小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


物色
週に1度は 大型書店での新刊チェックを欠かしません。

ネットでの新刊チェックはしているのですが
すべて私が網羅しているかというと 
しきれてない部分があるので 手にとってみることも大事です。

書店に行けば 新刊が 目に付くところに並べられているので
ネットで見たタイトルとあらすじだけでなく
手にとって中身を吟味することが出来るので
得るものは大きいと思います。

しかしながら この書店との取引が成立していないので
残念ながら 吟味どまりとなっています。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ










スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


本がなくなる・・・
本がなくなったと 子どもが報告に来た。

話を聞いていると ある子に隠されたのではないかという。
ただ証拠が無いので 確かめることも出来なければ
もちろん咎めることもできない。
第一 証拠がないのだから 致し方ない。

ところで なくなった本というのは
先日 映画公開が始まった
『スパイダーウィックの謎』の原作である
『スパイダーウィック家の謎』である。

スパイダーウィック家の謎

ホリー ブラック/著 Holly Black/原著 Tony DiTerlizzi/原著
飯野 真由美/翻訳 トニー ディテルリッジ/絵 文溪堂

いつも 返却日よりも前に 読んだらすぐに返す子なので
私に切り出しにくかったらしい。

しばらく待つことを伝えたものの 今旬で人気があるだけに
所在を尋ねに来る子どもたちがいることは間違いない。
正直に話せばわかってくれるだろうが
失くした子が傷つくかもしれないと思うと 
ごまかすしかないのかと思う。

しかし この本は購入した当初
そう食いつきの良い本ではなかった。
でも 映画化されるとなると 話題性が先行し
特設コーナーを作ったこともあって
1冊残らず 常に貸し出し中。
読みたくて 返却日を尋ねてくる子さえいる状況。

もうすぐ『ナルニア国物語』も 第2弾が公開されるので
そうなるとまた 貸出が絶えなくなる。

映画化ってすごい影響力だなっと思う今日この頃。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ



テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


そろそろ選書をはじめます
普段から逐次 書店に通いリサーチしたり
書店のHPで新刊情報を手に入れたり
子どもたちの声を拾ったりしながら
日々 リストアップはしているのですが
予算が下りてきた直後 大量仕入れの前に
先生方の声も聞きながら 本格的に選書をはじめます。

ブックフェアなどの見本市会場に足を運び 
年度予算の5割程度をメドに 購入をする予定です。

先日先生方に「購入図書希望調査」を配布しました。
回答がもらえるのは 毎年ほんの一部の先生方ですが
少ない予算なので 全員に出されると 
かえって選書が難しくなるので ほどほど・・・くらいが妥当です。

先生方からの希望は 総合学習で必要となる図書です。
調べ学習の図書は そのほとんどが 複本希望です。
1冊単価の高い総合学習関係の図書。
冊数の点では ほぼ100%ご希望に沿うことは難しいです。
それでも 努力はします。勉強に必要な本ですから
同じ内容を扱う本が他にないか調べ
それが申し出のものよりも単価の安いものであれば
安い方に変更したりして 1冊でも多く複本が買える工夫もします。

また 読み物の図書は 話題の新刊は 
できるだけ購入したいという思いから
たくさんのリストアップの中から内容を吟味し 
ふるいにかけ選んでいきます。
子どもたちのリクエストにも応えなければなりません。
あらゆる方向から吟味することは 大変なのですよ。

今日も書店で 発売されたばかりの「光とともに・・・」の13巻を見つけ
さっそくピックアップしたところです。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


気がつきませんでした
世の中は G.Wに突入していたのですね。

長い人は 26日から6日までの10連休?
いやぁ・・・・ びっくり☆ミ羨ましいですw
カレンダー通りの生活は
良くもあり悪くもありですが・・・。

子どもたちも 親さんの都合だったり
家族旅行だったりと 理由は様々ですが
大人の都合で 学校を休ませる親さんも 
年々増えています。

昔だったら 学校がある日は
家族よりもなによりも 学校の授業が大切でした。
今は 家族時間を最優先し 
授業があっても 大人の都合が最優先ということが増えてきました。

様々な価値観があるので 
どう判断するかは 親さん次第です。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


失態
なんてことでしょう。
昨日から喉の調子がよくなくて
うがい薬で 何度と無くうがいをし
午前中は なんとか乗り切りました。

が 昨夜から 本格的におかしくなり
今朝はとうとう 声がでなくなりました。

風邪?

喉の痛み以外 特に身体の変調はありません。
季節の変わり目だからでしょうか。

今日は 朝からオリエンテーションと
1年生の図書が入っていましたが
オリエンテーションは乗り切ったとしても
1年の読み聞かせは無理だと思い
担任に読み聞かせの代打をお願いしました。

こんな時は 申し訳ない気持ちで いっぱいなのですが
その気持ちと同じくらいの ラッキーな気持ちにもなります。

読まなくていいから?

そんなことは これっぽっちも思いません。
読み聞かせは楽しいですから。

そうではなく 読み聞かせしてもらう側に回り
私が読み聞かせするときに
担任の先生には「ここにいてほしい」という場所に
私があえて座るのです。

そう その場所は 
子どもたちの顔が見える正面の席ではなく
脇の椅子に腰をかけているのではなく
他の仕事をしながらというわけでもなく・・・

とても簡単な答えです。

子どもたちの仲に着座して 子どもたちと一緒に
お話を楽しむのです。
だからといって 
子どもたちの間に割り込むのはNGですよ。
先生の後ろの子どもたちは 見えませんからねw
最後尾に座わります。

最後尾も 正面以上に 
子どもたちの様子が見えます。
正面から見られるよりも リラックスして。

目に余る姿には 声は上げませんが
その子の手を取ったり 膝に抱っこしたりすると
安心感からか 落ち着いてくれます。

読み聞かせができなかったお詫びに
最後に 手遊びをしました。
1年生はまだ 保育園や幼稚園の延長ですから
とっても乗ってくれ 楽しんでくれました。

この週末しっかり治して 来週は万全の体制で臨みます。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ





テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


23日『子ども読書の日』の啓発
23日は『子ども読書の日』でした。
みなさんの学校では 取組みはされたのでしょうか?

法律で定められたことであり
読書の啓発には 法律のバックアップがあって
取り組みもしやすいと思われるのですが この時期がネックなのです。
年度始めであり 家庭訪問期間中であり
忙しい最中 取組みをするには 難しいところがあります。

だからといって 何もしないというのも
なにか胸につかえるものがあり
じゃ なにができるかと考えてみれば
出来ることは 啓発しかありません。

文科省の啓発文書を引用し 図書館だよりの号外を作成
親さん向けに 配布することにしました。
23日が「読書の日」であることを
図書館だよりを読むことで 
多少なり気に留めてもらうことができたら
それだけでも 何もしないよりは
多少の啓発にはなると思うのですが・・・。

近日 子ども読書の日の取組みについてのアンケートが
文科省からくると思われます。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


ガンピーさんのふなあそび
ガンピーさんのふなあそび

「ガンピーさんのふなあそび」 
ジョン・バーニンガム/作・絵 光吉 夏弥/訳 ほるぷ出版

ガンピーさんの舟で出かけることになりました。
子どもたちは「いっしょに連れてって」とお願いします。
「いいとも けんかさえしなけりゃね」といって 子どもたちを舟に乗せます。

その後 うさぎをはじめとして 
いろんな動物たちも「いっしょに連れていって」と 
ガンピーさんにお願いします。
すべての動物たちに 1つずつ条件をつけながら
舟に乗せていきます。
しかし 時間が経つにつれ 
それぞれが徐々にその約束を破っていきます。
そして・・・・。

いったいどうなるの? と思った後に
ほのぼのとした結末を迎えるのですが
そこがガンピーさんのお話の素敵なところかも。
ガンピーさんの懐の広さ 
絵本の中に流れるゆったりとした時間
「癒される」物語です。

「ガンピーさんのドライブ」もお薦めです。

ガンピーさんのドライブ

ドライブ中に起きる 彼らの身勝手さが
とんでもないことに・・・・。
でも やっぱりこのお話も 最後は ほのぼのするのです。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ





テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


修学旅行の調ベ物は・・・
修学旅行用の図書は 地域性がとても大きいので
資料らしい資料が乏しいです。
また 画一的なものも多く 
奥深い部分を調べたいというときは
図書資料だけでは賄えないので
私は私なりに 収集しているものがあります。

これは 修学旅行に同行する教師によりけりなのですが
あらかじめ頼んでおくと たくさん集めてきてくれます。

就学旅行関連の資料は なにはともあれ
一番役立つのが 現地習で手に入る
パンフレットやリーフレットです。

先生方に頼んで持ち帰ってもらった資料は
まさに 「かゆいところに手が届く」 
貴重なものです。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


調べることはおもしろい!!
4年生は学校で飼育している「ウサギ」のお世話をしています。
お世話をする学年は 毎年4年生と決まっています。
いざ お世話をすることになったものの
「ウサギ」についての知識は ほとんどありません。
知っているようで 知らないことがいっぱい。
そこで「ウサギ」について調べにきました。

最初は インターネット組と図書室組と分かれたようですが
4年生で インターネットの情報を取捨選別する力はありません。
格闘の末 結局 ほとんど全員が 図書室にやってきました。

調べ学習の基本は 図書資料ですよ!!

子どもたちは 調べることがどういうことか で
最初の壁にぶち当たってしまいました。

「ウサギについてしらべてくださーい。」 と言ってくる子もw

「私が調べてどうするの?」と 思わず突っ込みましたが・・・w

公共図書館のレファレンスは
的確で明確な回答を出すことが主ですが
学校司書は 総合学習において
「調べることの手助けをする」のがレファレンスだと思っています。
調べて回答までしてしまうのは たやすいことですが
それを司書がしてしまえば 子どもたちの調べ学習になりません。

子どもたちには 調べるヒントを与えたり 調べ方を教えたりと
あくまでも サポートをしていくことにしています。
わからない言葉があれば 国語辞典や漢和辞典を引かせ
自分の力で答えを導きださせます。
自分で答えを見つけることができると
子ども自身に 調べることへの自信がついてきます。

しかし どうしても 大人の手が必要になる場合は
私も惜しみなく手助けします。
そもそもレファレンスは得意ですからねw

子どもたちも 調べることの面白さがわかると
自然と 調べることに没頭していき
自分の力で どんどんどんどん 貪欲になっていきます。

調べる手立ての部分だけ手を貸せば 
あとは自分たちで消化しく力を持っているのです。
手取り足取り 手を差し伸べる必要はありません。

調べ学習は 根気強さと粘り強さが融合してこそ
楽しく進めることができます。

調べることはおもしろい
そう思ってくれる子が 一人でも増えるよう
これからも 上手にかかわっていきたいです。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


いつかは・・・
小さな夢なんですけどね・・・。

司書の仕事を続けたい思いもあるのですけど
いつかは 司書を育てる側に就きたいという
新たな思いが最近 芽生えてきました。

もちろん 今の仕事は大好きだし 大事だし
やりがいも感じています。
けれど 学校司書の現状は
仕事に対する不安や悩みを抱えている者が多いです。
その中には 司書の資格は持っているけれど
仕事に就くのは初めてという人たちもたくさんいます。
知識はあっても 実践は・・・という姿は
何度となく見ています。
私の手の届く範囲であれば 
私の微弱な知識で出来る限りの手助けはしますが
痒いところに手が届くほどのことはできていません。

無駄に重ねてきたキャリアではないので
少しでも 得た知識を 生かせればいいなぁと 
恐れ多くも思ったり・・・。

胸を張って自信を持って頑張れる司書を
1人でも多く増やしたい。

小さな夢ですけどね。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ










テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


春の運動会
春の運動会は経験がありません。

なので 子どもたちが 
応援団の打ち合わせや練習をしていると
なぜか違和感を感じます。

でも 年間行事の予定表を見ると
春に運動会をすることで 2学期の行事が軽減されます。
新1年生には体力的につらいけど 
学習面においては 効果がありそうです。

秋の運動会が 春に移行したことで
運動会が差し迫っているのですが
あまり危機感がありません。

家庭訪問期間が終わる5月から
さっそく練習が始まります。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:小学校 - ジャンル:学校・教育


子どもたちの活動もスタートです
委員会活動が始まりました。

学級での話し合いで決まった それぞれの委員会で
新たなスタートです。
念願かなった人 不本意だった人
どちらにしても 今年1年頑張らなくてはなりません。

さて 最初の委員会は 三役決め(委員長・副委員長・書記)からです。
大人の世界もそうですが 
子どもの世界も 立候補はなかなか望めません。
しかし 大人との唯一の違いは
上手に尻を叩けば その気にさせられるということ。
大人は計算高いので そう簡単には首を縦に振りませんが
子どもは ヨイショすれば 案外早くに決断してくれます。
そんなこんなで 三役も決まりました。

次は 月目標を決めなくてはなりません。
これがまた 言葉を考えることが とても難しいし
出た意見をすべて拾おうとすると なかなかうまい言葉になりません。
しかし 子どもなりに なんとかしようとして
ありえない文言が出来上がってしまいます。
その言葉を修正してあげるのは 大人なんですが
すべてを生かそうとすると 更に難しく
大人にとっても難題だったりします。

これも なんとかクリアすると
次は 年鑑活動計画を考えます。
これは 一度経験した子が入っている委員会は
意外と スムーズに決まります。
当然ですよね。 提案というのができますから。
図書委員も 今年も2年連続が1人いたので 大助かり。
これもスムーズに決まります。

最後に 児童集会での発表月の希望を決めます。
本来ならば 読書習慣のある10月が妥当ですが
行事との辛みがあり 正直難しいのが10月です。
練習時間もじっくり取れる時期が理想ですが・・・。
第2候補まで考え 
あとは委員長さんが参加する代表委員会で
希望の月担当をゲットできるかです。

まだまだぎこちない幕開けですが
今日は早速 お仕事頑張っていました。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ



テーマ:図書委員会 - ジャンル:学校・教育


図書館だより 2008.4月号
ようやく 図書館だよりを発行しました。
今年度第1号です。

先週の初めから取り掛かっていたのですが
オリエンテーションの準備や会議などがあり
かと思えば 中学生の連日の訪問もあり
なかなか捗りませんでした。

中学生が来れば 話を聞いてあげなくては・・・と
仕事の手を休めるものだから さらに捗らないという状況で・・・。

やっと 昨日の夕方に完成。
誤字脱字を修正して今日はれて発行することが出来ました。

今回は 新年度初めてということで 図書室のマナーや
本校の読書活動の紹介、分類について(日本十進分類法)などを中心にまとめました。

レイアウトが苦手なので 毎回反省ばかりですが・・・。
最近は 図書館関係のイラスト集も増え 
おかげで 隙間をカットで埋めるのが ラクになりました。

ちなみに愛用しているものは・・・

学校図書館イラストブック

「学校図書館イラストブック」 少年写真新聞社

イラストが同梱のCD-ROMに入っているので PCで作成する際は とても便利です。
カット集だけではなく 日本十進分類法の表やイラストが入っているので
とても使い勝手が良いです。 おすすめですよ。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ







テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


オリエンテーション
いよいよ貸出開始です。
・・・と言っても 去年より1週間早いスタートです。
理由は 例年9月末の運動会が
夏の間 工事があるために ずらす必要があり
今年に限って 来月末の開催になったのと
来週末から家庭訪問も始まるので
一刻も早く済ませておきたいという気持ちから
多少 急かした次第です。

まあ でも 子どもたちは
早々に借りたい重いでいっぱいだったし
私自身も 早く貸出を始めることで
貸出冊数UPが図れると思ったので。
ちょっと ずるい?w

今日は2学級のオリエンテーションだったわけですが
いつもは 飛ばしてしまう貸出の仕方についても
両学級ともに 転入生があったため
丁寧に教えました。

カード貸出ではなく バーコード貸出だと
煩雑な手続きも必要なく 手軽に借りれ
個々の読書記録も残るので いいんですけどね。

ネットワーク管理にすると 大量にお金がかかるらしく
教育のための捻出ができないほどのようなので
いつまでたっても 変わりません。

さて 貸出の始まった学級は
さっそく お気に入りの本や新しい本に 飛びついていました。

読みたい本があるのは 良いことですね。
散々迷った挙句 借りる本が見つからなかっ子どものことは
とても残念に思います。

オリエンテーションは 貸出期限・冊数のほかに
図書室での過ごし方や 本の扱い方などを
重点的に行いました。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ



テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


干乾びる
本日晴天 紫外線指数80%
絶好の行楽日和・・・ できればもう少しが欲しかった。

帽子にサングラスに長袖シャツに手袋に首タオル。
そして 日焼け止め。
絶対外せない遠足必須アイテムです。

日焼け止めは 年には念を入れ
二重三重に 見える肌という肌に塗り捲ります。
それでも不安いっぱい。

遠足に出発する頃には気温も急上昇。
持参した水筒をすでに空っぽにしてしまっている子も。

いざ出発。行きは緩やかな坂道のため 早々に根を上げる子もいます。
足の不調を訴え 列を離れる子も。
でも そう簡単に 救護者に載せるわけにはいきません。
気持ちをほぐし なだめ 背中を押します。
しばらくすれば 元通り。
最近の子どもは 体力や筋力が落ちているので
すぐに根を上げます。

現地に到着すると すぐに お弁当ではありません。
歓迎の言葉に始まり 各学年がそれぞれおもてなしをします。
歌や踊りを披露したり クイズを出してみたり。
1年生は 楽しそうです。

その後は全体遊び。
6年生が1年生をリードする姿は ほほえましいものです。
一息遊んだ後は ようやく 待ちに待ったお弁当です。

ここでも 6年生が1年生を誘い
一緒にお弁当を食べる姿が とても素敵です。
少しばかり お兄さん お姉さんになれたようです。

お昼の後は 学年ごとに遊びます。
この時間も 6年生は1年生と一緒に遊びました。
もうすっかり仲良しです。

帰りの時間になる頃には 気温の高さが物語るように
ほとんどの子どもが日焼けして真っ黒です。
というより まっかっか。 
気温も20度を超え
子どもたちは 半そでシャツ1枚になっていました。

学校まで戻り下校指導をすませ
職員室に戻る私たち。
もうすでに 暑さでバテバテ ε= (++ )
冷たい飲み物を身体が欲します。
何杯飲んでも 身体が水分を欲しがります。
身体も干乾び寸前だったのでしょう。

みんな疲れて 伸びているところに
追い討ちをかけるかのごとく 会議が・・・
こんな日に会議なんて 入れないでくださいよぉ・・・。

ε- ( ̄、 ̄A) フゥー 疲れた ~~~~~~~(;_ _)O パタ...


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ





テーマ:小学校 - ジャンル:学校・教育


厳しい船出
本年度の予算の回答がありました。

ここ数年上昇傾向にあった図書費。
多少のUPは期待していました。
ところが・・・子どもが減っているからか 増減ゼロ。
本年度もまた苦しい財政です。

新しい本が入らないと 子どもたちの食いつきは悪くなります。
話題の本が 子どもたちを図書館に誘ってくれるのですが
だからといって 話題の本を入れないわけではないので
やりくりがとても大変です。

読書推進のために 五カ年計画で交付されている『地方交付税』は
いったいどこに消えてしまったのでしょう。
『地方交付税』の図書費を明らかにしてもらうことが必要だと
切に感じました。

また備品も 要求したものから 減らされていました。
本年度もまた厳しい1年になりそうです。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


あの空をおぼえてる
あの空をおぼえてる

「あの空をおぼえてる」 ジャネット・リー ケアリー /著
Janet Lee Carey /原著 浅尾 敦則 /翻訳 ポプラ社

今月末 映画も公開します。

妹が 自分の目の前で交通事故にあいます。
助けに走った兄は 生死をさまようものの命を取り止めますが
妹は命を失ってしまいます。
残された家族の苦しみ 妹を失った悲しみ
生き残った自分との葛藤 家族の愛 そして新たな命の誕生。

家族の愛が自分にはないと疑ってしまった兄。
娘の死を受け入れられず 苦しみあぐねる父。
家族の形を取り戻すためには超えねばならない思いがあります。

突然家族を失う悲しみは 計り知れません。
また 死を受け入れ 乗り越えることは
経験したものにしかわからない辛いものだと思います。

妹の 娘の 死を受け入れられた時
新しい家族の形が芽生えてくるのだと思います。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ





テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


スツール大好評
スツール欲しかったんですよね。
長テーブルと椅子はあったのですが
いちいち椅子に腰掛けないと本が読めないのも
一辺倒すぎて 固いイメージがありました。

ソファーみたいな柔らかいものが欲しいと思っていたのですが
なんといっても小学生。
足が届くものが欲しいです。

いろんなカタログを見て ドーナツ型のクッション風スツールを購入。
柱があれば2つで柱を囲み配置できる形です。
さっそく絵本棚の脇に置いてみました。

するとどうでしょう。
子どもたちは 目新しさもあって スツールにこぞって座ります。
低学年にも足が届き 本棚が良い感じで背もたれになっています。
椅子に腰掛けるよりも ラクな姿勢で気軽に座れるのが良いみたいです。

今回2つ購入してもらったのですが こんなに評判が良いのなら
あと2つくらい欲しいと思いました。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


勧誘しましょ♪
図書ボランティア。

本校は 保護者とともに 卒業生の親さんもお手伝いをしてくださっています。
慢性的な人不足で 頼らざるを得ないというのが真相です。
このまでは メンバーは減る一方。
今年は6年生の保護者が3名もいて
もしかしたら 来年度は抜けられるかも・・・と思うと
私自身の異動もありそうで 気が気ではありません。
私が居るうちに なんとかしておきたいと思い
読書ボランティアさんにメンバー勧誘を提案してみました。

入学式当日 新入生とその保護者を前に
活動日さながらの 読み聞かせを 教室で行ってもらいました。

入学式で舞い上がった子どもたちが 読み聞かせが始まると
ぴたっと 手遊びも私語をやめ 数秒後にはしーんとなり とてもよい催しに。
まさに 子どもたちのハートを掴んだ瞬間でした。

その甲斐あって 新入生の親さんが 
めんばーに加わってくださることに。

できるだけ 1名でも多くメンバーが見つかると
メンバー全員の負担が軽くなるので できればもう少しなんとかしたい。

というわけで ボランティアのみなさんに
PTA総会での勧誘を提案しました。
新入生での掴みが良かったせいか ノリもよく ぜひに・・という話になりました。

さっそく教頭に打診。時間を割いてもらえることに。
次回もまた 読み聞かせを実践し勧誘をされます。

既存のメンバーの皆さんも たいていの方がお仕事をされていて
朝の貴重な時間を割いて 読み聞かせをしてくださっています。
ほんとに頭の下がる思いです。

私も微力ながら 影の部分でお手伝いさせてもらえれば・・と
図書館便りなどを使い メンバー勧誘を行っていましたが
やはり「実践」に勝るものはないと 今回の勧誘で思いました。

ボランティアなくして 読み聞かせは運営できません。
読み聞かせのみなさんに 読書推進の一部分を担ってもらい
大変感謝しています。

メンバーが増えることを願ってやみません。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ





テーマ:小学校 - ジャンル:学校・教育


図書館活動について
年度始めの職員会議。
さまざまな提案が論じられるなか 
図書館活動についての提案もしなければなりません。
本校は司書教諭がいないため 私がすることになりますが
本校に赴任した時に 叩き台も何も無かったので
根底からすべて 私が作りました。
最初の1回だけしっかり作れば あとは毎年 原本をアレンジするだけのことです。

今年もアレンジを加え 提案します。
毎年何も声があがらないので ほぼ私の決めた活動計画で運営されます。

議題としては
①開館時間
②貸出冊数・貸出期間・貸出方法
③読書記録
④調べ学習支援
⑤朝読
⑥長期休暇中の貸出
⑦読書週間
⑧蔵書点検
⑨図書の時間設定
⑩読み聞かせボランティア
⑪オリエンテーション
などを挙げています。

図書館運営をしていく上で とても大事なことです。
来週より オリエンテーションの後 貸出が始まります。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ







テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


卒業生を受け止めて
「卒業生を受け止めて」
その言葉を私に残し 昨年度の6年担任は異動してしまいました。
「受け止める」ことは 残った者の使命だと思っています。

6年担任を多くされていたので
在任中から 卒業生が良く顔見せに来ていました。
それだけ慕われている先生です。
異動があるのは宿命ですので わかっていても衝撃が走ります。
退任式には多くの卒業生や元保護者から
たくさんの花束が届き 信望の深さを 改めて感じました。

そんな素敵な先生から 卒業生を託された私は
この重責を心して受け止めなくてはなりません。
私自身も この先生を 教育者としても 人間的にも 高く評価し
尊敬し 絶大なる信頼を持っているので 
頼まれたからには 私も全力で受け止めなくてはいけません。
もちろん その約束を果たすべく 
これまで以上に 小学校にやってくる中学生と向き合わなくてはいけないと
再認識したところでした。

始業式の日から 卒業生の訪問は絶えません。
たとえここに元担任がいなくても 心の拠り所なのでしょう。
私は 担任の代わりにはなれませんが
子どもたちとは 常に近い位置にいたし
私が元担任と仲良かったことは 子どもたちも知っているので
慕ってくれ 何でも話してくれます。

そんな子どもたちの声を しっかり受け止め
耳を傾けるだけで 子どもたちは安心してくれるようです。
私ももちろん 今日聞いたことは 元担任に報告するね と
ちゃんと橋渡しをしています。

元担任に届けた声は 子どもたちに電話やメールで返ってきているみたいなので
私自身も ほっとしています。

今日も 今年の春に小学校を卒業したばかりの 新中1年生が来ました。
ピカピカのセーラー服姿を写真に収め すぐに元担任にメール送信。
すると 携帯が鳴りました。
最初から 子どもたちに渡すと 奪い合うかのように
代わる代わる 先生との会話を楽しんでいました。

その姿が なんともほほえましくもあり 担任がここにいないことが残念であり
でも 声を届けたことの安堵感もあって なんだか良かったなぁと思いました。
手がかかる大変な子たちだったけれど 中学生になってみると
とても素敵な子どもたちだったなぁと改めて感じました。

中学生活が落ち着いたら 他の子たちも遊びにくるでしょう。
それはまたそれで 楽しみです。
でもここに 担任がいないことが とても寂しいです。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ







テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


あからさま
担任発表 クラス替え。
年々 子どもたちのリアクションも目を覆うものがあります。

希望が叶った子どもたちは 大きな声で
イエーイ(∇≦d)(b≧∇) イエーイ
喜びの雄たけびでしたが
希望にかなわなかった子どもたちは 一様に
( ̄д ̄) エー
それはそれは 返しのリアクションに困るほど 
失礼だけれども 正直な反応をしていました。

しかし どうなのでしょう。正直すぎる反応。
素直といえば素直ですが あからさまといえばあからさま。
この様子は 年々エスカレートしているように思います。

一時の先入観や思い込みから(だけじゃないかもしれませんが・・・)
先生の価値を決め付けてしまうのはどうかと思うのですが。

まあ 親の評判をよくするために 担任を頑張るわけじゃないので
子どものリアクションは 本来問題ではないのですが
子どもの反応は 人気のバロメータってところでしょうかね。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ



テーマ:小学校 - ジャンル:学校・教育


リーフレットを集めて
今年は 続々と 話題の本が映画化されますね。

まずは「ナルニア国ものがたり」。
「ライオンと魔女」に続き「カスピアン王子のつのぶえ」が映画化されます。

本校には 岩波書店から1982年に出版されたホと 1985年に出版された文庫がありますが
映画化されるまでの長い間 陽の目を見ることはありませんでした。
「ライオンと魔女」が映画化されることが決まり 表に並べてみたところ
ようやく 子どもたちの目に留まり 借りられるようになりました。

しかし 映画が終わると あっという間に下火になり
また 元の書架へ戻しましたが 次回作の情報が耳に入ってきていたので
その時にまた 表に出すことにしていました。

去年購入した「スパイダ-ウィック家の謎」も 映画の公開が決まりましたので
これまでじわじわと読み手を増やしていたのですが
映画化されることで 飛躍的な伸びが期待できそうです。

映画と本のコラボレーションさせようと
映画館から リーフレットやチラシをもらってきました。
こういう演出があると 本も生きるので 相乗効果で貸出の伸びが期待できます。

あとは 私のアレンジ次第。
さて どのようにリーフレットやチラシをどう見せるか
コーナー作りに活かしたいと思います。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ





テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


司書生活12年目のスタートです
早いもので 12年目の司書生活に入りました。
本当に「早い」です。

大学の司書に始まり 小学校2校目。
来年度はいよいよ異動対象者となり もしかしたら・・・かもしれません。

1年の仕事の流れも 調べ学習のサポートも 
やらなければいけないことも たいてい頭の中に入っていて
マニュアルを開くということもなくなりました。

多くの学校では 図書館システムが導入され カードで貸出ができ
他校との相互貸借まで出来るところもあります。
また 公共図書館との連携も図ることができ
学校と図書館がオンラインで繋がれ 同じカードで学校でも公共図書館でも
本が借りられるように便利になりました。

私が司書になってからの12年間で 
学校図書館は飛躍的な進歩を遂げました。
・・・遂げたところもあります(が 正確ですね)
しかしながら まだまだ 本校のように システムの導入も
公共図書館との連携も図れずに 
他市町村に大きく出遅れているところもあります。
なんとか 予算がつけば・・・とは思うのですが
学校数が多ければ多いほど それだけお金がかかるわけで
あまり大きな収入の見込まれない自治体では
なかなか予算がまわらないという現実があります。

それでも やはり 子どもの教育について考えれば
あまり先送りにできない問題であると思います。

学校司書の全校配置(12学級以上の学校)が法律で決まったのも
私が司書の仕事を始めてからでした。
この法律が制定されたことは 司書の資格を持ちながらも
職が無かった者にとって とても嬉しい知らせでしたが
とはいえ バブルもはじけ 自治体にはお金がない。
それでも 法律で決まってしまえば 従わざるを得ない
というわけで 臨時職員や嘱託職員や派遣など
いわゆる 不安定雇用での採用が多くなってしまったのです。

不安定雇用は臨時的なものであるため
長い期間続けて働くことが法律で禁じられています。
しかし 司書の仕事は 1年はおろか 
3年5年でも力が発揮できない シビアな仕事なのですが
雇用側はそのあたりをまったく考えもせず
短期間で雇用を打ち切るために 威力を発揮することが難しいです。

司書の仕事は 5年で土台を作り 
6年目からが 力の発揮どころで
10年でようやく 一区切りがつけるかな という仕事です。
短期間で雇用を切られるようでは
子どもたちとじっくり向き合うことも 調べ学習支援も
図書館運営も すべて中途半端になってしまいます。

学校司書を 正規職員にしてもらい 
子どもたちともっと深く密接に係わりあいたい。
それが 司書になって 12年思い続けていたことです。

さて 新たな1年のスタート。
子どもの囁き聞き逃さないように
子どもにとっての居心地の良い図書室を目指し 頑張ります。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


学級開きの準備
担任決めが終わり 担任を持った先生たちは
学級開きの準備に忙しいです。

始業式までに 子どもたちを迎えるために
いろんなことをされています。
担任に決まった瞬間から スイッチが入っているのですよ。
こんな姿は 子どもたちも 保護者の皆さんも
あまりご存じないことでしょう。

始業式に学校に来て気づくのは
まず みなさんの背丈に合った机が
ほとんど教室に入っていることです。
これも 春休みの間に先生方が
新しい学級の子どもたちの背丈に合わせ
入れ替えをなさっているのです。

そして 教室の掲示物。
これもすべて先生方の手作りです。
担任きめがあってから 作られるので
ほんのわずかな期間で手際よく準備される姿には圧巻です。

出席簿や健康観察簿や名簿なども
すべて名簿順に名前のゴム印が捺されています。
靴箱やカバン棚 そして机椅子に貼られている
名前シールなども準備されますね。
これもわずかな期間でされていることです。

新1年生にあたっては 入学式で配布する学用品などを並べたり
机の引き出しなどに名前を書いたりする作業は
学級開きの準備ができ 手の空いた先生たちや
私たちがみんなで協力し 準備していきます。
学校職員全員の「愛」がいっぱい詰まった1年生教室なんですよ。

あっさり新たな1年が始まるだけだとお思いでしょうが
短期間にたくさんの準備があっての始業式なんだと
少しは伝わったでしょうか。

そして迎える始業式は 
子どもたちがワクワクドキドキして登校してくる姿に一喜一憂しながらも
担任発表の瞬間まで 硬く口を閉ざさねばなりません。

担任発表の瞬間の 子どもの悲喜交々な姿は なんともいえませんw
どの先生になっても 充実した1年が過ごせれば
その悲喜交々も 時間とともに すっかり忘れるんですよ。
楽しい1年になるといいですね。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ











テーマ:小学校 - ジャンル:学校・教育


「子どもを褒め認めることは、子ども自身の自尊心を高める」
子どもを褒め認めることは、子どもの自尊心を高めること』に繋がります。

怒る時は厳しく怒り でも 褒める部分はしっかり褒め
認める部分はしっかり認めることが とても大事なことだなぁと感じています。
それは私が尊敬する教師から学んだことです。

自分の悪い部分や足りない部分を認め 
友達の良い部分はしっかり吸収し しっかり学び自分を高める

言葉でいうのは簡単だけど 実践することはとても難しいことです。
『友達を認め 自分を認め そしてお互いを高めあう』 
すばらしい学びあいです。

しかし このような姿になるまでには 
担任も子どもたちも いくつもの壁にぶつかり苦しみもがき 
どうすれば そこから脱することが出来るか
人は一人では生きていけないことを実証するかのごとく
幾度の経験を繰り返し 学んでいったのです。

なんとか「形」にはなっていたものの
ちょっと触れれば もろく崩れるものが
硬く太い芯がしっかり通った頑丈なものになるまで
教師が根を上げるか 子どもたちが根を上げるかの 我慢比べなのです。

教師の仕事に情熱を持っているからこそ
しっかり「はまること」ができるのだと
担任の姿をみて思いました。

子どもの可能性は無限大 と 良く言います。
それは ホントのホントだと思います。

学ぶことは 勉強することだけではなく
人として大切なこと」なのです。

支えあい 助け合い 高めあい・・・
どんな「あい」も大切にしなきゃいけませんね☆ミ


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ




テーマ:教育 - ジャンル:学校・教育


長い長いなが~~~い1日
長い1日でした。

新年度最初の職員会議。
例年同様ですが 担任決めは 本当に困難を極めます。
小さい学校ほど つくづく難しいと 改めて思いました。
動かせる人が少ないですから。
かえって大きい学校がスムーズではないかと思います。
そんなことはないよ!という声も聞こえてきそうですが・・・。
大きな学校にも大きな学校なりの問題があるでしょうしね。

これまでの経験の中で 担任決めだけで
3日間費やしたことがあります。
涙を流しながら 切実に自分の考えを言われる先生もいます。
はたまた どの学年でも引き受けますという
大胆で でも それが教師の中の教師と思える潔さもあり
それとは逆に 専科ではなく担任じゃなきゃ嫌だと
駄々をこねる先生もいますしね。

組織というものは 一丸となって動くものですから
あまり個人の思いを強くだされても うまくいかないんですけどね。

しかし なんとまあ 担任決めも 二転三転しますね。
この駒を動かせば あっちの駒を動かさなくてはならなくなり
あっちの駒を動かせば また そっちの駒を動かす という
まるでパズルを動かすかのように なかなか簡単にはいきません。

結局は 校長の一声で 収まったりもするんですけど
そうなると しこりの残る方もいらっしゃるようで・・・。

年度始めの職員会議は 担任決めだけじゃなく
他の案件も てんこもりなので 
正直 担任きめは さくさくすすめたいところでしょうけど。

今回は 校長の一声で 良い方向に転がる先生もいたのですが
それでよかったのかは・・・ これからの日々の様子でわかります。
しかし どんな結果にせよ 引き受けた以上は責任と任務を自覚して
しっかり子どもを育てていくのがプロですから
どの先生も 決まった以上は 誠心誠意頑張りますよ。


担任きめが終わり 校務分掌の担当割り。
私は当然「図書館教育」です。
12学級以下の本校は司書教諭がいません。
一応 主任という形で教諭が入りますが
結局 主で動かすのは 私ですので
誰が担当になっても 支障はありません。

逆にいろんな先生に経験してもらい
図書館教育の必要性を感じ 
学級に持ち帰り実践に結びつけてもらえれば
私としては収穫かな・・・と。
結局 司書教諭がいようがいまいが
司書が居れば 特段することはない気がします。


まだまだ明日も会議は続きます。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:小学校 - ジャンル:学校・教育


職員会議始まります
3日から 怒涛の職員会議が始まります。
担任決めにはじまり 校務分掌 委員会 クラブ活動などを決め
それぞれの校務分掌に則って 議題を出し 話し合っていきます。

とにかく膨大な案件の数々
年度当初の職員会議は4回くらいに分け 話し合いますが
4日で決まらない時は 職朝の時間を使って消化していきます。

4月には歓迎遠足や家庭訪問もあり 5月には運動会と行事が続きます。
決めなくてはならないことばかりで ほんとうに消化できるか・・・。

すべては 担任きめにかかっています。
スムーズに決まっていくかもめるか・・・。
水面下では 調整が進んでいるのですが
飛び込んでくる情報は どれもループを予期させるものばかり。

さて 明日 異動されてきた先生と初対面。
素敵な出会いになりますように。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ





テーマ:教育 - ジャンル:学校・教育


思いは複雑
新年度の動向が気になります。
担任決め。
毎年頭の痛い案件なのですが
私は担任はもてないので あまり意見はいえません。

ですが 私にできることは子どもの代弁者にはなること。
子どもの立場で 子どもの目線で 意見は言いますが・・・。

これは法則なのか 流れなのかわかりません。
暗黙の了解とでも申しましょうか・・・。

在任の先生方は 子どもたちのことを熟知しているので
建前はいろいろといいながらも 希望を出す時は本音が出ます。
すると 希望が出ない学級は・・・ たいてい理由が思いあたります。

そして 他校から異動してきた先生を
ほどよく 振り分けていくのです。
異動してきたばかりで 何も知らないことを良いことに
都合よく(まるめこまれて?) 配分されているのです。

私はいつも 「それでいいの?」と つっこみたくなります。
特にその学級の事情を良く知っている既存の先生が持つべきではないかと。
悪く言えば「おしつけ」でしかありません。

「知らぬが仏」 それでいいのでしょうか・・・?

教員のベテラン。
ただ年数だけこなしていればベテランっていえるのでしょうか?
どの学年でも どんな学級でも 
転がすことができる人こそベテランではないでしょうか。
そういう学級に あえて飛び込み 
自分がこの学級を変えてやるぞ!の意気込みの下
歯を食いしばって頑張るのが ベテランであり教師であると思います。
選り好みしているようでは 教師の質に係わります。間違いなく・・・。

小さい学校は 選択肢がなく 教師の負担も大きいですが
要領よくこなせば 逆に 恵まれていることが多いと感じるのですが。

職員会議が長引くと予想されます・・・。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ



テーマ:教育 - ジャンル:学校・教育


新たな気持ちで
早いものですね。
平成19年度が終わり 20年度が始まりました。
目の前に迫った新学期に向けて 
会議資料(図書館運営)や読書ノート
それに 新入生用のブックカード入れも作らなくてはなりません。

まあ その前に 入学式がありますが・・・。

どんな新入生がやってくるのかな。
真新しいランドセルに ぴかぴかの上靴
まだあどけない顔をし 期待と不安でいっぱい。
1年生になったと言っても 
暫くの間はまだまだ保育園・幼稚園児とさほど変わりません。

不安でお家に帰りたいと泣き出す子
トイレに行きたいといえなくて 失敗してしまう子
45分間ずっと座っておくことが 辛くてたまらない子
1年生の担任は大変だなぁ・・・と つくづく思います。

今年の1年生は兄弟関係が多く
顔を見ただけで たいてい 誰彼の妹・弟であることがわかるくらい
とてもわかりやすいです。

まあ その前に 担任決めがありますが・・・w

3日から職員会議です。 気持ち新たに頑張らなければ。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ




テーマ:学校行事! - ジャンル:学校・教育





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。