアム・スタイグ/作・絵 評論社

ロバのシルベスターは かわった形や色の石を集めるのが大好きでした。
ある日 シルベスターは 赤く光る小石を見つけます。
この小石をにぎって なにやら願い事をすると その通りに 願いが叶います。
シルベスターが拾ったその小石は なんと 魔法の小石だったのです。

お父さんやお母さんや友達の願いをかなえてあげようと
シルベスターは小石を持って 家路を急ぎます。
ほどなく おなかをすかせたライオンと遭遇し 危機を迎えます。
シルベスターは逃げることすらできなく 魔法の小石を使うのですが・・・。


原作者であるスタイグさんは なんとあの「シュレッグ」の原作者でもあるそうです。
私も全く知らず 調べていくうちに知りました。


さて 読み聞かせのあと 子供達に質問しました。
「みなさんが この魔法の小石を拾ったら 何を願いますか?」 と。


すると・・・
「お金が欲しいと願います」ですって。


現金なだけにげんきん?w


もう少し 心が温かくなるような答えが欲しかったなぁ・・・。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


異動者の心得
私は今回 異動は3回目でした。
3回目となると その心得も出来ていて 割り切ることができます。
しかし 初めてだと 気がつかないうちに
取ってはいけない行動を取っている自分に 気がつかないものです。


それはどのようなことかというと・・・

前任校に いくらやり残しの仕事があったとしても
いつまでも 前任校に行ってはいけないということです。
異動したら 申し訳ないけれど 残した仕事も後任に託し 
早いうちに完全に身を引くことが 後任者に対しての礼儀だと思います。

異動した者は 申し訳なさと 良かれと思う気持ちで
勝手知ったるところなので ついつい手を差し伸べたくなるものです。

しかし 自分のところに 前任者がいつまでも来るとしたら どうなんでしょう。 
遣り残した仕事があるからと いつまでも係わってくるとしたら どうでしょう。
自分が受身の立場になって 考えてみてください。

そうすることが どれだけ 今そこにいる者の仕事の妨げになるか。
なぜなら もう 新しい人間で 新年度は動き出しているのですから
どんな状況であれ 心が痛んでも 完全に退くべきです。

新しい司書と子供達の関係も 出来つつあります。
その中に 前任者がくれば 気心の知れた相手です。
目の前で 前任者に 子どもが親しくする姿を 
現任の司書は 快く思うでしょうか。

積み残した仕事があっても したい気持ちをこらえて
すべて 後任に託すのが 潔い退き方です。
バックヤードでフォローをする程度にするべきです。

後任者は 嫌でも嫌とはいえません。
前任者がそうだと言えば そう従うしかないのです。
断る勇気があるはずもありません。

ここは 前任者が気を利かせるほかないのです。

私だって 気になります。手も出したくなります。
図書室に入れば 配置が変わっていてがっかりしますし
あれこれ購入したものが 思惑と違う使い方がされていると
その光景に 辛くなったりもします。
けれど もう 私の居場所ではないので ぐっとこらえて我慢するしかないのです。
見なかったことにするしかありません。
それが 異動した者の心得だと思いますから。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓






テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


有難き幸せ
前任校の運動会でした。
ご案内をいただいたので ずっと楽しみにしていました。

子供達との再会、ハグ、たった1ヶ月そこらのことなのに
懐かしさと嬉しさと成長ぶりに触れ うるうるしたり・・・。
涙腺がかなり弱くなってます。

図書室も模様替えがされ 雰囲気が変わりました。
でも これは良いことなので 良いのではないかと。
ただ 子供達の作品が あれこれ処分されているのが悲しかったです。
どれも 意味のあるもので 卒業した子供達が遊びに来た時に 
知っている先生が少なくなっても 自分達が作ったものが残っていれば
思い出を通して 小学生時代の自分に会えますから。
そんな思いを込め 大切に取っていました。
ですが これも 人それぞれの考えあってのことですから
あれこれ言っても仕方ないことですけどね。

読み聞かせをしてくださっていた ボランティアの方々が
わざわざ私を探して 方々廻ってくださって お会いすることができました。
年度末ギリギリの内示で バタバタと引越しになってしまって
ボランティアさんのことの引継ぎが うまく出来ていなかったのです。

後任の司書が何も言われないので それをいいことに
私は勝手にうまくやっているものだと思っていました。
が 今日 お話を伺って 私の引継ぎに落ち度があったとわかり
大変申し訳ないことをしました。

学校によって ボランティアさんのやり方や 司書の係わり方は違います。
前任校は 田舎の特質というか まったりと学生のサークル活動のようにされていました。
私は 学校との間を取り持ちながらも 
必要とされる時に 必要な手立てをするという 適度な距離を持っていました。
しかし 後任司書は 前任校と同じように 
自分が中心となって 会のまとめに動いたようで 
それが どうも やりにくさの原因になってしまっているようでした。

ボランティアなんだから 学校側に管理されるのはおかしい と感じていらっしゃいます。
確かにそうですね。
行事との調整は こちらの仕事ですが 
運営に関しては 学校主体ではないので 口を出すことはできません。
読み聞かせの記録など すべて 司書に管理されてしまい 困っておられました。
また 良かれと思い 私に要望され 設置したものも 撤去され 戸惑われていました。

すべての責任は 私の引継ぎが足りなかったことにあるので 
ボランティアさんにこれ以上の戸惑いをさせないよう 
私が責任を持って 伝えなくてはいけないと思いました。
すべて 私の落ち度ですから。

幸い ボランティアさんが 私に好意的でいらしてくださったので
こうやって 本音で話ができます。
決して 私が責められたわけではないので 心配無用です。
どちらかというと 私は 良い関係が築けていましたので 
今日も 懐かしさを含め とても居心地が良かったといってもらい 嬉しく思っています。

でも 来年 再来年と 年月が経つと
後任の司書とも 良い関係が築いていけるのだと 思います。

誰だって 最初は 肩に力が入って 空回りの連続ですからw



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓






テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


昨晩は・・・
昨晩は 友人との飲み会でした。
遅い時間からのスタートで 帰宅も深夜になり更新できず。
友人と言っても学校関係者です。
仕事を終えてからの集まりでしたので 午後9時半くらいから始まりました。

友人は中学校で働く臨採教師です。
毎晩遅くまで残って 部活や教材研究などをやっています。
近くを通ると 午後10時に電気が点っていることは 日常茶飯事です。
これでいいのかな? と思います。
残るのが当たり前 になっていないかなと。

友人の力量もあると思いますが
残って仕事しているのは 友人だけではありません。
この状況 なんとかならないものでしょうか。

子どもと向き合う上の多忙さ?
多忙さから子どもと向き合う時間がない?

教育の場に もっと人員を増やせないものでしょうか。
子どもともっと向き合う時間をつくるためにも。
多忙さが教師の意欲さえも奪っている気がします。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


ガンピーさんのふなあそび
ガンピーさんのふなあそび

「ガンピーさんのふなあそび」 
ジョン・バーニンガム/作・絵 光吉 夏弥/訳   ほるぷ出版


今日はあめが降りだす予報になっていて
朝から蒸し暑い1日となりました。
こんな日は 水が恋しい・・・ 少しでも涼しくなりたいと思い 
この絵本をセレクト。

ガンピーさんのお話の特長である 登場人物の幅広さ。
これをクイズ形式にして お話をはじめました。

心の広いガンピーさんが 小舟に乗ってでかけると
次々に 「のせてって」と 声がかかります。
ガンピーさんは それぞれと約束を交わし のせることにします。

しばらくは 約束を守って おとなしくのっているのですが
次第に・・・・。


しあげが登場人物クイズw
一生懸命お話を聞いていた子は ばっちり正解しましたよw


他に「ガンピーさんのドライブ」もあります。




FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


おしゃべりなたまごやき
おしゃべりなたまごやき

「おしゃべりなたまごやき」 寺村輝夫/作 長 新太/絵  福音館書店


たまごやきが大好きな王さまのお話です。
まず 子供達に タマゴ料理で何が好きか問います。

でましたねぇ・・・ 目玉焼きに玉子焼き。
そして シンプルな タマゴ御飯。
ここで ひとしきり 盛り上がります。

盛り上がったところで 
「みんなと同じ 玉子焼きが大好きな王様のお話をしましょう」と
読み聞かせに持っていきました。

王さまのちょっとしたイタズラが とんでもない事件に。
王さまのタマゴ好きが 幸か不幸か 
事件解決の鍵をにぎっているのですw 
王さまは 知らないんですけどねw



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


いくら退屈でもその行動はおかしいでしょ?
大阪の学校はすべて休校になりましたね。
ところが ニュースを見ていると カラオケやショッピングやレジャー施設などに
高校生が繰り出しているというじゃありませんか!
しかも 理由が 「退屈だから」「やることがないから」。
何のための休校なのか考えたら 軽率な行動など取れるはずがありません。

明日はわが身という危機感も薄いようで
テレビインタビューでは 「騒ぎすぎじゃないか」とか
冷静というか冷ややかというか まるで他人事。
自分達には関係ないという空気が伝わってきます。
危機感がなさすぎます。

その軽率な行動が もしや感染という事態に陥った時
自分の取った行動を後悔することになるかもしれないのです。
感染してから悔やんでも もう遅いのです。

今回 初めてのことではありますが 今後 このような軽率な行動が起きないよう
国、県、各関係機関で協議し 休校にした場合のルールというものを
決めておく必要があると思います。
徹底させるためには しかるべき罰則も必要になるかもしれませんね。

休校は 感染を蔓延させないための緊急措置であるということ
自宅待機が鉄則であるということ 家庭でもしっかり確認と徹底が必要だと思います。

蔓延することで 修学旅行が延期や中止になったり
楽しみにしていた行事が中止になったりと
最悪の結果を生まないよう 各々が自覚を持ち 対処していかなければなりません。

クドイようですが『明日はわが身』です。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


マスクが手に入らない!!
あっという間に感染者数が増え 
奈良県では千人程度が 罹患の可能性が高いとか。
もう 関西方面だけの問題ではありませんね。

私も そろそろ 他県への感染拡大が現実のものになってきたと感じ
今日は 仕事帰りにマスクを買いにいきました。

ところが 奈良県への感染拡大に 更に不安は高まり
家にある在庫枚数では心もとないので マスクを購入しに行ってみました。


 ◇ミ\(゜ロ\) ない!どこ行った? (/ロ゜)/ミ◇


4軒ほど 店を廻りましたが どこもマスクが姿を消し
安価なものは 品薄状態でした。
結局 薬局薬店では手に入らないことをしり
いちかばちかで スーパーに行ってみました。

すると・・・ 7枚入りで198円の代物が かろうじてあり 3袋ほど購入しました。
在庫がどこも少ないので 悩んでいる暇はありません。

マスクは無駄になるかもしれませんが 
自分に出来る防御は 出来る範囲だけでも
なにかしら やっておかないといけないと感じています。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


感染拡大!! 全国への広がりはもう食い止められないかも・・・
やはり 神戸だけで収まることではなかったようです。
隣県にも発症者がおり 瞬く間に感染拡大しています。
感染は 家族にも広がり ニュースを見ていても 
時間と共に 次々に増えていく感染者数に
感染するかしないかは もう紙一重だと感じました。

調査を重ねていくと どうやら GW前後に感染した様子。
この時期の大阪・兵庫は テーマパークもあり 全国各地からの旅行者
加えて帰省者など 多数の人間が訪れていたことでしょう。

その旅行者や帰省者が 全国各地に帰っていったとしたら
大阪・兵庫だけでは留まらず どこで発症報告が出ても おかしくないわけです。

しかし 新型インフルだからと その名前だけで恐怖に慄くのは間違っているようで
感染者の様子から 通常のインフルと変わりない程度の症状だとか。
それでも 初めてのことなので 不安になるのは仕方ないと思いますが
過剰反応してしまうと 差別事象が起こらないとも限りません。

これまでの感染者も隔離治療後 全員回復していますし
感染疑いを持ったときは 隠すことなく 速やかに申し出
感染拡大を抑えるよう 一人一人の心がけが大切ですね。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


新型インフル初国内感染
海外渡航歴のない神戸の高校生が新型インフルを発症し
その余波が大きく広がり すでに8名が発症確認されたそうです。
しかも 約100名の高校生が 体調不良や発熱を訴えており
どうやら 一部で広がりつつあるようです。

症状は 通常のインフル程度といいますが どこまで本当なのでしょう。
だって 「大変です」なんて言おうものなら 国民は恐怖におののきますから。
もしかして・・・の100名がもし新型インフルだったら
蔓延を食い止めることは 難しいでしょう。

政府は 対策レベルを第2段階に移行し 
神戸市では市区町村の一部または全域で臨時休校とすることになり
この代償は 夏休み短縮になるのかと 
とっさに欠課分の時数確保が気になりました。

神戸は観光客の多い都市なので 打撃も大きいでしょうし
感染についても 観光客の往来を考えれば 神戸だけの問題とはいかないでしょう。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


取引したい書店さん
ブックフェアも近いのですが
フェアで購入する図書は 納品は早くても
請求書の上がりが遅いので 
子供達への貸出が遅れてしまうため
実際手にとって中味を確かめて購入したいもの以外は
カタログでの注文をしました。
カタログでの注文といいながらも 近くに大型書店があるので
中味の確認をして注文しています。

取引の書店さんを決めるのは 私たち司書です。
日頃のお付き合い度や書店さんの本質的な部分などを考慮し決めます。
なので 異動したからと 前任者が使っていた書店を使うことはほとんどしません。
また1社とだけの取引をすることもなく たいてい2社くらいを使い分けて購入します。

本校もそうですが 2階に図書室があると
重い本を図書室まで届けてくれる業者さんはありがたいですね。
また 人対人の信頼関係で成り立っていることもあるので
いくら忙しくても 宅配便を使っての書店からの送りつけは 
気持ちのよいものではありませんね。

確かに 書店さんが自分で納品に来るのは 時間と労力が必要で とても大変なことです。
しかし 購入依頼の挨拶にだけは来られて あとは顔の見えない取引となると
本来大事にしなければいけない 人と人とのつながりが 全く成立しないわけです。

私は特に 人と人のつながりを大切にしています。
その大切なことを大事にされている 家族経営の書店さんにいつも注文しています。
家族経営とはいえ たくさんの学校と取引されているので
本の事はもちろん 他校の情報なども聞くことができます。
また 納品も早く 請求書も納品と同時に持ってこられるので 
スムーズに事務処理ができ とても助かっています。

もう一社は 教科書供給所であり 事務用品なども扱っている
しょっちゅう出入されている業者さんです。
そのため多少の無理なら 聴いてくださいます。
ブックフェアを中心にお世話になっていますが
予算との兼ね合いからくる微調整など 
気持ちよく処理してくださるので 本当に助かります。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


人数じゃない
教科研でした。
これまでは 司書教諭がいないし
参加は当然だと思っていましたので 
まさか 私の参加について 「待った」がかかるとは思わず。

午後から出張予定で 1週間前から予定に組んで
授業の調整などやっていました。
ところが いくら待っても 私には要項もこなければ
出張命令も切ってもらえません。

おかしいなと 思っていたら
ある学級の担任から 出張予定の日の午後
同じく出張予定の学級担任から 自習の図書を入れてもらってよいかと 尋ねられました。

もちろん 迷いもなく 私自身が出張なので お断わりをしたところ 
教頭が 私は行かないと 勝手に判断していたそうです。
しかし 司書教諭1人が行けばよいというものではなく 
司書部会として全員参加が原則でしょう。

管理職・・・少なくとも校長は 
司書教諭が行くなら (私は)行かないでもいいというタイプ。
2人とも行くと 自習を見る人間が足りないからだとか。
つまり 1人行けば 事足りるだろうということなのでしょうね。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


誰のための?
学級担任である司書教諭と なかなかコミュニケーションが取れません。
なので 学級図書の時間を利用して 打ち合わせたり・・・。

今日もその中で 私の中の疑問をぶつけました。
というのも 本棚の中に 本と一緒に
パンフレットやリーフレットや雑誌が混在しているのが気になったからです。
乱雑に入っているわけではなく パンフやリーフ類はBOXに入れて
書棚に配置されています。
が しかし この資料が本棚を大きく占めるので
図書が入らない状況が出ているように感じました。

パンフレットやリーフレットも大切な資料です。
時に 図書よりも詳しく書かれていることもあり
貴重な資料になりうることもあります。

ですが このような資料は 資料室もしくは司書室などにおき
必要時に出す程度でよく 非日常的に本棚にある必要はないのです。
しかし 本校には司書室がないので 奥に引っ込めておくことができません。

さて どうしたものか・・・。
別置するにも スペースがないのです。
にしても このような資料は別置にすべきです。
となれば 書棚の上を利用して 保管するしかないようです。

なので 司書教諭に相談すると
「先生の使いやすいように配置換えをしていい」と 言われます。


ん・・・。 そうじゃないと思うんですが・・・。
子どもが使いやすいようにすることが何よりも一番で
私が使いやすいかなんて問題ではありません。
また 使う頻度がそう高くなければ 常に本棚にある必要もないので
別置を考えたいと思うのです。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


朝読の定着に向けて
朝の読書の推進が始まってかれこれ数年。
今では どの学校でも 定着しているものと思っていましたが
異動して 本校の実態に まず唖然。
こともあろうか 朝読をやめようという話が勃発していました。


朝の時間を 有効に使いたい。


朝の時間を利用して 学力を保障するためにと 
プリントをさせたり 宿題のやり直しをさせたり に使いたいと。
その思いは良くわかりますが 何事も基本は基礎の定着。
どの教科の根底にも 読み解く力 すなわち読解力が大切です。
読解力を養うには やはり読書が一番であり
短時間でも集中して読むことを訓練することで 得られる力です。

着任早々 弱気になっている司書教諭を説き伏せ
どうにかこうにか 継続となりました。

そして 本日からいよいよ朝読開始。
校長先生と各教室を廻り 朝読に取り組んでいない学級をチェック。
その中で 朝読を打ち出した こちら側の足りない部分が見えてきました。
要するに 啓発が足りないことに 気付いたのです。

さっそく 朝読を促す教室掲示用のポスターを作成し(もちろんラミネート加工)
各教室に貼ってもらうことにしました。
また 図書委員が 朝読前日の昼休みと朝読の日の2回
放送を入れるようにしたがいいと提案しました。
教室掲示用のポスターは さっそく 
前任校で作ったものをアレンジし すぐに完成です。

前任校で朝読導入に携り ある程度のノウハウは持ち合わせていたので
今回 ずいぶん役に立っています。
朝読の導入も大変でしたが 定着までにはずい分時間を要します。
あれこれ作戦を変えながら 啓発していきたいと思います。




FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


卒業生からの贈り物
今度の週末は 高校の体育祭が かなり行われるようで
本日は 土曜日の代休で休みのところが多かったようです。

前任の学校にも 制服姿の新高校1年生がやってきたそうで
仲良かった同僚が 写メを送ってくれました。

写メに写る子供達は 受験期にも 何度となく 小学校へ足を運んでいました。
高校入学したら 制服姿を見せにくると 約束してくれていた子供達です。
しかし 異動となってしまい その約束も果たせず・・・。

ところが 心優しい同僚が こうやって写メを送ってくれたので
本当にありがたいです。
異動すると 子供達との関係を築くまでに ずいぶん時間がかかります。

そういう関係や繋がりは とても大事で 大切にしたいことなのですが
異動になると その関係すら希薄になり 
子供達が心の拠り所をなくしてしまうので・・・と 心配します。


写メに写る ピカピカの1年生は 
ちょっと大き目の制服がトレードマーク。
中1になってすぐの時みたいに その姿に初々しさを感じます。
志望校に入学できた満面の笑顔に 
一喜一憂しながら見守っていて ようやく今ほっと胸をなでおろしているところです。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓






テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


プラス思考が人間性を高める
とあるセミナーに参加してきました。

「プラス思考」って大切ですね。
物事をプラスに考えることの出来る人と
マイナスにしか考えられない人では
人間性の高め方が大きく違うと感じました。

例えば 与えられた使命を
「仕方なくやる」のか「全力でがんばろう」と思うのかで
重荷に見えたり キラキラ輝くものに見えたり。
前者より後者の方が 結果に対する思いも深いでしょう。

何事でも 「unlucky」で捉えるより「lucky」で捉えた方が
明らかに 前向きだと思います。


すべての物事をマイナスで捉えてしまうと
人生の何もかもが嫌になり 
本来楽しめるはずの人生が苦痛になってしまいます。

与えられた人生は 誰もたった一度。
楽しく生きるか 辛く生きるか だったら 楽しく生きたいですね。

プラス思考は 人間性を高め 心を豊かにします。
学んだことを胸に これからは 物事をできるだけ
プラス思考で捉えていけたらなと思います。



断言できないのはどうしてか?w


人間だもの・・・ 


時には 自分の気持ちに正直でありたいと思うときがあるのですw



「怒り」という感情が存在する以上 
究極のマイナス思考になることも ないとは言えないからです。


自分に正直でありたいから プラス思考の大事さをわかりつつも
そういう自分も 時にはあることを カミングアウトしておきますw



じゃないと・・・ 愚痴が吐けないものw
バランスよく いけたらいいですね。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


新型インフルエンザ ついに・・・
ついに 日本人の感染が確認されましたね。
感染拡大に繋がらないことをただただ祈るばかり。
また 感染者の方々の回復も祈りつつ。
絶対に 死に至ることがないように 関係諸機関のご尽力を願いします。

日本の行動計画が万全なのかはわかりませんが
とりあえず 感染拡大を最小限にとどめることが出来ているということで
第2段階への移行は見送られているようですね。
当のメキシコでの流行は 沈静化してきたようで
日本も感染拡大することなく 沈静化してほしいものです。

しかし 二次・三次感染となると
飛行機内で感染者の半径2メートル以内にいた「濃厚接触者」も
当然その範囲が拡大していくわけですが
そうなると 停留措置の範囲というのも
実際どこまでとどめておくべきか 判断に困るのではないでしょうか。
行動計画だけを忠実に守っておけばよいのか
それとも ある程度先読みしての機転も必要なのかも。

早急に ワクチンの開発により 新型インフルへの不安を払拭したいものですね。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


ボヨンボヨンだいおうのおはなし
ボヨンボヨンだいおうのおはなし

「ボヨンボヨンだいおうのおはなし」  
ヘルメ・ハイネ作/絵  ふしみみさを/訳  朔北社



とても忙しいおうさまは いろいろ考えることがあって
夜なかなか寝付くことができません。
そこで おうさまは ベッドの上を 飛び跳ねてみることに・・・。

ボヨーン、バヨーン、ボヨヨーン、バヨヨーン

これがなんと気持ちいいではありませんか!
飛ぶごとに心配事が消えて おうさまは すっかり気に入ってしまいました。

それから おうさまは 毎晩 ベッドの上で飛び跳ねるようになりますが
ある日 その姿を家来に見られてしまい・・・・。



おうさま業の大変さ 現代に通じるストレスの解消法
また そのストレス解消法をを奪われた時の喪失感 
なんだか その気持ちが良~くわかります。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


あからさまな嘘ってどうなんだろう?
これも愚痴です。

異動撤回というすったもんだで始まった新年度。

誰彼も すっきりした気持ちをもてないまま
あっという間に1ヶ月が経ちました。

さて今日は 異動に関しての説明会があったんですが
異動撤回について このように説明がありました。

「校長と教頭が同時に異動になり 用務員さんも退職。
その上 司書も異動になるのは よろしくないので
今回は △△さんの異動を撤回しました」と。


えっ? はっ? なんと?


私たちって そんなに偉大な存在ですか?
もしかして 「秘書」と「司書」を間違ってません?



校長と教頭が一緒に異動となったら
司書の異動が撤回されるなんて 前代未聞です。
司書って そんなポジションなんでしょうか。
そのわりには 賃金 めちゃめちゃ安いんですけど・・・。

いくらなんでも その説明
少し・・・ いや かなり 無理がありません?
私たちがそれで納得するとでも思ったのでしょうか?

納得するどころか 怒りを通り超え
なんと 苦笑いですよ。。。 
散々悩んで考えた苦肉の策の理由なのでしょうが
つじつまが合わないでしょう。
子供だましでしかありません。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


今いちばん欲しいもの
GWも終わり 明日からいよいよ出勤です。
おかげさまで 声も出ないほどの風邪は
発熱することもなく ほぼ完治に近く 声も元通りになりました。
明日からの読み聞かせ 滞りなくできそうで ほっとしています。

ところで 私は 今 とても欲しいものがあります。
それは 何かというと・・・



本音で話せる 愚痴が言い合える 職場でのお友達 です。



長く勤めれば 自然と 何でも話せる関係になれる友達ができます。
それは どの職場でも当たり前のことでしょうけど
私はその気持ちを 人一倍持っています。
おそらく「一人職種」の性でしょうね。

建前ばかりの会話がほとんどで 本音で語れる人が 職場にいないのは
かなり辛いものです。
解決なんてしなくてもいいのですが 話すだけで気持ちがラクになれることって
たくさんあると思いませんか。
吐き出してしまうだけで 満足っていうか・・・。
そういう相手が欲しいです。

私は不器用で 人馴れするまで 
なかなか自分のうちにあることを 人様に話すことができず 
悶々としつつも 溜め込んでしまいます。


子どもたちの友達作りと同じですね。
でも 大人の世界は 子どもの世界よりシビアです。
複雑な人間関係が もれなくついてきます。
派閥ではないけれど 誰と仲良くなるかで
なんとなく あるんですよねぇ・・・。

派閥とか好きじゃない私としては その辺りは気にしないのですが
私が気にしないとしても 周りが気にするわけで
それも 困る話で・・。


すみませんねぇ・・・愚痴って。


その点 子供達との付き合いは ラクでいいです。
子供達との会話が 今の私にとって 唯一の救いですw



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓








テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


あなたが生まれたとき
2年前に出会った言葉です。



あなたが生まれたとき、 周りの人は笑って、
あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、 あなたが笑って、
周りの人が泣くような人生をおくりなさい。




いったい誰の言葉かわかりません。
単純だけど 思わず納得してしまう 言葉の重みがあります。


人は泣いて生まれ 家族をはじめ 周りの人たちは 誕生を喜んでいます。
当たり前のことですが 自分が生まれた本人であれば
まったく気付きもしない情景であるかもしれません。

しかし ある時 自分が親になると この情景が目の前で起こり
知ることとなりますが それは一瞬のことで 時間と共にその情景も感情も
すっかり忘れてしまうことでしょう。


人が亡くなるとき 笑顔で去れたら どんなに素敵でしょう。
満足のいく人生を送ることが出来れば 笑顔で眠ることができるのかもしれません。
家族や自分に係わった人たちに 涙してもらうには
あなたの存在が どれだけ大きなものだったのか
それは 偉大な功績を残したということではなく
あなたの存在が 誰かに勇気や生きる力をどれだけ与えたかによるのではないでしょうか。

人に惜しまれる人生を送れたなら 
死に行く人間も満足 送る人間も満足するのではないでしょうか。


私もこの言葉のような人生を送ることができたらいいなと思います。
しかし その結果を知ることはできませんけどね。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


余命一ヶ月の花嫁
良くなってるんだか 悪くなっているんだか
咽喉の痛みは ほぼ取れたんですが
今度は 鼻が詰まって 呼吸が辛い状態です。
世間は GWで賑わっているにもかかわらず
風邪で苦しむという最悪の日々になっております。

おかげさまで 読書に勤しむことができました。


余命1ケ月の花嫁

『余命一ヶ月の花嫁』  TBS「イブニング5」 (著)   マガジンハウス

映画化される前から気になっていました。
その時 ざっと立ち読みはしたのですが
映画化されることになり 書店でも 平台に大量に並んでいる状態です。

誰もが感想に書かれていますが 涙が止まりませんでした。
彼女の「もっと生きたかった」という声が聞こえてくるようで・・・。

彼の献身的な愛に支えられ 壮絶な痛みと苦しみに耐えながらも
彼女が彼女らしく生きる道を選び 命を全うしていく姿は
「生きたくても生きられない」彼女のメッセージの重さを感じました。


「みなさんに明日が来ることは奇跡です。
それを知っているだけで日常は幸せなことだらけであふれています」

「生きてるのって奇跡だよね。いろんな人に支えられて生きてるんだよね。
私これで元気になれたらすごい人間になれると思う」


彼女の言葉です。
病気が進行しても前向きに生きる彼女のすべてがここにあると思います。
命を大切にしなければいけない。自ら命を絶つことなど決してあってはならない。
命があるからこそ 奇跡があるんだし 幸せを感じることができるのです。


映画化に際し JUJU with JAY'EDが楽曲を提供しています。
明日がくるなら』。

ストーリーとリンクした歌詞がまた 心に響きます。


パンダ会
主人公の長島千恵さんの彼 赤須太郎さんはじめご家族、ご友人の方々で
『余命1ヶ月の花嫁・乳がん検診全国キャラバン』を行っておられます。
千恵さんのような辛い思いや経験をしないようにと 
20~30代の女性が安価で受けられるマンモ検診車『千恵さん号』で全国を走り
検診を受けてもらっているそうです。
パンダ会のHPを読んでいただくと より詳しく 
千恵さんやご家族 そしてご友人の思いを もっともっと感じることができます。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


声が出なくなりました
声が商売の私としては 不徳の致すところ。

一昨日から喉の調子が悪くなり 昨日とうとう声が出なくなりました。
学校がお休みの時でよかったと胸をなでおろしています。

18学級もあるので 毎日図書の時間がない日などありません。
全学級読み聞かせがないにしても 1日に数回はあります。

できるだけ 声が出ないという 非常事態は避けたいのですが
なんせ 扁桃腺肥大というものを持っていまして
CMではありませんが 「風邪は咽喉から」のタイプの人です。
いつも体力を奪われる前に 声を奪われてしまうので
声が出なくなった時点で 症状が重いのだろうと心配されてしまいます。

声を奪われても 本人は 意外と元気なことが多いのですけどね。

しかし 声が出ないのは なんとも辛いのですが
休みとなれば そうそう喋る必要もないので 回復も早いと思います。
この連休が終わる頃には 完治していることを祈って
うがいの回数を増やし 風邪薬も飲んで
しっかり休みことに徹したいと思います。

新型インフルで 世間が騒いでいるところに
風邪っぴきなのは 嫌ですねぇ。
私のは 間違いなく ただの風邪です。
熱も出ていませんよw


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


今年度の子どもの本のブックフェア開催要項は?
毎年 トーハンさん主催のブックフェアに
司書部会全員で参加し 購入をするのですが
本県での開催は 大都市でないためか規模が小さいので
大都市である隣県まで 毎年行っています。

さながら バーゲン会場のように 買い物カゴを抱え
絵本を中心に次から次に吟味しながら 購入していきます。

年間の予算の半分くらいを このブックフェアで消化しますが
やはり手にとって選べる贅沢は この上なく
また とても大事なことと捉えています。
カタログだけでは伝わってこない 作者さんのメッセージとか
実際に読んでみることで つかめたりするものです。

そのため 3時間ほど会場に滞在し
目がシパシパ疲れるまで 本と睨めっこで
帰る頃には ホントに疲労困憊状態です。

しかし 子供達が手に取り読む姿を想像するだけで
大変さや疲れは「なんのその!」と なりますw

今年もまた このブックフェアを楽しみにしているのですが
トーハンさんのHPにもまだ 開催要項が出ていないようです。
当県の開催は 早い時期にあるためか 
すでに書店さんからポスターもいただいたのですけどね。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


アナログな貸出から脱却できずに・・・
町外から異動してきた先生は 一様に
いまだPC貸出ではない アナログな環境に 驚かれます。

そう 私が最初に勤めた小学校で PCでの貸出しができるようになったのは10年前。
10年経っても ここは アナログな環境からの脱却の兆しは 一向に見えません。

会議の席でも 事あるごとに PC貸出導入をお願いしてきましたが
「予算がないので まだ考えられない」の一点張りで 埒があかないのです。

近隣の市町村が 次々にデジタル化しているのに まったくその兆しが見えないのは 
いかに教育に税金をかけていないかを 物語っているように感じます。

遡及作業も夏休みを利用すれば そう大変ではないと思うのですが
予算が点かないことには どうしよもありません。


今年もそろそろ 文科省から 調査が来る頃です。
調査の中に デジタル化についての質問がありますが
一向にめどが立たない悔しさともどかしさに苛まれる 嫌な季節です。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。