小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ぞうのエルマー
ぞうのエルマー


「ぞうのエルマー」 デビッド・マッキー/作・絵 きたむらさとし/訳 BL出版

子どもたちは たいてい知っていますね。
今日も 絵本を見せただけで 即反応がありました。
カラフルな表紙は 子どもたちの目を奪い 興味をそそります。

ジャングルの奥に住む ぞうたちの中に 
1頭だけ パッチワーク柄のぞうがいました。
彼の名はエルマーでした。
エルマーは とてもひょうきんな性格で
いつもみんなを笑わせる 人気モノでしたが
そんなエルマーにも悩みがありました。
その悩みを解消するために あることを思いつくのです。

この「ぞうのエルマー」は 一度 絶版となり 復活したものです。
昔も今も変わらない 絶大な人気を得る絵本です。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ




スポンサーサイト

テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


嬉しい訪問者
重い重~い職員会議が終わった頃
ひょこっと顔を出したのは 3人の卒業生。
中2の男の子たちが 久しぶりに逢いにきてくれました。

小学時代 この3人には う~~~~んと手を焼きました(笑)
ずいぶん 世話もしたし 面倒もみました。
教室を飛び出しては 図書室で預かって 勉強させたり
担任と喧嘩しては飛び出してくる彼らの話を聞いたり
手もつけられないほど 大暴れして逃げ込んできたり
時には 私との喧嘩もあったり・・・。
そのたびに 彼らとちゃんと向き合ってきました。

担任じゃない・・それが彼らの息の抜ける居心地のよさだったのでしょう。

そんな3人に 毎日 振り回されていたのですが
こういう子ほど とてもかわいくてたまりませんね。

我慢している子より 吐き出せる子のほうが 本当はいいんだな・・と 
いつも感じさせてくれる子たちだっただけに
手を焼きながらも かわいがっていました。

当時 一緒に面倒を見ていた養護教諭は異動しいなくなりましたが
こうやって 逢いに来てくれると この嬉しさを一人でかみ締めるのは申し訳なくて
養護教諭に 3人と一緒に電話をかけてみたり 3人の写真を撮って送ってみたり・・。
もちろん 大喜びで お返事が返ってきました。
この養護教諭も 同じ想いで彼らに接してきたので
この子らの成長振りを喜んでいますから。

中2になり 図体もでかくなり 気持ちも大人に近づきつつありますが
当時の面影は残っているし 私の前では 本当の自分を出してくれました。
3人とは深い信頼関係があるので
多少のオーバーリアクションも 理解しあえることもあって 腹も立ちません。。

彼らも小学生時代とは違う目線だからというのもあるでしょうが
私に対しても 中学生らしい気遣いができるようになり
とても優しく接してくれました。
誰にも挨拶もせずにとんがっていた姿が当時はありましたが
そこはさすが中学生。
きちんと挨拶もできるようになっていました(笑)
当時のような とんがった姿はなく 本当に素直に・・。

だから かわいくて仕方ないのでしょう。
無邪気に戯れる姿に 
今日の重い職員会議のストレスを じゅうぶん発散させてもらいました(笑)

当時のやんちゃさには ほとほと手を焼きましたが
今の彼らの姿に とても頼もしく思えました。
学校で働くことは この瞬間が嬉しいから 頑張れるんだなぁと
改めて思いました。

子どもから 元気の素をもらっているんだ という気持ちを常に持ち
頑張らなきゃなぁ・・と思いました。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ








テーマ:出来事 - ジャンル:学校・教育


ブックコートを上手に貼るコツ
学校図書館司書の研修会でした。

研修の中に実習があり 
本日のテーマは ブックコート(製品名なので取扱業者により名称が異なります)
の貼り方と 本の閉じ方の実践でした。

ブックコート貼りは 司書として働き始めた当初から扱っているものだけに
上手下手というより 貼り慣れています。
まるで 週間のようなので 改めて「貼りましょう」となると
目線が気になり 無駄に緊張しますね(笑)

グループごとに実践だったのですが
私がいたグループは ほとんどが初心者だったので
不器用な私がお手本を見せることになりました。
いつものとおりに 淡々と貼りすすめたら
これまたいつもよりも早く上手に貼れて 拍手を戴き
 (///o///)ゞ テレモードでしたが
私のような不器用モノでもできることなので
みんな慣れれば 私よりも上手にこなせること 間違いありません(笑)

ブックコート貼りは いくつかのコツがあるので
それさえ掴めば 簡単な単純作業です。
ただ 貼りなおしがきかないので 慎重さが要求されますが。

慣れないうちは 空気が入らないようにするために
タオルや専用の定規など使うと 失敗が少ないようです。
また角部分を裁断する時は 上手に裁断すると
裁断した欠片は補修用として再利用することができるので
大事にカットしましょう。

絵本のブックカバーをつけたまま ブックコートを貼る場合は
ブックカバーに少し「遊び」の部分を残してカバーすると
表紙がつっぱりません。
一寸の余裕も無く貼り付けると 
かなり窮屈な様相になってしまいます。
表紙を垂直ではなく 45度くらいの傾斜で 
折り返し部分を貼り付けると 失敗が少ないですよ。

ある程度慣れてくると 指先が感を覚えてくれます。
何度も繰り返し 練習してみてください。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


子どもは一生親に守られて 成長するのか
子どものトラブルは日常茶飯事ですが 
子どものトラブルに親が介入してくることは 
毎年増加傾向にあります。

親は一生 わが子を守れるものでしょうか。
確かに 親が親である限り 子どもを守りますが
それは 限度をわきまえた上での守備であると思います。
しかし 子どもの社会性 自主性を育てる責任を思えば
親の介入する『限度』を見極め行動する必要があると考えます。

何でもかんでも親が介入していたら
子どもは育ちません。
嫌なことを排除してあげることが 
本当に子どものためになるのでしょうか。
陰湿ないじめは 絶対に許してはいけません。
そういう時は 親の力を初めとする 大人の力が必要になります。
しかし 子供同士のトラブルの解決は 本人同士でするものだと思います。
そうせずに 親が介入してばかりいると
いつ何時でも 親の意見を請い 
親の指示が無ければ 動けなくなります。

手が届きすぎると 子どもは甘えます。
多少の厳しさと大きな優しさを兼ね備えながら
バランスよく子どもと接し
子どもの力で 未来を切り開いていってほしいと願わんばかりです。


テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


クリスマスに絵本をプレゼントしよう♪
絵本 お勧めついでに(笑)

クリスマスに絵本のプレゼントはいかがですか?
通常のプレゼントに添えて
ありきたりなプレゼントに変えて
絵本を加えてみてはどうですか?

最近はコンパクトなタイプの絵本も出ています。
大きな絵本で慣れ親しんだ 
ねずみくんシリーズや にじいろのさかなシリーズ
エリックカールの「はらぺこあおむし」や「パパ、お月さまとって!」など
幾種類かあります。
また 最初から小さい ピーターラビットシリーズなどもあります。

子どもではありませんが
与えられてみるのも 与えるてみるのも 悪くはないと思いませんか?

選ぶのも楽しいし 読むのも楽しいと思います。

今年のクリスマス 絵本のプレゼントはいかがですか?

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


絵本は子どもだけのものではない
子どもたちの読書量は ここ数年で 飛躍的に伸びました。
子どもたちの心は 多少ナリと豊かになっているはずです。
ところで 大人は?
大人は読書で心を豊かにしていますか?

大人は 読書といえば 文庫本や単行本を読む人が多いと思います。
母親になると 子どもの成長に合わせ
絵本を読む機会も出てくることと思います。
子どもでもいなければ 絵本にはなかなか手が伸びないのも
当然のことですね。

幼い頃に絵本を読み 成長と共に徐々に絵本の世界から離れ
文庫本や単行本を読むことが当たり前となり 
それが大人の本だと いつのまにか 決め付けていて
絵本の世界のことなど すっかり抜け落ちてしまいます。
絵本コーナーで見かける大人は 母親らしき人しかいませんね。

文庫本や単行本には とても魅力があります。
そこには大人の世界があります。 没頭できる何かがあります。
しかし 心を豊かにしてくれる本が その中に何冊あるでしょうか。
全部が全部 心を豊かにしてくれるかというと そうでもありません。

ところが絵本はどうでしょう。
絵本は 100% 心を豊かにしてくれるものです。
絵本の世界は 無限です。
たった数十ページなのに 心に伝わるものがたくさん詰まっています。
たった数十行の文字の中に 心に深く残る何かがあります。

ギスギスした社会の中で生きている大人だからこそ
絵本の世界で 傷ついた心を癒して欲しい 
心に潤いを与えて欲しい そう思います。

絵本は子どもだけのものではありません。
大人も もっと 絵本と触れ合うべきです。
絵本から得るものはたくさんあります。

子どもの時に読んだ絵本に再び出会い
読み返してみたことがありますか。
絵本を読んで 幼い頃に感じたこと 思ったことが
大人になった今 再び絵本を読んで
幼い頃と同じようなことを 感じましたか。

絵本の奥深さを思うと
幼い頃に感じたことと 今 大人になって感じることは
少し受け止め方が違っているかも知れません。
その絵本に対する印象を 180度かえてしまうかもしれません。

絵本の奥ゆかしさは 子どもの時には あまりわかりません。
でも 大人になった今は 「本当の意味」を感じ取り
改めて その絵本の素晴らしさを知る事もあるのです。

絵本コーナーで 絵本を手に取ってみてください。
まずは 幼い頃に読んだ もしくは 読んでもらった絵本から
読んでみてはどうでしょう。
幼い頃の自分に逢えるのと同時に 
新たな視点で絵本と向き合えることでしょう。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


ポカポカホテル
ポカポカホテル

「ポカポカホテル」 松岡 節/作 いもとようこ/絵 ひかりのくに

今年の春 この絵本を手にし 冬になったら絶対読み聞かせしようと
温めに温めてきた絵本です。

最近は 気温もぐーっと下がり 暖かさを求めるようになりました。
この絵本を読み聞かせする朝も 冷え込みが厳しい朝でした。

たっちゃんが 縁側にあったスリッパを加えていくキツネを見かけます。
どこへいくのか 後を追っていくと・・・そこは ポカポカホテルでした。

色とりどりのスリッパが気にぶら下がり
たくさんの動物たちが スリッパの中で このホテルで冬篭りをしています。
そして たっちゃんの家のスリッパも ここにありました。


心までポカポカ温かくなるお話です。
いもとようこさんの挿絵がまた ほのぼのと感じさせてくれます。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ



テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


わたしはあなたをあいしています
わたしはあなたをあいしています


「わたしはあなたをあいしています」 宮西達也/作・絵 ポプラ社

このシリーズは 誰かを愛することの極意を教えてくれます。

言葉が通じる誰かよりも 言葉が通じなくても想いが伝わる誰かを
いとおしく大切に思う。
そのかけがえのない「愛」について 考えさせられます。

ティラノサウルスと3匹のホマロケファレが出会いますが言葉が通じません。
それでも 相手を思いやる気持ちは 少しずつ少しずつ
お互いの距離を縮めていくのでした。

途中 ティラノサウルスとホマロケファレのやりとりが面白く
子どもたちも大笑い。

とても素敵なお話で 
子どもたちも しっかり その「想い」を受け止めていました。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ




テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


考えることは・・・
冬休み貸出の計画を考えながら
来年3月の蔵書点検のことも同時進行で考えていたので
少しばかり 憂鬱モードです。

PCによるシステム管理であれば 悩むこともないのですが
なんてたって 手書き原簿のため 点検も主導。
人力の作業になるため 人手も日数も要します。
人手は 子ども以外ほとんど見込めないので
いかに効率よく 点検を進めるかが悩みの種。

数年前 その悩みを少しでも解消しようと
すべての原簿を エクセルに打ち込みました。
これは ずいぶん 処理能力の向上に繋がり
とても助かっています。

しかしながら 点検作業(登録番号を書き記す作業)は
とても大変で 人力を使いつつも 人それぞれの筆記文字に四苦八苦。
時には 暗号を解くかのように解読が難しいものもあり
時間を取ってしまうこともあります。
子どもの作業だから やはり見落としも 転記ミスも多く 再確認もしばしば。
それでも ないよりいいお手伝いなのです。

それぞれが転記した登録番号を 
PCで管理している原簿と照合していきます。
照合が済んだら ソートすれば 不明図書の抽出が
あっという間にできます。

9000冊弱の蔵書を 約10日程度で点検してしまいます。
もちろん これはお手伝いがいれば・・・の最短コースの場合です。
もし お手伝いが望めないとあれば 2週間は軽くかかるので
提案では 2週間と ちょっと長めに見積もっています。

予定よりも早く終わるのは 無条件で喜ばれますが
予定より長引くのは ブツブツ文句を言われないとも限りません。

故意にコントロールしているわけですが
このコントロールが 功をなしているのでしょう。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ



テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


ネタ探し キョロ(-"-;)(;-"-)キョロ
職朝で 冬休み貸出の提案を出し
異議も無くすんなりと通ったので さっそく図書館便り作成に入りました。

ところが 思ったほど ネタが見つかりません。
冬休みの貸出案内を書いただけで 手が止まってしまいました。
ついこないだ 読書週間にあたり 図書館便りを出したばかりなので
仕方ないといえば仕方ないのですが。

と 今 ブログを書きながら いくつかネタを思いつきました。
ここをメモ帳代わりにするのもなんですが・・

読書週間で作ったしおりを掲示したので
その写真を撮って 記事に起こしましょう。
それと 図書室内に貼っている 
読書感想画応募作品の掲示にも触れておくことにします。
どちらも 次の授業参観まで掲示して 親さんにもみてもらいましょう。
ということで その案内の文章も挿入。
今 2つのネタが見つかり ほっと一安心。

手書きに拘るので 時間もかかるのですが
PCではない 手書き文字から伝わる 温かさを大事に
これからも 無理をしない範囲で 
手書きの図書館便りに拘って 作っていこうと思います。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ



テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


そろそろ
早いもので 今学期もあと1ヶ月ほどとなりました。
そろそろ 冬休みの特別貸出についての提案をしなければなりません。

毎年のことなので 提案文書はPCの中に型があり
少し書き換えればOKです。

まずは提案をし 特に問題なく通れば
お知らせポスターを作り 掲示します。
また 図書館便りでのお知らせも欠かせません。

年末に向けてやることはいっぱいですが
年が明けると あっという間に蔵書点検の時期が・・。
毎年のことですが 憂鬱です。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


辛い季節が・・・
急激に寒くなりました。

昨日まで 日中20℃はあった気温が 本日は10℃しかありません。
寒さに凍え 肩に力が入り 少し肩こり気味です。

寒さ暑さ対策に遅れをなしているのが 学校現場です。
冷暖房機器の使用期間は きっちり決まっていて
11月である今月はまだ ストーブを使うことができません。
しかし 図書室はエアコンがあるので
かろうじて 暖房を こっそりつけることができます。
ですが エアコンでは 芯から温まるような温かさは望めません。

今の時代 冷暖房設備の整わない職場は
ほとんどないのではないでしょうか。
学校を管理する 教育委員会や教育事務所ですら
冷暖房設備は当たり前にあるはずですが
学校現場では その設備は整っていません。

ここ数年の暑さ寒さは やはり深刻なもので
いくら子どもでも 冷暖房設備の必要性を感じます。
暑さ寒さで 学習に集中できないようでは
学校教育も 本末転倒です。

子どもの体力づくりは とても大事だとは思いますが・・・。

なんとかならないものでしょうかねぇ。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


学習サポーターの立場に思う
小学校には学習サポーターがいる。
サポーターは4時間勤務。
主に算数につき 少人数指導の教員のサポートをする。

立ち位置は あくまでも サポートであり 教員ではない。
しかし元教員からサポーターになった人は
その職域を超えてしまうことが多々ある。
ついつい 教員時代と同じになってしまうのだと思うが
やはり そのハードルは越えてはならないと思う。

うちのサポーターを見ていると おかしいと思うことが多い。
担任との時間割調整を サポーターがやっている姿がある。
できない子どもに対しての見方が厳しい。

本来 できない子どもをサポートするのが 職務であると考えるが
できない子どものレベルが上がらないと 不満を連ねる。
それを聞いていると サポーターってなんだろう?と考えてしまう。

私もそうだけど サポーターにしても 指導助手にしても
自分の立ち位置は 常に頭の中に入れ 行動しなくてはならない。
リールやマナーという点では 超えても致し方ないが
授業についての口出しは できるだけ控えるべきだと。

子どもの生活や暮らしについてもそう。
担任を超えてはならない部分がある。
自分の立ち位置は 常に意識しておかなければいけないと思う。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:小学校 - ジャンル:学校・教育


小学生の携帯電話
小学生が携帯持つのも珍しくなくなりました。

今日の新聞記事で見かけましたが

中学生が 1ヶ月で 12万物通話料を請求されていたとか。

事実関係はまだはっきりしていないが

12万円分もの金額は 電話やメールくらいでは 到底届かない金額で

詳細はいまだはっきりしない状況。


一説には 携帯で動画コンテンツを視聴したり

着歌フルを頻繁に使用したりするしか 可能性はないが

それでも 12万は でかすぎるとのご意見。

しかし この問題は 子どもだけの問題ではありません。

与える側にも問題が じゅうぶんにあると思います。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ



テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


はなをくんくん
はなをくんくん

「はなをくんくん」 ルース・クラウス/作 マーク・シーモント/絵 木島 始/訳 福音館書店

冬眠中の動物たちが ある日突然 はなをくんくんさせます。

その匂いに誘われて クマさんや りすや 山ねずみなどの動物たちが

走っていきました。

彼らの行き着く先には・・・・。


C2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


自家発電
学校現場は 毎日何かが起こります。
すぐに解決できる問題もあれば
すぐには打つ手の無い問題もあります。

子どもの問題はとてもデリケートで
子どもを信用しない分ければないのですが
なかに 自分としてはめいいっぱいの嘘をつき
追い詰められると 嘘を重ね 行き詰まり
素直になろうとする頃には 友達が離れてしまいます。

絡めば絡むほど複雑で 絡んだものをほどくのは
本当に容易なことではありません。
当の本人ですら 当初の原因はなんだったのか
忘れてしまうくらいです。

しかし トラブルが続くと 担任の忍耐力が衰えてきます。
そして トラブルを解決するには 相当のエネルギーも必要です。
いい加減に係わっていると 子どもは気持ちを見抜いてしまうので
きっちり向き合わなければなりません。
簡単なように見えて 実はとても難しくデリケートな問題なのです。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:教師に求められる能力 - ジャンル:学校・教育


バスラの図書館員
今日は 2年生の担任が病欠のため
図書を入れてもらいました。
この学年の図書の時間の読み聞かせは
担任のご意向が強くて ご自分で読み聞かせをされるため
私はまったくのノータッチです。

子どもたちに読んで聞かせられないストレスがたまっていたし
週案も見当たらないということで ぜひに図書を・・とお願い(おねだり?)しました。

私も喜びましたが 子どもたちも いつもと違う読み手に大喜び。
お互いに 鬱憤晴らしをしようと 私目線で選書し 読み聞かせしました。

まずは 以前 他の学年に読み好評だった

にゃーご

『にゃーご』 宮西達也/作 すずき出版 を読みました。

予想通りの反応で 子どもたちは大喜び。
宮西ワールドが 心にじーんとしみ 
子どもたちは ネコの『たま』と 3匹のねずみたちの
優しい気持ちを しっかり感じ取っていました。


続いて

バスラの図書館員

『バスラの図書館員 イラクで本当にあった話』
ジャネット・ウィンター/絵・文 長田弘/訳  晶文社 
を 読み聞かせしました。
 
今も戦争が続くイラクの都市『バスラ』で図書館員をするアリアさん。
彼女が 図書館の3万冊の本を 
戦争から一人で守ろうとする その姿に胸を打たれます。
本を運び出した図書館は 残念ながら 炎に包まれてしまいますが
それでも アリアさんが必死に守っている3万冊の本は
戦争が終わり 図書館が再建されることを願いながら
彼女の元で その日をじっと待っています。

2年生にはちょっと難しかったかなぁ。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ



テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


終わった
学校訪問が終わりました。

とても慌しい1日で 授業者ではない私たちは
自分の仕事はそっちのけで お茶出しに大忙しでした。

ところで 学校訪問のその日に
授業者である教員が 病気休暇を取るという
不即時の体が起こりました。
10年以上この仕事をやっていますが
病気とはいえ 学校訪問当日をぶっちぎる教員は前代未聞です。
いろいろとある方だけに 驚きよりも呆れました。
明日 どの面下げて出勤してくるのでしょう。
ぶっちぎるよりももっと勇気が要るような・・・。

しかしながら 教員もたまには 評価され 己を戒め
自己研鑽に励んでもらいたいものです。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:出来事 - ジャンル:学校・教育


学校訪問
本日 事務所のお偉いさんが来られる学校訪問です。

こういうときは 普段の姿を見せるべきチャンスだと思うのですが
なぜか この日のために取り繕うのが当たり前のようです。
普段の姿を見せられないのならば 学校訪問なんて無意味だと思うのですが。
しかも こういうときは たいてい 図書室が控え室になります。
そうなると 子どもたちは 普段どおりの使用ができないどころか使用禁止です。

本来 子どものための学校であるはずなのに
学校訪問だからといって 利用を制限されるのはどうかと思います。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ






テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


ふゆめがっしょうだん
ふゆめがっしょうだん


「ふゆめがっしょうだん」 長 新太/作 冨成忠夫・茂木透/絵・写真 福音館書店

木の芽が 顔のように見えるとは 思っていませんでした。
子どもたちは そんな写真がいっぱいつまった この本をみて びっくり☆

どの木の芽も 顔に見えちゃうんです。

都会では 木の芽を見つけるのはなかなか難しいでしょうが
山に行く機会があればぜひ 木の芽に焦点をあてて
子どもたちと 探してみるのも楽しいですね。

子どもたちは ノリノリでしたよw 
「木の芽探し」 きっと喜ぶと思います。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ



テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


おだんごぱん
おだんごぱん

「おだんごぱん」 ロシア民話 瀬田貞二/訳 脇田和/画   福音館書店

おじいさんが おばあさんに お団子パンを作って欲しいとお願いします。
しかし 肝心の小麦粉がありません。
おばあさんは仕方なく 粉箱のひっかいて集めた粉でパンを焼き
窓の下において冷やしておきました。
ところが パンは突然転がりだし 家から飛び出してしまいます。

最初に出会ったウサギさんには 「おまえなんかにつかまるかい」と
歌を歌って逃げ出しました。

最後に出会うのは賢いキツネさん。
さて おだんごぱんは 無事に逃れることができるのでしょうか。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ

テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


ステラのえほんさがし
ステラのえほんさがし


「ステラのえほんさがし」  エルンスト,リサ・キャンベル/作 藤原 宏之/訳 童心社

ある日ステラは 図書館の本をなくしてしまいます。
所在を知っていそうな人に尋ねると 
絵本はどうやら いろんな人の手に渡っている様子。
と 絵本の大捜索が始まった。
さてさて どうなることやら。

ところで ステラというと『光村教育図書』の 
メアリー=ルイーズ・ゲイが書いた ステラシリーズが頭に浮かびますが 
この絵本はまったく関係ありません。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


石をとらえたお役人
石をとらえたお役人


「石をとらえたお役人」 
チャ・ミジョン/文 ハン・チャンス/絵 かみや にじ/訳 少年写真新聞社

韓国のお話です。
最初に 巻末にある「ハングル文字」の頁を見せ
この本は 韓国の絵本を 日本語に訳したものであることを話しました。
なぜなら 彼らが 自分でこの絵本を開き
巻末のハングル語の解説を見たときに 逆の発想をしてしまうと思ったからです。
つまり 日本の絵本を韓国語に訳したと・・。

作者などの情報をしっかり見れば 一目瞭然なのですが
子どもたちにはその習慣はほとんどありませんし
例え見たとしても そこまで深く理解することなく
なぞり読みをする程度でしかないと思うからです。
少年写真新聞社からは この絵本のほかにも
韓国のお話を日本語に訳し出版されています。

どのお話を読んでも感じることですが
韓国の絵本は 何気に「賢い」要素が含まれています。
その理由は 絵本の言わんとするところが 
一度読んだだけでは難しすぎて伝わりにくいからです。

大人がそうですから 子どもにも伝わりにくいので
読み聞かせ後の子どもたちの様子をみて お話のおさらいをします。
おさらいをしているうちに 「あ~」と言い出す子どももいますが
多くは やはりわかりにくいらしく 反応がイマイチです。
高学年向きの絵本なのかなぁ・・と思いました。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ



テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


せわしい
本日は 雨ということもありましたが
別の理由もあり 図書室は いつも以上の人のいりで ごったがえしていました。

というのも 今日から6年生が1泊2日の修学旅行で
養護教諭も同行しているので 普段 保健室に通う子どもたちが
図書室に流れ込んだのです。

普段は 保健室と図書室と 休み時間 子どもたちは俳諧します。
しかし 保健室は 体調の不良や怪我などなければ
理由なくして行くことは なかなか難しいのですが
図書室は 特段理由もなく行けるので なだれ込んできます。

養護教諭が留守の今日は 体調の不良を訴える子どもまでもが
図書室に来て 私に訴えます。
そのたびに
「ここは本の修理道具はあるけど 人間の修理道具はないんだよね」とか
「ここは本の修理はできても 人間の修理はできないんだよね」と言います。

本当に不調のある子は こう言っても 笑ってはくれませんが
本当は別の理由で来る子は たいていここで笑顔が見られます。
それが 病気かどうかの 私の判断材料でありますがw

いずれにせよ 今や 保健室や図書室は
本来の機能よりも 別の意味で 必要とされる場所になりつつあります。
様々な悩みや想いを抱える子を見抜き
担任との密に連絡を取りながら 
側面からでも 子どもの気持ちを受け止めていけたらな・・と思います。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


格闘 この時期が来た!
来年度の予算を申請する時期がきました。
数字と格闘するこの時期は 正直うんざりですが
子どもたちが読みたいと思う本を1冊でも多く買いたくて
少しでも予算をたくさん獲得できるように
嫌いな数字と睨めっこしています。

どのような数字を並べ また どのような巧みな言葉の並べ
1円でも多くの予算をつけてもらいたいと願いながら
あ~でもない こ~でもないと 悩んでいます。

今日のところは 図書購入費についての予算書を仕上げました。
明日は 備品や消耗品についての予算書を作ります。

ところで 予算ですが 要求額が通ったことは
これまで1度もありません。
通らないものだというのは常識ですが
昨年度よりも1円でも多くつけば 
反映されたことになるんだと 勝手に解釈しています。
それでも 伸び幅は 毎年2万円程度と ほんとに微々たるものですが・・。

学校図書館の充実に・・と 図書のためにも地方交付税が降りてきていますが
なんせ 地方交付税のこと うやむやにされているのがいただけません。
国もそうですが 自治体も
 「地方交付税の○%を 図書充実費に配当します」
くらいの配慮があるといいのにな・・と思います。
何かに含めてしまえば 他のものに消えていても 
誰も真偽を確かめたりはしませんから
明白な税金の配当をしてもらいたいものです。

さて 明日も 予算書作りに頑張ります。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ



テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


公共図書館との連携
みなさんの自治体では 公共図書館と学校図書館の連携はできていますか?
学校図書館の核となる働きをしていますか?
前にも書きましたが 私のところでは 連携ができていません。
こちらから 働きかけても 図書館側にその気が無いようです。

どこの市町村でも 公共図書館と学校図書館が集まっての会合が行われ
学校図書館の要望や意見を吸い上げ 
流れとして 公共図書館はバックアップをしていく体制が敷かれていきます。

それがなぜ必要かというと
学校図書館の予算では 子どもたちの必要とすべき図書のすべてを
まかなうことができないからです。
公共図書館は単独で予算がもらえます。
その額も 学校図書館は到底及ばないものです。
学校図書館では 事足りない部分を補ってくれる立場にあるのが
公共図書館であると思うのです。

再三 その要求をしてきましたが
公共図書館もまだ新しいために 自館の蔵書を増やすことが第一で
蛾図少ない蔵書を 学校が大量に貸出をすれば 
蔵書なくしては図書館が機能しないので 協力はできないと。
すなわち 団体貸出はお断わりしたいと言われました。

まあ 図書館の言い分もわかりますが
学校が借りていく図書は特殊で(調べ学習関連)
一般の方とかぶることは ほとんどないと思われるのですが・・。

とにもかくにも 蔵書数が足りないからとか
団体貸出ができないとか そういうことよりも
まずは 地盤を固めるべく 
公共図書館と学校図書館が繋がる必要があると思います。

公共図書館にいけない子どもたちのために
移動図書館で廻るとか
定期的な学校貸出をするとか
図書館側も 自分たちにできることを考えてもらいたいものです。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ



テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


『リトルバンパイア』と『ちびっこ吸血鬼』
リトルバンパイア

派手なイラストで人気の『リトルバンパイア』シリーズ。
(アンゲラ・ゾンマー・ボーデンブルク/作 川西芙沙/訳 ひらいたかこ/絵 くもん出版)
今とっても人気なのですが 
人気なゆえに 常に貸出中で なかなか本棚に戻ってきません。
今日はある!と思っていると 次の休み時間には 瞬く間に借りられています。
そんな子たちのために とっておきの秘策を教えるのですが・・・

その秘策とは これです。
『ちびっこ吸血鬼シリーズ』

ちびっこ吸血鬼

( ‥) ン? 子どもたちも怪訝な顔をします。
が しかし この本は タイトルこそ違えど 『リトルバンパイア』そのものなのです。
ほらっ イラストだって同じでしょ?
作者だって アンゲラ・ゾンマー・ボーデンブルグさんだし 訳者も川西芙沙さんだし
絵だって ひらいたかこ さんですよ!

しかし 現在は発売されていません。
当然と言えば当然ですね。
『リトルバンパイア』として タイトルは生まれ変わり
新たに出版されているわけですから。
ちなみにサブタイトルも シンプルに変わっています。

おそらく書店では姿を消しているでしょうが
公共図書館や学校図書館ではまだお目にかかれるかもしれません。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


ありのままの姿
教育事務所の学校訪問を来週に控え
管理職はバタバタする毎日。
それはそう。
普段の姿を ありのまま 見せようとしないから。
学校訪問用に 取り繕ったとしても
それは 大人の浅はかさで 子どもには何も見につかない。

ありのままの姿を見せることで
注意や指摘を受け それを真摯に受け止め
何がいけなかったのか どう改善していけばいいのか
子どもと共に考え 深め 気づかせるべきではないのか。

学校は 教育事務所のためにあるわけではない。
学校訪問のためにあるわけでもない。
学校は 子どもたちのためにあるのだから
学校訪問のためではなく 
いつもどおり 子どもたち主導でやるべきだと思う。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ

テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


これはのみのぴこ
これはのみのぴこ


「これはのみのぴこ」 谷川俊太郎/作 和田誠/絵 サンリード

1年生の先生からのリクエストで読み聞かせしました。
教科書(光村図書出版)に出てくる本です。
この絵本はとても人気がありますね。
なんといっても 展開が面白い。

私は読み聞かせする際に 子どもたちにこう言います。
「最後にクイズをするので しっかり聞いて覚えててくださいね」と。

クイズという言葉に 子どもたちの反応は抜群。
耳の傾け方も いつもと違います。
また どんどん増え続ける登場人物が 
次は何がくるのかと 興味をそそられるようです。

さて クイズですが
このお話に出てきた人物を答えてもらいます。
しかし 誰が出てきたという 単純なものではありません。
どんな誰が出てきたのか を答えます。
これって なかなかむ図化しそうですが
お話の展開さえ頭に入っていれば
物語をイメージすることで どんどん頭に浮かんできます。

暗記の方法と同じです。
覚えることをイメージすることは 印象に強く残ります。
絵本全文を すぐに覚えてしまう子もいます。
流れがわかっていると 覚えるのに苦労しないみたいです。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


読書活動推進研究発表会
出張です。
国・県指定の読書活動推進事業の研究発表会に行きます。
午前中は 小学校と中学校に分かれ行われ
午後から分科会と全体会が行われます。

毎年この時期の研究発表会は 寒空の下
凍えながら各教室の授業の様子を見て廻るのですが
まだ 日中26度くらいあるので 
今回は寒さに苦しむことはないようです。

午前中2時間の授業を見ることにしています。
小学校と近くの保育園の合同授業が楽しみです。
推測するに 小学生の子どもたちが 保育園児に
絵本の読み聞かせをするのではないかと思われます。
きっと 素敵な光景だと思い 今からワクワクしています。

発表会の様子は 明日また書くことにしますね。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。