小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


気が重い3学期
先日 司書部会がありました。
3学期の司書部会は 顔を突き合わせても
みんなの顔に 生気がありません。
むしろ 重い空気を感じます。

それは 何故か・・・。


蔵書点検が控えているからです。

PC管理であるならば こんなに重い気持ちにはならないのですが
(せいぜい3日もあればすみますからね!)
手作業となると 2週間は見ておかないと 
根詰め作業になるので 息が詰まり 作業効率が下がってしまいます。

人間の集中力は そう長くありません。
徐々に切れていきそうになる集中力を途切れることなく持続させることも
相当な気合が必要になるので これも気が重い原因です。

持続させるために 点検作業中は
多数のCDを持ち込みます。
好きな音楽を流しながら作業をすると 気が紛れ
作業効率の低下を防げ 集中力も持続できます。

避けては通れない作業なので やるしかありません。
覚悟を決めて(?) やらなくては!



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ




スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


寒さが堪えます
寒波到来です。
とても寒い日が続いています。
めずらしく 1日中 ストーブを点けています。
たいてい午前中で消してしまうのですが
今日は そうは行きませんでした。

外は雨。気温も上がらない。
でも 雨だと 子どもたちが 図書室にいっぱいやってきます。
外気温とあまり差がないように 温度は低めの設定をし
エアコンを併用します。
特別教室のエアコンがある場所は できるだけストーブとエアコンを併用して 
灯油を使い過ぎないように苦慮しています。
このところの灯油の高騰は 学校現場へも大きく影響し 頭の痛いところです。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


いつも寄贈ありがとうございます
子どもたちが大好きな本の中に
学研の「まんがでよくわかるひみつシリーズ」があります。

市販されている「ひみつシリーズ」もありますが
毎号 学研より小学校図書館に寄贈していただいているものもあります。

子どもたちはこの「ひみつシリーズ」をとても心待ちにしていて
新刊が届くと大喜びです。
学研のみなさま ありがとうございます。

協賛・実施企業・団体様のご協力あっての 
とてもわかりやすくリアルな内容になっていることが
子どもたちの興味のひく要因だと思います。

総合学習でもとても役立ち 中でも「お米のひみつ」は
実際に田植えから稲刈りそして脱穀、精米を経験する子どもたちにとって
とても役立つ内容でした。

また子どもたちの大好きな食べ物のシリーズは
興味関心が奥深く 「へ~」という言葉を何度となく聞きました。

最近は「仕事のひみつ編」も届くようになり
職業に興味を持つようになった6年生が手に取るようになりました。

学研の皆様
子どもたちのために 毎号 ご寄贈いただきありがとうございます。
この場を借りまして 厚く御礼申し上げます。
子どもたちが楽しみにしていますので
これからも どうぞよろしくお願いします。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


受験生もそろそろ佳境
中3生も 受験ピークに近づきました。

卒業生とメールアドレスを交換していますが
受験を前に 携帯を取り上げられた子(当然!
中3になった途端に 音信不通の子 など
いよいよ目の前に押し迫った 人生最初の試練に
一極集中のようです。

たまに学校に顔を見せに来ていた子たちも
まったく顔を見せなくなりました。
今度来る時は 「合格したよ!」の笑顔を届けにくるのだと
周りの先生たちと 楽しみに待っています。

「人生最初の試練」と書きましたが
このところ 受験制度も年々変化を繰り返し
自身の受験の頃とは 大幅に違うので
良く理解できていません。
前期試験・後期試験・校区撤廃・・・
以前に比べて 良くなったのか 悪くなったのか
小学校にいると そのあたりのことが まったくわかりません。

中学校の勉強も 小学校から比べて
大幅に難しくなっているようで
たまに遊びに来る子どもたちも
勉強の話になると 途端に 顔が曇ります。
中学校の勉強は とても大変なのでしょうね。

最近CMでよく見かけるのが
ベネッセの「得点力学習DS]というDSソフト。
一般には市販されていないので 直接申し込み購入するようですね。
今の子どもたちは ゲーム慣れしているので
「遊び感覚で学べる」ソフトは 人気があるようです。
私はベネッセの回し者ではありませんが 
このソフトには 一目置いています。

サイトを覗いて 体験してみたのですが
これなら 子どもたちも楽しく学べそうで
時間を選ばない自宅での学習に活用できそうな気がします。
あくまでも 想像ですけどね。

さて 話がそれましたが
受験生の皆さん 春はもう少し 頑張ってくださいね。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


図書館便り準備中
2月の図書館便りを作っています。
毎回 手書きにこだわって作っているのですが
今回 集中して作る時間がないので
時間があるときに パッと作ることができる
ワードに頼ってしまいました。
しかし パソコンでも 温かみが伝わるように
ずいぶん工夫して作っています。

2月の図書館便りのTOPを飾るのは
蔵書点検のお知らせです。
1年で1回の とても気の重い蔵書点検ですw

なんのために蔵書点検をするのか
蔵書点検とはどういう作業なのか
お手伝いが必要なことなどをお知らせしています。

定番の新刊紹介や私のお薦めの本を3冊ほど
つらつらっと書き連ねました。
先日ここでも紹介した「ぞうのうんち」のお話も
しっかり書きました。

そしてこれも定番なのですが
子どもたちのお薦めの本紹介の欄です。
図書室に お薦めの本を書く用紙を
いつも準備しています。
自分が読んで面白かった本や感動した本など
お奨めの言葉やイラストを書いてもらっています。
その中から 数名を選び 紹介文原文のままを縮小して載せています。

載って恥ずかしいという気持ちがありながらも
実は嬉しいらしくて 載った子どもは また書いてくれます。
載らなかった子も 触発されて 便りが出た直後は
結構書いてくれます。
子ども目線で書くお薦めは とてもほほえましいです。

この便りは 2月1日に発行予定です。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ



テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


こんにちは おてがみです
こんにちは おてがみです

「こんにちは おてがみです」 中川李枝子/他 福音館書店

この本は 10通のお手紙からできています。
すべてのページに封筒があり その中にお手紙が入っているのです。

どのような人たちからのお手紙なのかというと
「ぐりとぐら」「あさえ」「だるまちゃん」「やまんばのむすめまゆ」
「ばばばあちゃん」「きつねのきっこ」「おおかみ」(『やっぱりおおかみ』)
「たろう」「エンソくん」「やなぎむらのむしたち」からのものでした。

どの本も 保育園や幼稚園 図書館の読み聞かせなどで
一度は耳にしたのではないでしょうか。
お手紙を取り出し 子どもたちに見せると
「あ それは ○○○のお話じゃ?」など声が上がり 
それをもとに もっと発展させながらの話を広げていきました。
いつもと違う展開に 子どもたちからは読むたびに歓声がとんでいました。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ







テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


オノマトペ
先日 他校に2年生の授業研を見に行きました。
国語科(光村図書教育出版)の「ことばって、おもしろいな」という単元。
ここでは「オノマトペ」を学びます。

「オノマトペ」って?

「オノマトペ」とは 擬声(音)語・擬態語のことです。
仏語でオノマトペ (onomatopee)
若しくは 英語で オノマトペア (onomatopoeia) ともいい
擬音語(擬声語)を用いることにより ものごとを生き生きと表現する効果や
また ものごとに対し読者が親近感を抱く効果など さまざまな効果が生まれます。

どんな言葉かというと 「どきどき」「わくわく」「しっとり」など
私たちが日常会話に欠かせない大切な部分を表します。
「オノマトペ」という言葉自体 なじみが無いので
もう少し イメージしやすい言葉はなかったのか・・と思われます。

この「オノマトペ」を学ぶことが大事な単元目標のようですが
残念なことに 司書がいながら 司書が絡まない発表だったので
「授業支援」という部分で 司書のかかわりがなかったことが残念でした。

司書は 様々な引き出しを持っています。
ことに本の有効活用に関するアイデアは ことのほか秀でています。
レファレンスの依頼があれば 授業展開に司書のかかわりが加味され
もっと楽しい授業になったかもしれません。

活用されなければ 本の貸借担当でしかありません。
私たち司書も「活用されてなんぼ」のものなのです。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ





テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


ニューアーク式
本校の貸出方法は ニューアーク式を採用しています。
ニューアーク式とは 以下のような方法です。


◎貸出
①借りようとする本のブックカードをポケットから取り出し
学年・名前・貸出日を記入する。
②個人カード入れにブックカードを入れ 借り出す。

◎返却
①個人カード入れからブックカードを取り出し 返却日を記入する。
②ブックカードを返却する本のポケットに入れ 書架に本を戻す。

しかし この貸出方法は 個人情報保護法の観点からいうと
どうなのかなと思います。
ですが まだPC管理となっていない本校では
この方法を採らざるを得ません。

ただ ニューアーク式も悪くはないと思います。
個人情報ではありますが 個人でも担任でも
何冊読んだか どんな本を読んでいるかを
容易に把握できるからです。
残念ながら これが 個人情報保護法に抵触する部分なのですが・・。

PC管理でも 個人の記録を見ることはできますが
管理者権限しか見ることができないので 
利用者を制限することができます。
子どもが自ら自分の記録を取り出すことはできません。
個人情報を守る点では 最大の配慮がなされています。

ニューアーク式も 校内だけに限った貸出方法なので
異論も唱えられないのでしょうが
これから先ずっとこの方法が通っていくのかは
私自身もわかりません。
でも 個人の情報は 何らかの形で守ることは必要かと思います。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


5年生の貸出
5年生の貸出をしました。
学力にばらつきのある学年なので
貸出に関して名案を思いつき実行しました。

5年生の貸出を絵本限定にしました。
さまざまな考えがあってのことですが
子どもたちには 最上級生となる4月から
毎朝 新1年生に読み聞かせをしなければならないこと。
そのためには 絵本を知り 読み上手になる必要があることを話し
上級生になる自覚と責任を感じて 取り組んで欲しいといいました。

最初は ブーイングとも取れる「え~~」という声もあがりましたが
絵本を探しにいく段階になると なんとなんと
楽しく 生き生きと 探している姿が・・・。

絵本を低学年のものだと決め付けていたからか
手は出しにくかったのかもしれませんが
絵本しか借りれないとなると
プライドを保つ理由がなくなり
実は絵本が読みたかった子でも 興味がなかった子でも
絵本限定という制約があることが 逆に良かったようで
予想以上に楽しく選ぶ姿が見られました。

1年生に読み聞かせるために 音読も必須です。
担任と話し合い 毎日絵本の音読をさせることにし
毎日読むために毎日借りることも決め
家族の誰でもいいので聞いてもらい 
カードをつけてもらうことにしました。

朝読も絵本限定です。
自分で読むのも良し 読み聞かせの形をとっても良し
とにかく 絵本を読むことで 自分の心もみんなの心も
ある意味 浄化して欲しいという願いもこめて。

絵本のよさを感じ 絵本を通し今の自分を見つめてなおして欲しい。
それが願いです。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


見つかってよかった
同僚からメールが来ました。

「うちの学校の図書が ○○○公園に落ちていたそうで
私が預かってきました」

もう びっくりでした。 驚きでした。
なぜなら 近くの公園ではなく
学校から10km以上も離れた公園だからです。

まず ひとりでその公園に行くことは考えられません。
親御さんと一緒であったはず。
その公園は 歴史上の人物と縁のある公園。
歴史に興味のある子は その自分物にまつわる話を読んだら
一度は行ってみたいところかもしれない。

しかし 落ちていた本は 歴史の本とはほど遠い
「チロヌップのきつね」だったから びっくりです。
ブックカードが入っていれば 借主が誰かを特定できませんが
カードが入ってなければ 個人の読書カードを調べれば
簡単に特定できます。

その子が 忘れた本に気づいたか 認識しているか
その部分も気になるところですが。

たまたま 本が見つかり届けられた学校が
うちの教員の子どもが通う学校だったので
連絡がスムーズに行き 戻ってくることができましたが
ここで 私の中に 小さなわだかまりが・・・・。

そのわだかまりとは
図書館で借りた本を持って出かけるのは どうなのかということ。
自分の本ではない学校の本(公共図書館の本でも同じ)ですから
もしかして 出先で失くすかもしれない と考え
持って行くべきではない と 大人が促すべきではなかったかと。

なかなか難しいところですが これが本ではなく
友達から借りた持ち物だったとしたら どうでしょう。
持って行くべきではないと 言わないでしょうか。

月曜日 この本が私の手元に戻ってきたら
このことを 子どもたちにどう伝えるか 考えたいと思います。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


用はないんだけどね
体育の後 移動教室の後 
まっすぐ教室に戻らず 図書室に来る子どもがいます。
本を読むわけではなく 私に会いに。

特に用事があるわけではなく・・・
おそらく「かまってもらいたい」のでしょうね。

まあ そういう時って
学級で何かあってるんですよね。
自分のことだったり 友達のことだったり
学級の空気だったり 満たされないものがあったり。

話を聞くのも仕事。

・・・と 前任の校長先生に言われました。

去年 ある学年の子どもたちの様子がおかしかったとき
図書室は 子どもたちの逃げ場になっていました。
毎休み時間 代わる代わる来る子どもたちの話を聞く
そんな毎日でした。

そんな毎日だと 本来私がすべき仕事は滞り
私自身が仕事が回らない壁にぶつかります。

そんな時 校長先生が
「話を聞くとも仕事だけん。な~ん 仕事ができてないとじゃなか。
そんな時もあっとだけん。子どもの言葉を受け止めるのも大事な仕事。」

救われました。
子どもの話に耳を傾けつつ でも自分の仕事は完璧にやらなければ・・・という
妙な正義感でいっぱいだった私ですが
それ以来 子どもが来た時は 仕事の手を休め
これまで以上に じっくりと話を聞けるようになりました。

「用はないんだけどね・・」
そんな言葉を口にする子どもに限って 何かあります。
何かあったのかと追及するのではなく
子どもが 自分から話したいという場でありたいと
ゆっくり時間をかけて 子どもとのコミュニケーションをとって
胸のうちを聞きだしていきます。
こぼれる言葉を聞き逃さず しっかり受け止め そして 担任に繋ぎます。
それも 大事な仕事なんです。

図書室や保健室で 子どもたちのSOSに気づけるうちはまだ
救うチャンスがあります。
だからこそ これからも ずっと 子どもたちが癒される場でありたいと思います。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


あっ☆彡 ティラノサウルスだ!!
1年生の男児が 折り紙で「恐竜」を作るのが得意といいまして
さっそく その子に お願いしてみました。

彼は 日本人の父とアメリカ人の母とのハーフ。
感性がとてもすばらしく 物事の捉え方が素敵です。


約束を守って 彼は今日持ってきてくれました。
折り紙の緑を使っての ティラノサウルス。
とても格好いいです。

恐竜の本がある棚に さっそくティラノサウルスを貼付ました。
なかなか素敵なものに仕上がっていて 貼っても素敵です。

子どもたちの評判も良く 気がついた子どもたちはみな ほめまくり。
ホントに上出来なんです。
写真撮って来れば良かったですね。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


こんなにもスゴイとは・・・
先週から 委員会の日は 本棚の掃除をしています。

良く借りられる本がある本棚は さほど汚れてはいませんが
あまり借りられない文学以外の棚が 埃の温存場所。
しかも本棚は 下段に行くにつれ 埃のたまり具合もすごいです。

子どもたちは手分けをして 本棚の本を出し 本についている埃を落とし
棚の掃除をして元に戻す作業を繰り返しました。

足元には 埃やゴミなどがたくさん落ちてきます。

子どもたちは文句一つも言わず 黙々作業をすすめてくれたので
延べ2日で作業は終わりました。
目に見えてきれいになるので 達成感と充実感が味わえ
心なしか 全体的に明るくなりました。

きれいな本棚に並んだ本を見ると
どんな古い本も とてもきれいに見えます。

集めた埃を見ると ハンディモップを買ってもらって
日頃からちょこちょこきれいにしておけばよかった・・・と 私も反省。
子どもたち ごめんよ~~~~ (。-人-。)


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:図書委員会 - ジャンル:学校・教育


図書室のストーブ
図書室にストーブが1台あります。
教室2つ分の広さありますが エアコンも2機設置されています。
冬の間は 基本的にはストーブを使うものなのですが
灯油代節約のためと ストーブ1機では部屋の隅々まで暖まらないので
ストーブとエアコンを併用して使っています。

ストーブは 最低温度の12℃に設定し
エアコンは1機のみを使い こちらは25℃の弱に設定します。
地球温暖化に貢献していないと言われるかもしれませんが
部屋の広さから考えると エアコンの風が直接届かない場所もあり
その位置になると体感温度もかなり低く
温度計は22℃くらいを指しています。
後者が古いのもあり(来年度改修を控えています)
隙間が多く 熱が逃げてしまうのかもしれません。

ただ 私がいつも考えているのは
夏のクーラーもそうなのですが
部屋を一歩出たときの 体感温度に
急激な差がないよう 気を配っています。

これが 拘り①ですねw

続いて ②は・・・というと
図書室で ストーブにあたるには 最低限のルールがあるということ。


え?何? とお思いでしょうが
ごくごく簡単なことであり 当たり前のことであります。




わかりました?




それは 何かというと
ストーブにあたるための条件は 読書をすること。

図書室のストーブには ただではあたらせられませんw
図書室に来る目的は いつ何時も読書であって欲しいという思いから
手に何もない状態では ストーブにあたる権利はないのですw

なので みんな片手に本を持って
または 読みながら ストーブにあたっています。
不思議と誰一人と文句はいいませんし
本を手に持って 読まないのもヘンな感じなので
ほとんどの子が読み出すわけですが 
意外と夢中になって ストーブにあたるのも忘れ
真剣に読書に没頭する姿も見受けられます。

なかなか良いアイデアだと思いませんか?

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


ふふふ・・・大成功♪
3学期の貸出が始まりました。
まず6年生と4年生から。

十二支のはじまり


『十二支のはじまり』を手元に置き
「今年の干支は?」の質問を投げかけ 「ねずみ」との回答。
「干支は 何故ねずみから始まるのか知っている人?」と質問すると
絵本を読んだことがある人は 
「牛の背中にねずみが乗っていて 扉が開いた時に1番に入ったから」と
答えることができました。

しかし 6年生も4年生も
『そもそも何故順位を競わなくてはいけなかったのか』
という部分が欠落していたようでしたので 簡単なブックトークをしました。
加えて 『何故ねこが干支に入れなかったのか』も折りいれて。
とても 面白い話ですね。
3学期のオリエンテーションに最適な題材でした。

干支の話をした後は 昨日書いた「ぼくのウンチはなんになる?」の絵本を
昨日立てた作戦で 裏表紙と中身が見えないよう
本が入っていたケースをカバーにし ページがめくれないようにして
何も書いてないマッサラなページを 子どもたちに触らせたり
匂わせたり 強引に顔にくっつけてみたりしました。

ぼくのウンチはなんになる?


その後 子どもたちに質問してみます。
「いったいこの本は何でできているのでしょうか?」

子どもたちの回答は 「和紙」や「牛乳パック」がダントツ。
6年生ともなると「再生紙」という回答まで出てスゴイスゴイ。
ヒントを1つ2つ出すと 答えを導きだせました。

しかし 「まさかぁ」という気持ちがあるのでしょう。
自分の回答に自信がなく 声が小さい。
自信を持って答えるように促すと・・・

ぞうのうんちだと思います・・・」

「そのとおりです」

私が答えた途端 驚きとともに みんなの顔が( ̄□ ̄;)ギョッと一変。
Σ(='□'=)ウッソー!? (≧◇≦)エーーー! (((p(>o<)q)))いやぁぁぁ!!!
そのような声があちこちから聞こえます。

本を触った手を改めてにおってみる子もいれば
その手を友達に擦り付ける子も。
本を頬にあてられた子どもは 頬を触り信じられないという表情。

「もう一度触ってみる?」 の私の言葉には
誰1人 首を縦に振りませんでしたw

予想通り 子どもたちにも担任にも インパクトがあり好評でした。
明日もまた他の学年にお披露目です。

「ぞう」で盛り上がった後は 3学期の図書目標の話と
マナーときまりについて 少々小言とお願いを伝え
3学期の貸出スタートしました。

楽しいオリエンテーションができました。


*******************************************************************
【余談】
ランキングに目を向ける余裕がなく 本日数ヶ月ぶりに覗いてみたところ
自分のブログのランキングを見て 衝撃的でした。
こんなに上位にいるとは・・・。
同じ司書の方々 司書を目指す学生さん 図書館や本をこよなく愛する方々が
いっぱいいっぱい訪れて下さっているお陰です。ありがとうございます。
たくさんの方々が目を留めて下さっていることに感謝いたします。
つたないブログですが 今後ともよろしくお願いします。
*******************************************************************


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ






テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


3学期のオリエンテーション
明日から 3学期の貸出が始まります。

貸出を始める前に 簡単なオリエンテーションをします。
今学期話さなければならないことは

①2学期に落書きされた本が見つかったこと
②カードの入れ間違いが多発していること
③貸出期限の遵守
④3学期の読書努力目標
⑤蔵書点検

そして・・・


1/10のブログで紹介した
⑥絵本「ぞうのうんち」の紹介

絵本の紹介はまず
①触ってもらう・匂ってもらう
②この本は何でできているものか を問いかける
③発言の出し合い
④答え

④の後のリアクションがとても楽しみ。

その報告は明日以降改めて。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


ファミレスは勉強部屋ではない
ファミレスに行くと 禁煙席の一角で
勉強している学生が3人。
テーブルには 勉強道具のほかに
ドリンクバーと軽食がありました。

ファミレスを図書館のように利用しているのでしょうか。
図書館との違いは ドリンクバーは一定料金で
何度も飲み物のおかわりができること
食べたい時に その都度注文ができることでしょう。
そして なんと言ってもお喋りができること。
教えあうことが可能なことも一因なのでしょうね。

また 何時間もテーブルを占領し何をしていても
お客様だから 文句も言われません。
でも これって 許されることなのでしょうか。

まあ 小1時間くらいなら 気分転換に・・というのもアリでしょうが
何時間も占拠しているのは お店側も他の客も迷惑なのでは?と
思えてしまいます。

店側も規制していいと思います。
例えば ランチタイムやディナータイムはある程度制限すべきかと。

ファミレスで勉強をするしないは 
受験よりも大事な常識の問題だと思えるのは 私だけなのでしょうか。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


広辞苑 第六版
先日「広辞苑 第六版」が発売されました。
10年ぶりの改訂で 第五版収録の全23万項目を徹底的に再検討し
言葉の意味の移り変わりに即して解説を書き改め 新しいデータに更新するなど
正確な記述を追求したと 書かれています。

価格は 完成記念特別価格が2008年6月30日まで適用となり
普通版が7875円(税込) 机上版が12600円(税込)となり
通常価格より 約1割ほどお安くなっています。

さて 学校図書館に購入すべきか 迷っています。
10年前に出版された第5版が2冊あるのですが
2冊購入するのは 負担が大きすぎ。
利用率から考えると 1冊購入もどうなのかなと思うくらいです。
そもそも 小学生に広辞苑は難しいというのが 大きな理由ですが。

テレビでも特集していましたが 
今 辞書の類は 電子辞書が主流です。
小さいながらにも 幾種類もの辞書が投入されています。
また とても軽いので 携帯にも便利です。
そして なんといっても 検索のスピードが 手動に比べ
何倍も早いことが実証されていました。

学校図書館廉価版として5000円程度で出していただければ
購入の決断も あまり迷わずにできるのですけどね。
予算が少ない学校ほど 切実な問題です。

岩波書店さぁ~ん 考えてくださいw



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


相次ぐ出版社倒産
活字離れが囁かれる昨今 
出版業界の厳しさは 折に触れ 知っていましたが 
立て続けの2社の危機は 正直驚きました。
民事再生法の適用を申請し 再建できるのでしょうか・・・。

新風舎は 自費出版を多くてがけ 新人作家の登竜門でした。
しかし最近は 自費出版のトラブルで裁判沙汰になったり
バッシング書籍も出たりするほどで 
事実なのか 虚偽なのか 真相はよくわかりませんが
とても気になっていました。

また 草思社は 本校の図書館にもある
斉藤孝氏の『声に出して読みたい日本語』など
売れ行きがよいと思われる本を多数出版していたので
報道を聞いて驚きでした。

ですが 出版業界は不況に陥り 
どの出版社も厳しい状況であることは
数年前から囁かれています。
このままだと 追随する企業は 計り知れません。

本が売れないと 出版業界は潤いません。
公共図書館が充実するのも 良し悪しですね。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ






テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


十二支のはじまり
十二支のはじまり


「十二支のはじまり」 谷真介/文 赤坂三好/絵 佼成出版社
年明け最初の読み聞かせは「十二支」に触れる絶好のチャンス。

「十二支」はなぜ ねずみからはじまるのか?
どうやってこの順番になったのか?
知っているようで知りません。十二支は言えるのにねぇw


ある年の暮れ 神様が 
「元日の朝、御殿にあいさつに来た順に、年の王様にしてやろう」と
動物たちに言った事から このお話ははじまります。
あとは 読んでのお楽しみw


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ




テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


ぼくのウンチはなんになる?
ぼくのウンチはなんになる?


「ぼくのウンチはなんになる?」 
ツシッタ・ラナシンハ/著 秋沢淳子/訳 英治出版株式会社

この絵本 何でできていると思いますか?

なんと ぞうのうんちなんですよ!
最初にこの本があると知ったときは衝撃的でした。
近くの書店を回っても 現本に出会うことができません。
でも どうしても この本を子どもたちに見せたくて 触らせたくて 
急いで書店に注文しました。

そして ついに届きました。
今回購入した本の中で 一番楽しみにしていた本でしたので
ダンボールを開け 検本よりも何よりも先に この本を手に取り
先生たちを片っ端からつかまえ 触ってもらいました。

和紙? という答えが一番多かったのですが
ぞうのうんちでできた本だと知ると ニオイを嗅いだり
じっくりと見てみたり 感動したりと反応も良かったので
一刻も早く子どもたちに紹介したい衝動に駆られました。

学級図書の時間がまだないので 残念なことに
まだ見せていません。
来週の図書の時間 子どもたちに紹介しようと思っています。

この本は 無臭です(笑)
まったくニオイなどしません。
紙質は和紙に似ていて ぞうのうんちでできたものだとは
見たり触ったりしてもまったくわかりません。

ストーリーは ぞうさんペーパー工場の責任者である作者が作ったもので
この本ができるまでの行程をぞうが語ります。
また この ぞうのうんちは 日本のぞうのものではなく
スリランカのぞうのうんちだそうです。

この本の収益の一部は ぞうの保護活動に使われたり
子どもたちの環境・教育に使われるそうです。

保健指導にも最適だと思います。

素敵な絵本ですよ♪

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


給油活動  こ・・・こぼれるぅ~~~~っ!!
始業式が終わり 午後から職員会議。

思ったよりも議題が少なく 予定よりも早く終わりました。
蔵書点検の提案も 問題なく通過しました。

余った時間が中途半端だったので
こんな時にできるコマゴマしたことは・・・と考え
図書室のストーブの灯油が空だったので
給油をしておくことにしました。

重たいポリ缶は運べないので 
いつも10Lのポリ缶1缶分を入れます。
しかし 20L入るストーブ。
今日なら 満タンにする余裕があります。
10L給油した後 さらに10L弱を持ってきて給油開始。

あと500mlというところで およよよよ・・・・。

ああああああああ・・・・あふれるぅ~~~!!

危機一髪。 あふれる一歩手前。 表面張力!!

これはまずい・・・。 
ポンプを持ってきて ストーブからポリ缶へ給油開始。
一押し程度 戻しました。

欲張ったらいけないってことですね。
身をもって体験しました。
欲張ったがために 二度手間、三度手間でした。
こぼさなかったから良かったものの 資源は大切にしなきゃ。。反省。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ



テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


気合いっぱぁ~つ!!
いよいよ3学期が始まります。
子どもたちの笑顔にまた会える日です。
なんだかワクワクします。

明日は 始業式があり 大掃除があり その他諸々ありで
午前中で終わってしまうため 子どもたちと触れ合う時間もほとんどないと思います。
実質的には 明後日から今週いっぱい 子どもたちとの会話は 
冬休み報告&お年玉報告で もちきりだと思われます。
そんな取りとめのない話をしてくれるのは 嬉しいのですが
身体がいっぱい欲しいと思ったりもしますw

冬休み用に借りた本の返却も明日から。
今週中に返してもらい 連休明けから貸出を始めます。
3学期は 蔵書点検が入るので 貸出できる期間は おおよそ1ヶ月。
蔵書点検が簡素化できれば もっと開館期間を長くできるのに・・・と思うと
子どもたちに申し訳ないですね。
国をはじめ行政のみなさん 図書館活動を充実させるために なんとかしてくださ~い!!
・・・と ここでお願いしても 届くかな?

始業式が終わった後は 普段より眺めの職員会議です。
3学期の行事 お別れ遠足や卒業式がメインだと思われます。
議題に余裕があれば 蔵書点検の提案をしようかどうか・・・。
出勤したら 教務の机上を覗いてみましょうw

気合いっぱぁ~つ!! 3学期も頑張るゾッ!!  (* ̄0 ̄)/ オゥッ!!


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


案件作成
1月の職員会議で 蔵書点検についての提案をかけるため
計画書(案)を作成しました。
とは言っても 雛形は作ったものがあるので
日にちなどを書き換えて 提出するだけですけどね。

この雛形を作るときは 大変でしたよ。
明確な目的を示さないと 2週間も閉館にするなんて
理解してもらえないかも知れません。
ですので 指摘を受けないよう 完璧な文章が必要でした。

しかし 計画書のサンプルなんて持っているはずもなく 
誰かに相談するにも 1人ですから 無理です。
自分の頭脳を命一杯駆使して 書くしかありませんでした。

でも 書き始めると 不安に思っていたわりには
結構スラスラと文字にすることができました。
もちろん 一度書いた文章を何度も見直して
何度も校正しました。
そして ずっと使える雛形ができました。

文章は一応毎年チェックはします。
文章に手を加えることもあります。
経験を積むことによって 伝える言葉に力が入るのでしょうね。

お陰さまで 毎年 ご理解いただいて 問題なく通してもらっています。
2週間も締めることは 私自身も 本当や嫌なのですが
手動で点検しなくてはならないので 仕方ないのです。
なので 多少の勝手も理解してもらえるのでしょう。
授業や子どもたちに 不便を掛けて申し訳ないです。

今年も1日でも早く蔵書点検を終えられるよう頑張るしかありません。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ



テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


コミックのドラマ化・映画化
ここ数年 流行ですね。
コミックのドラマ化や映画化。
一昔前は ドラマ用に脚本があって・・・だったのですが
最近は コミックがそのまま原作となることが多くなりました。
脚本家さんが減ったのか 
視聴者が食いつくような脚本を書ける作家さんが減ったのか。

コミックが原作だと 妙な安心感がありますよね。
私もコミック嫌いじゃないので ついついドラマも見てしまいます。
ストーリーを知ってるから?
名の知れた作家さんなので 作品傾向がわかりやすいから?
結末がおおよそ見当がつくから?
まあ そんな感じでしょう。

でも 実際 ドラマ化されてみると
コミックとかけ離れた配役設定だったり
ドラマ内容がコミックと大幅に違ったり
コミックにはない オリジナルの人物が新たに設定されていたり
パート1は原作に忠実だったのに
パート2以降はオリジナル脚本で 配役が貧祖になってしまったり
また 途中からのオリジナルは ドラマが一人歩きしてしまい
原作のイメージを著しく壊してしまったり・・・
というものも 少なくありません。
ほどほど・・・が 大事なのでしょうけど。

やっぱり 面白い脚本を書ける作家さんが育ってほしいですね。
ドラマの行く末にハラハラするような作品を
時には見てみたいものですね。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ





テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


いよいよ
いよいよこの週末が終わると 火曜日から3学期が始まります。
3学期の図書室は 1年で1番大変な学期。
なぜなら 蔵書点検という 重~~い仕事が待っているからです。

PCによるシステム管理がされていない本校の図書室では
蔵書点検ももちろん 奥ゆかしい(?) 古式に則った(?)
いわゆる 人海戦術で じわりじわりとこなしていく
非常に精神的に追い詰められる 手作業であります。
(前置きが長い?w)

とにかく これが大変で・・・。
すべての作業をひとりでやるならば 2週間は見ておかないと
不明図書の抽出まで終えることができません。
しかし 本校は 多少恵まれているのか
子どもたちのお手伝いが望めるので 多少期間の短縮が期待できます。
また 図書受入簿のすべてを エクセルで独自にデータ化したので
チェック作業さえ 子どもたちに手伝ってもらえば
私は PCデータに その結果を入力していくだけですみます。

不明図書の抽出は ソートをかければ一目瞭然。
抽出したデータをプリントアウトし 再度 蔵書を調べます。

子どもたちにチェック作業をさせる際に
シートに 棚ごとに振った番号を記入させておくので
読み取りにくい文字や 抽出データの再点検は 容易に行うことができます。

今でこそ ここまでできるようになった蔵書点検ですが
司書になっての12年の経験からの賜物です。
反省に反省を重ね 今の形ができあがったのです。

本当は 1日でも早くPC管理ができることを願っています。
そうすれば 蔵書点検で閉館にする期間を短縮でき
子どもたちに「我慢」をさせずに済みますから。
蔵書点検も大事ですが あまりに日がかかってしまうと
「何が一番大事なんだろう?」という想いが強くなってしまいます。

国も行政も 子どもたちのために 
全学校図書館のPCとシステムの導入を 推進していただきたいと願う毎日です。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


面白い!
書店に行きました。
そこはとっても大きな書店で 嬉しいぐらい本がいっぱいです。

何気に歩き回り 語学書のコーナーにたどり着きました。
そこには 英語大役本がいっぱい。
お馴染みのコミックが 対訳本として並んでいました。

「サザエさん」や「OL進化論」「あさきゆめみし」などなど。
お馴染みの文庫本もおいてありましたが
こちらは対訳本ではないので 英文のみのものでした。

対訳版のコミックを開いてみると
吹き出しに入っている言葉は 間違いなく英語ですが
欄外に 日本語は書き添えられています。

これが なかなか面白い!

吹き出しの中で使われる英語は
とてもやさしいものばかり。
多少の英語力があれば 自力で読むことが可能です。
英語から離れて○年の私でさえ 面白おかしく読めたので
お勧めしたいくらいです。

いきなり 対訳本は読みづらいので
知っている話から挑戦してみると 
わかりやすいので 楽しく読めそうですよ。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ



テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


お年玉の行方
毎月月初めに発売される雑誌などは
先月末に相次いで発売されていています。

作家さんや出版社や印刷会社、
運送会社の年末年始休みを考慮してのことですね。

読者としては いつもより早く発売されるのは
とても嬉しいことですね。
また 戴いたお年玉で購入する姿も見受けられました。
これは 推測ですが おそらくそうでしょう・・と思いたい。

お年玉をどう使うか 子どもたちの動きが気になります。
ゲーム機がもてはやされる前は 本の購入が1番だった気がします。
しかし近年 ゲーム機やソフトなどが人気です。
最近は家族で遊べるものもあるので 保護者も容認するのでしょうね。
家族で同じ時間を共有するのは ある意味良い事かもしれません。

3学期になったら 最初のオリエンテーションで
子どもたちに お年玉の行方について 質問してみようと思います。
さて 何人の子どもが 本の購入費に充てたのでしょうか?
楽しみです。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ



テーマ:出来事 - ジャンル:学校・教育


年賀状
今年もたくさんの年賀状が届きました。
その中には 学校の子どもからのも。

届くとすぐに お返事を書きます。
何人からかは毎年届くので 子供向けのデザインで
一応 下絵を作っておきます。
届いたら さっと印刷して 一言添え送ります。

しかし その中に 今年は なんと
校長先生からの年賀状が・・・。
今年新たにこられた校長先生。
しかも 新任とあって 何事にも気合の入った方です。
もちろん・・・ 送っていません。
歴代校長はくれませんでしたから。

・・・って 私のほうからお送りすべきもの?

すぐに 作りましたよ。
子供用のものでは あまりにも幼稚すぎるので
校長先生用に VIP待遇で作成しました(笑)
明日送ります。

仲良しの先生方との年賀状は
勤務先の学校が変わっても 毎年やりとりが続いています。
これからも繋がりは大切にしていこうと思います。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:出来事 - ジャンル:学校・教育


今年もよろしくお願いします
明けましておめでとうございます。

今年は年明け早々から 雪の予報になっています。
平地であるこのあたりも 
もしかしたら 朝になると積雪しているかもしれません。
昨日は山間部で少し積雪がありました。
平地からもその様子は伺い知ることができました。
山々の白さは 荘厳さを感じさせますね。
私が俳人であれば 一句詠めそうな 素晴らしい眺めです(笑)


皆々様にとって 幸多き年になりますよう お祈りいたします。
ご贔屓にしてくださっている皆さん
本年もよろしくお願いいたします。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ



テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。