FC2ブログ
小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


与えなければそれでいいのか
1冊の絵本を巡り 話し合いがありました。

絵本のタイトルはいえないのですが
絵本の伝えようとしている部分よりも
その前にある事柄に対し 教育上好ましくないと
学校図書館から排除してほしい旨 某所よりお話があったそうです。

排除すれば解決なのでしょうか。
司書として それでいいのか 考えました。


絵本を排除することは たやすいことです。
しかし 絵本のほとんどが寓話であるため
残忍な表現があったり 重いストーリーだったり
その内容は様々です。

しかし どの絵本も 大事なのは そういう部分ではなく
そのお話が伝えようとしている事を見極め
しっかり心に刻ませることが 大切なのではないかと思うのです。


簡単に排除といいますが もし その排除を行ったとしましょう。
これから先 クレームが入れば
絵本の良し悪しは関係なく 排除するのでしょうか。
もしそうすることになれば 
図書館の本のほとんどが 排除の対象になってしまいます。


やはり お話の伝えようとしていることを
作者に代わって伝えるのが 司書の使命ではないかと思います。


司書は 排除を推進するのではなく
また 我が図書館には置いてないからと安堵するのではなく
絵本の意図するところを汲み取り 伝えていくべきではないでしょうか。
所蔵がないのであれば あえて その本を購入するくらいであってほしいと思います。


司書としての資質を 改めて問われるような事象を与えてもらったことは
とても勉強になったと思っています。
これからもう少し突き詰めて この絵本の伝えようとしていることを
わかってもらう術を考えようと思っているところです。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ







スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。