小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


けちんぼおおかみ
けちんぼおおかみ


「けちんぼおおかみ」 神沢 利子/文 赤木 末吉/絵 偕成社

海辺でくじらの肉を見つけたおおかみどんが
なんとか家に持ち帰りたいと思い 
口にくわえられるだけを持ち帰ります。
その帰り道 2人の子どもに遭遇します。
その子どもは兄弟で おおかみどんが加えている肉を
わけてほしいとせがみます。
しかし おおかみどんは お断わりをします。
兄弟はおおかみどんに対し 捨て台詞を吐きますが
それでも おおかみどんはしらんぷり。
そして その後 おおかみどんに ある出来事が降りかかってきます。

日本の昔話です。
「1年生には昔話をいっぱい聞かせてあげたい」という
1年生の担任の要望にこたえて 毎週 昔話を読み聞かせしています。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ


スポンサーサイト

テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


マーリャンとまほうのふで
3年の国語は今「さんねん峠」を学習しています。

さんねん峠は 韓国・朝鮮のお話です。

まずは 子どもたちに「さんねん峠」の絵本を紹介します。

そして 本当は 韓国・朝鮮のお話を読みたいところ。

ところが 彼らが2年の時に 

「うさぎのさいばん」「あまのじゃくなかえる」を読み聞かせ。

同じ本を繰り返しても 喜ばないので

韓国・朝鮮の昔話 → 日本以外の国 → 中国 と きて

そこで「マーリヤンとまほうのふで」

ホン・シュンタオ、若菜 珪/作 君島 久子/訳 (偕成社)を選んだ。(画像がなくてごめんなさい)

絵のうまいマーリャンが 魔法の筆を手に入れ・・。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ




テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


海をかえして!
今月は 環境月間と食育月間でしたね。

環境月間にちなんだ絵本がいろいろあります。
中でもお勧めは 葉祥明の環境ファンタジー絵本の三部作
「森が海をつくる」「空気はだれのもの?」「ジェイクと海のなかまたち」。(自由國民社)

来年度 これらの絵本を使い
環境委員会と図書委員会の子どもたちのコラボレーションで
朗読劇を作ってみたいと思っています。
環境にまつわるメッセージをジェイクにのせて
子どもたちに伝えたいなぁ・・と考えています。

今日お勧めするのは 読み聞かせした「海をかえして!」です。

海をかえして!


丘 修三・長野 ヒデ子/作 童心社

これは実際に諫早湾で行われた干拓事業により
一番の被害を被った むつごろうをはじめとした海の生き物たちの
命の叫びを絵本にしたものです。

干拓事業が自然環境にどう影響を与えたか
そして そこに住む生物たちはどんな思いだったのでしょう。
「にんげんは そんないじわるはしない」
むつごろうたちは信じていたのに・・・。


このほかにも 諫早湾の干拓事業によって被害を被った
そこに住む生き物たちについて書かれた絵本があります。

むったんの海


「むったんの海」 寺田志桜里/文・絵 くもん出版

こちらは 小学生の視点で書かれた絵本です。
寺田さんは当時小学生。
中学生になった彼女は「平和のたからもの 大きく育て、被爆くすの木の子どもたち!」(くもん出版) という 長崎原爆の際に被害にあったくすの木のことを書いた本も出版しています。


紹介がダラダラと長くなりましたが 
うまくまとめると ブックトークができそうですねw


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ




テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


部活動人事ってあるらしい
部活動担当の先生は『出世街道』まっしぐらと良く聞く。
ボランティアで部活動を担当した恩恵?
そう思わなくも無い。
見返りがあるから 引き受けている人もいるのかとさえ思う。

ところで 部活動人事があるという噂。
これは あながち 嘘ではないらしい。

吹奏楽担当の先生が異動となると 
その異動元の学校へは 吹奏楽を担当できる教師が転勤してくる。
バスケでも バレーでも然り。

やっぱりあるのか・・・ 部活動人事。

吹奏楽となれば 高価な楽器も必要なわけで
高価な楽器だからこそ 先生の異動で廃部になっては 宝の持ち腐れ。

部活動人事は やっぱり存在するな。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ



テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


購入本の受入に大忙し!!
椅子の周囲にダンボールを積み上げ ひたすら装丁に励む今日この頃。
すでに6箱積まれているダンボールの中には 
購入本が300冊近くあります。
まだ未到着分が1箱あるので 今回の購入は6箱となりますが。
うち 3箱は装丁を終え 請求書が到着したら 
事務手続きを経て登録します。

すでに 請求書が処理された分が3箱あり
これだけは 夏休みに貸出間に合わせたいので
大急ぎで装丁こなしてます。

登録がシステムだったら どんなにラクだろう 
どんなに早かろうって 考えます。
手書きだと 1日の仕事量にも限界があります。
1日終わってみると 結構進んでいるようで進んでいない。

でも 子どもたちの喜ぶ顔が見たいから・・・頑張ります。
絶対に間に合わせます!

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


手腕
図書の購入計画を立てる時のこと。

様々な本を吟味するのですが 
本を手に取り または カタログを見ながら
目を閉じると この本を読んでくれそうな子どもの顔が浮かびます。
顔が浮かんだら 一応 購入リストに入れておきます。

もちろん その逆もあります。
誰も浮かんでこなかったら その本にランクをつけ
ランク別のリストに入れておきます。

予算が厳しい中で本を購入するためには
やはり無駄な買い物はしたくありません。
読む子どもがいて 本の利用価値は上がります。
良い本だからと 本棚に並べるだけでは
タンスの肥やし同様 場所ばかり取って・・・になってしまいます。

でも 誰の顔も浮かばなくても 
これはどうしても外せない本というのもあります。
そういう場合は いかにこの本を読ませるか の戦略を考えます。

①読み聞かせに利用する
②POPをつけて目立つよう展示する
③図書館便りで紹介する

絵本であれば 読み聞かせに利用するのが一番良い方法です。
絵本以外の時は 読み聞かせの後やオリエンテーションを利用して
紹介することもあります。

②は司書としての腕の見せ所です(笑)
すなわち子どもたちとの駆け引きですから。
いかに子どもの視線をひきつけるか 手に取らせるか
一種の経営戦略と似ているかもしれませんね(笑)


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


夏休みに開館したい!
夏休みは私たちの勤務がないので 
夏休み期間中の図書の貸出はありません。

これだけ国を挙げて読書活動の推進しているというのに
私たちの出勤が保障されていないので 
子どもたちへの啓発もできません。

夏休みに入る直前に 一度に大量の図書を貸出をすれば
夏休み期間中の開館は必要ないのでしょうか?

たくさん借りていても 読まなければ意味がありません。
また 一度にたくさん借りれば 読書の好きな子は
夏休み前 もしくは夏休み数日で すべての本を読んでしまいます。
大量の図書貸出は 気休めでしかないのです。

夏休みの開館は 絶対に必要です。

無論 私たち司書の出勤が保障されなくても
図書室を開館することは可能です。
ですが 自分の仕事の片手間に
普段図書室に居ない先生が 図書室にいても
子どもの貸し借りにかかりきりになることはできないし
図書のお勧めができるわけでもないし
「ただここにいるだけの人」になり兼ねません。

司書がいて 図書室が機能するのです。
子どもたちは ただ本を借りにくるだけではなく 
触れ合いも求めてきます。

臨採の教員と同じに 学校司書の通年雇用も確立して下さい。
子どもたちのために国を挙げて 推進してもらえないものでしょうか?
私たちの願いは 子どもたちの願いでもあるのです。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ



テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


どっさり
先日ブックフェアで購入できなかった本で
どうしても欲しいと思っていたものを
別のご贔屓書店さんに注文していました。

その図書が今日届きました。
ダンボール3箱です。

この業者さんは 納品と同時に 
納品・請求・見積書と合見積を持ってきて下さるので
伝票の処理がとても早くすみます。
図書の受入は 伝票の決済は下りてからでなければできません。
なので 検本・装丁を先に済ませ
伝票が無事通ったらすぐに登録し貸出できるよう
準備を整えておきます。
納品と同時に書類を持ってきていただくと
決済を待たずに おおよその日時で
先に受入ることができるので スムーズに貸出にまわせます。

子どもたちはとても楽しみにしているので
夏休みの貸出には間に合わせ 子どもたちの喜ぶ顔が見たいと
大急ぎで作業をするので てんてこ舞いです。

月曜から少し根詰めて作業です。
新しい本の香りに癒されながら 作業をすすめていきます。

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


すずのへいたい
すずのへいたい


「すずのへいたい」
H.C.アンデルセン/作 竹下文子/文 西巻茅子/絵 岩崎書店

アンデルセンのお話の中でも 有名な部類に入るでしょうか。
ストーリーは語るまでもありませんね。

今の子どもたちは 意外と知らないんですよね。
お話は面白いので 子どもたちは食い入るように見ますが
いつものように「その本借りたい!」という声は
聞くことができませんでした。

私の語りがいまいちだったのか 
今の子どもたちには魅力がないのか・・・。

これもある意味 素敵なラブストーリーなんですけどね(笑)
アンデルセンの伝記は人気があるのになぁ・・・。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


誰のために元の場所に戻すのか・・・
箱入り息子&娘ばかりの2年生のある学級は
自由に図書を借りることができず 
担任が目を光らせて 子どもたちの借りる本に制限を与えています。

本好きな子どもを育てるために それはどうかな・・?と思うのですが
この先生にも方針があってのことだと勝手に解釈し 
口を挟まないようにしています。

ですので この学級の子どもたちの図書室の使い方は
いつまでも上手になりません。
やがて1年生に追い越されるのも時間の問題でしょう。

その学級の図書の時間に 閉口する事件が起こりました。

子どもたちに自由に読書をさせたあと
さて これからお片づけに入るという その時でした。

担任いわく
「さて これから 読んでいた本を元の場所に戻す練習をします」

( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・


次に出てきた言葉に 私は驚愕しました。


○○先生(私)が困るでしょ~ 

本は元あった場所にきちんと戻しなさい




(; ̄ー ̄)...ン?

エェッ!?(* □ )~~~~~~~~ ゜ ゜


そうなのか? それでいいのか?

私のため? 私が困るから? (・_・o)ン? (o・_・)ン? (o・_・o)ン?


(-_-;ウーン 違う、違うっしょ。
それは絶対違うっしょ。

そんな指導の仕方はないっしょ。
絶対間違ってるぅ~~!!ンモォー!! o(*≧д≦)o″))


正しくは・・・

みんな(読みたい人)が困るでしょ~

 本は元あった場所にきちんと戻しなさい



だと思うけど・・・。


前者の言い草だと これから先 子どもたちは 
私のために毎回本並べをする と誤解してしまいます。

困ったものです。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ




テーマ:出来事 - ジャンル:学校・教育


読み聞かせボランティアさん
本日 ここにおいでくださったSaboさんが
小学校の読み聞かせのボランティアさんをなさっているとお聞きし
本校のボランティアさんの活動を紹介してないことに気づきました。
さっそくこれからご紹介したいと思います。

メンバーは 本校の保護者、卒業生の保護者、
公共図書館の司書さんで構成されています。
メンバーの中に 公共図書館の司書さんがいらっしゃることは
保護者のみなさんにとって「縁の下の力持ち」心強いようです。

また ほとんどの方がお仕事をされていて 
お忙しい中にもかかわらず 子どもたちのために 
貴重な時間を割いてくださっています。大変ありがたいです。

活動は 週に1回 職員朝会の時間中の15分間を使い
各学年1冊~3冊程度の絵本の読み聞かせをして下さいます。

その間 担任はいません。
担任の居ない教室では 担任の予想もつかないことも 
たびたび起こっているようで 
読み聞かせ記録を見て初めて知ることもあります。
ボランティアの方々の温かい眼差しは潤滑油です。

読み聞かせの記録は 学年ごとに準備されたノートに
綴られておられます。
ノートには 絵本の名前・作者・担当者・感想などが
書き留められています。
この記録は 担任のいない教室の様子や
子どもの様子を知ることができる貴重な資料ですので
時折コピーを戴き 担任の指導の参考します。

話が逸れましたが・・・
毎週の読み聞かせのほかに 
1年に1度だけ 各学年ごとに1時間たっぷり使う
「お楽しみ読み聞かせ会」を開いていただいています。
通常の絵本の読み聞かせはもちろん
パネルシアター、ペープサート、大型絵本、指遊び、
読み語りなど 数々の工夫を凝らし 
楽しい時間を計画していただいています。
毎年 子どもたちに大好評です。

たくさんの引き出しをお持ちのボランティアの皆さん。
日々お忙しいと思いますが 
個人プレイではない パネルシアターやペープサートなど
きっと何度も練習されていると思うのですが
いったいいつ集まって練習されているのでしょうか?

子どもたちのためとはいえ 本当に頭の下がる思いです。

子どもたちは お話し会で たっぷりお話を聞かせてもらい大喜び。
また いつもは味わえない ワクワク感たっぷりの演出に食い入り
話し声ひとつも出ないくらい 集中して聞いています。

私自身も とても貴重な学びの場で
ボランティアの皆さんの語りを勉強させていただいて
自身の読み聞かせに活かしています。

読書活動を推進するため その一端を 
ボランティアの皆さんに担っていただいて 大変嬉しい限りです。
これからも 子どもたちのために よろしくお願いします。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:読書ボランティア - ジャンル:学校・教育


なくてはならないもの
カード


仕事をする上でなくてはならないものです。

ハサミは「ブッカーのはさみ」。
確か2千円くらいしたような記憶があります。
このハサミを触らない日はありません。
ちなみに・・・これは備品ではなく私物です(笑)

ブッカー(ブックコート)を裁断するのに適したハサミです。
ブッカーの糊は特殊でとても強力です。
普通のハサミでは なかなか切り進めることができずイライラしますがこのハサミはサクサクと切れるので全くストレスを感じません。

ハサミと同様 毎日お世話になっているのがペン。
ペンも毎日使いますが このペンじゃないとペンじゃないと思えるほど
使い勝手の良い水性ペンです。
三菱鉛筆の「ユニボールシグノ」の極細です。

とても滑らかに字が書け 
下手な字も上手に見せてくれる魔法のペンです。
リフィルがあるので外側は何度も使え 
環境に優しい仕様になっています。
まだ このペンの右にでるペンとは出会っていないので
私の中では 最上級のお気に入りになっています。
ちなみに これは備品です(笑)


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


あまがえる先生 ミドリ池きゅうしゅつ大さくせん
あまがえる先生 ミドリ池きゅうしゅつ大さくせん


「あまがえる先生 ミドリ池きゅうしゅつ大さくせん」
松岡達英/作 旺文社

ただの絵本かと思ったら 環境問題を取り上げた絵本でした。
侮ること無かれ。

あまがえるの里は とても自然の多いところ。
ところが 地震や日照りで 池の水がなくなります。
池にすむ生き物たちは危険にさらされますが
あまがえる先生は そんな彼らを救出するために立ち上がります。
「まってて。かならずたすけてあげるから」。

他に「あまがえる先生 まよなかびっくりコンサート」
というシリーズがあります。
こちらも 自然を大事にするためのお話になっています。

環境月間の今月 
啓発の意味もこめての読み聞かせに良いかもしれませんね。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ








テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


ポッチャーン!
ポッチャーン!


「ポッチャーン!」
フィリップ・コランタン/作・絵 ふしみみさを/訳 朔北社

この絵本はまず 本の形状に注目です。
ご覧の通り 横に開かず 縦に開いていく絵本です。
どこをめくっても 2ページダイナミックに使い
お話が進んでいくのです。
昨日のヒギンスさんに匹敵するユーモアを兼ね備えています。


おなかをすかせたオオカミが ふと覗いた井戸の中に
大好物のチーズを見つけます。
チーズ欲しさに井戸の中に身を乗り出し 
もう少しもう少しと更に身を乗り出したところで
井戸に落っこちてしまいます。
落ちてみると チーズだと思っていたものが
水面に映る月とわかります。
ところが 困ったことに 井戸の中から出ることができません。
そこへ ブタがやってきて 
これ幸いとブタを騙し井戸から脱出します。
次に困ったのはブタ。さて どうしたものか・・・。

あとにまたこのオオカミは出てくることになるのですが
賢いのか賢くないのか・・・。

最後には思わず「ぷっ」(笑)


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


ヒギンスさんととけい
ヒギンスさんととけい


「ヒギンスさんととけい」
バット・ハッチンス/作・絵 たなかのぶひこ/訳 ほるぷ出版

約30年前に書かれた すでに絶版になっていた絵本ですが 
昨年復刻され また手にすることができました。

とてもユーモラスなお話で 今の時代でも十分楽しめるものです。
読みながら ぷっと吹き出してしまうくらい コミカルですし。

ヒギンスさんは 3階の屋根裏部屋で時計を見つけますが
この時計の時刻が合っているのかわからないので
別の時計を買ってきて 2階の寝室に置きました。
台所の時計の時刻を見て 屋根裏部屋の時計を見に行くのですが
時刻が違っています。
なので またもう1つ時計を買ってきて 
今度は1階の台所に置き 時刻を確かめ 
3階の屋根裏部屋の時計を見ます。
が また時間があっていません。次に2階の寝室に。
これまた 時刻が合っていません。

どうしたものでしょう。

ヒギンスさんは また時計屋にかけこみます。そして・・・。

笑っちゃいます。
誰もが気づく 単純なミスなのですけどね(笑)
なんか いいんですよね、それが。
ヒギンスさんの人柄まで読み手に伝わってきます。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


待つといったら ちゃんと待とうよ
せっかちな先生がいます。

2年生の学級図書の時間 貸出手続きを全員すませて

いざ教室に戻ろうとしたら 1人の男児が手続きを終えていないことに気づきました。

先生は「○○くん 手続きまだ終わってなかったのね。終わるまで待ってるからね」

せっかちの先生がめずらしく「待つ」という。

いつもなら「早くしなさい」とか「まだ出来てないとね」という先生が

めずらしいこともあるんだな・・と思っていたら

約1分後

「まだ終わってないと? 早くしなさい!」と怒りました。

別所にいた私は 耳に入ってきたこのやりとりに 思わず「ぷっ」。


待つって言ったじゃ~~ん、待つって。


きっと その男児だって 心の中でそう思ってるはず。

やはり この先生に余裕など ありませんでした。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


無意識に・・・
装丁作業をやっている最中 購入本の第2弾が届きました。

ダンボールはこれで3箱となり 届いていないのはあと1箱。

検本をしていると これから続く受入作業の大変さが 

ずしっとのしかかる。


絵本の受入をしていた今日 

ブックカードを作っているときに事件発生!!


カード



思わぬことが起こりました。

「ぴくにっく」の「ぴ」の半濁音が

なんとになってしまいました。

でも・・・かわいいから そのままでいいかな?(笑)


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


購入本届きました
先週のブックフェアでの購入本が入ったダンボールが1箱届きました。

取引先の書店の伝票処理が済んだものから納品されるので 

あと2,3箱はあると思います。

今回は絵本が多く さして嵩張らないので 

全部で4箱くらいだと思っていますが
 
冊数にしてみれば結構な数あるはずです。


給食前に届いたので 午後から検本をしました。

伝票とのつきあわせです。

伝票とのつきあわせが終われば 

請求書の処理が済むまでしばらく時間があります。

請求書の処理が終わらなければ 受入日が確定しないので

それまでに 先に装丁を終わらせておきます。


ここ数年は あらゆる図書に 

ブックコートを貼りつけるのが主流になっています。

汚れを防ぐだけでなく 多少の水分もシャットアウトしてくれます。

汚れたにしても 専用の洗浄液でさっと拭くだけで

あっという間にきれいになります。

まさにテレショップ並みの凄さです(笑)


ブックコートを貼るところまで済ませておけば

請求書処理が終わるの待って すぐに登録作業に取り掛かります。

コンピュータ処理になれば 台帳処理もあっという間に終わるのですが

いまだかって まだ手書き処理の自治体なので

これまた時間がかかります。


夏休みの貸し出しに間に合うのか 不安です。

新しい本を待っている子どもたちの顔を見ると心が痛みます。


明日からしばらく多忙な日々が続きます。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


猫を拾いました
図書室の前に 鶏小屋があります。

先日 鶏小屋にいた鶏がすべて成仏しました。

おそらく 寿命だったのでは・・とのことですが

真相はわかりません。

ちなみに 子どもたちの間では 

「鳥インフルエンザで死んだ」と 瞬く間に噂に・・・

噂ってこうやって広まるんだねぇ。

もちろん 鳥インフルエンザではありませんんでしたが・・・。


前置きが長くなりましたが 

先日 図書室前から 子猫の鳴き声が・・・。

どうやら小屋の近くです。

仕事そっちのけで探してみましたが

鳴き声はやみ 姿はまったくみえません。

その場を離れると やっぱり鳴き声が聞こえます。

もう一度 鶏小屋を見渡してみると

入り口のすぐそばの ベニヤの下の隙間に隠れていました。

教頭先生が 救出活動をしてくださり

鶏小屋から 2匹の命が助かりました。

生後1ヶ月半くらいの子猫ちゃんです。

とても元気が良いのですが おなかをすかせているようです。

母猫の姿が見えないのは えさ探しでもしているのかもしれません。

とうとう母猫の姿を見ることはありませんでした。

母猫が安全な場所と思って 

子猫ちゃんを鶏小屋に隠したのでしょうね。

その子猫は・・・

教頭先生が帰路で処分をする予定だったそうですが

車中で一緒にいる間に 情が移ってしまい

家で育てることになったそうです(笑)

教頭先生って 優しいんだなぁ・・・(笑)



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ



テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


めん棒って?
ブログの背景を はじめて変えてみました。
いつもお越し下さる皆さん 驚かれたことでしょう。
ゴメンナサイネ。時にはイメチェンも必要かと思いまして。
またしばらくしたら 前の背景に戻しますね。


ついこないだ聞いた話です。

調理実習の前日 
6年生の教室では 班ごとに 持ってくるものの分担をしました。

綿棒をもってくることになった男児。
家に帰ってから 母親に「めん棒」が必要なことを伝えました。
母親は 家に「めん棒」がないことに気がつき
一人でスーパーに買い物にでかけました。

そこに「めん棒」はありました。
母親は「めん棒」を片手に 店内を歩いていると
6年の担任と偶然にも鉢合わせしました。
母親は 担任と話をします。

母親「明日学校で『めん棒』が必要だというので買いに来たところでした」

手にしている「めん棒」を見て
担任は 綿棒が明日何の教科で「めん棒」が必要だっけ?と考えました。
明日何かを持ってくるとすれば 家庭科の材料しかないと思い
担任「家庭科で調理実習するんですよ。でも 何に使うんだろ?」

2人はしばし考えました。

そして 2人は瞬時に気づきました。

担任・母親「あ~~~~~~!!」

担任も母親もほぼ同時に

「それって「めん棒」違い!!」

そ~なんです。「めん棒」違いなんですよ。
彼らの班の調理実習は パイシートを使ってパイを作るんです。
つまり 耳のお掃除をする「めん棒」ではなく
お菓子作りなどに使う 擂粉木みたいな「めん棒」が必要だったんです。

担任いわく「○○(子どもの名前)の説明が悪い!調理実習でパイを作るので「めん棒」が必要っていえば 間違わなかったのに」

母親「確かに・・・。先生に会わなかったら この「めん棒」を持たせるところでした~ あははは・・・」

そして 極めつけは 母親の一言。

「そういえば我が家 この「めん棒」もちょうど切れてたんで
 買わなきゃと思ってたところだったんです。
 ついでにこれ買っちゃいます あはははは・・・」


結局のところ それも必要だったんですね。
母親のオチが見事に決まりました。

ここで クスッと笑った人 クククッと笑った人 爆笑した人
下の「拍手」ボタンを押してくださいね~(笑)


どれくらい笑ってもらえたのか気になるので よろしくです<(_ _)>


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ




テーマ:出来事 - ジャンル:学校・教育


ママ!!
低学年の子どもたちと 楽しくお話をしていると
時々 子どもたちから「ママ~」とか「お母さん」とか
間違って呼ばれることがあります。

言ってしまってから ハッと我に返る子ども。

バツが悪そうに「間違っちゃったぁ・・・」

こんな間違い かわいいですよね。

でも たまぁ~に「パパ」というのもあって
これには ちょっと 滑ってしまいます(笑)

こういうことって 慌しくしているところに
ふと和ませてくれるんですよね。

子どもたちとのコミュニケーション取れてますか?


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


ブックフェアでの購入本紹介 続き
先日のブックフェアで購入した本を紹介します。

としょかんライオン


「としょかんライオン」
ミシェル・ヌードセン/作 ケビン・ホークス/絵 福本 友美子/訳 岩崎書店

まずタイトルに惹かれました。
「としょかん」と書いてあるだけで ついつい目が行ってしまいます。
完全な職業病ですね(笑)

でも ライオンと図書館って?? 
読むまでは エェッ!?(* □ )~~~~~~~~ ゜ ゜という感じでしたね。
読んで なるほど!と思いましたが。

ある日図書館にライオンがやってきます。
誰でも利用できる図書館ですから ライオンを拒む理由はありません。
決まりさえしっかり守ってもらえれば ライオンだってなんだって
利用できます。図書館長のメリウェザーさんも 決まりを守る約束で
利用を許可します。

図書館を利用するうち 図書館の仕事も手伝いだしたライオン。
最初は怖がっていた利用者とも すっかり仲良くなりますが・・。

「ルリユールおじさん」と切り口は違いますが
どちらも私たちのテリトリーにうまく入り込んだ作品だと思います。

本が到着したら すぐに読み聞かせしたいと思っています。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ



テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


レベル
昨日のブックフェアの会場にて。

単行本を前に しばし考え中。

こんなに厚い本を買って 今年は誰が読むのかな・・?

と考えた時に 誰の顔も浮かばない・・ 異常事態です。


毎回 バランスよく 絵本も読み物も総合関係も購入しますが

今回だけは 厚めの本で迷いました。

そして 出した結論は・・・

厚めの本の購入をやめました。

子どものレベルに合わせることが何より必要だと思い

今回は 軽めの読み物と絵本を中心に選書していきました。

なんだか寂しい限りですが 子どもの能力に合わせた選書も

時には必要だな・・と思いました。

しかし これがすべてではありません。









お得なポイント貯まる!ECナビ



テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


ブックフェア
今年もブックフェアに参加してきました。

まずは 絵本棚を見て回りました。
気になっていた本やリストアップしていた本を吟味しつつ
また 会場で実本を見て気に入った本を中身を確認しながら選びます。

今年は絵本に力を入れようと思っていたので
ここにずいぶん時間をかけました。
今話題の作家さんの本はできるだけ抑えつつ
食育やいのちや環境などに直結する絵本なども選びます。

今回購入した中からのお勧めです。

ルリユールおじさんとは


「ルリユールおじさん」 いせひでこ/作・絵 理論社

ルリユールとはフランス語で「製本」の事です。
主人公のソフィの大切にしていた植物図鑑が
バラバラに壊れてしまいます。
買いなおせばすむことですが ソフィは修理を願います。

どこに行けば直せるんだろう・・

町の人に尋ね ルリユールおじさんが直してくれることを知り
おじさんを訪ねました。
そして・・・。


私自身も本の修理をするときは
ルリユールおじさんのような工程を踏みますが
ここまで緻密ではありません。
本の背を剥がし 糸で止め 寒冷紗を貼り
最後に背を貼り付けます。
面倒な作業で時間もかかりますが
こうやってまた 息を吹き返す本を見ると嬉しいものです。

古くなったから 壊れたからと 安易に捨ててしまうのではなく
やはり モノを大事にすることは 大切なことですね。

これからは リサイクルではなくリユースの時代。
「ルリユールおじさん」は そんな今の時代に
大切なことを教えてくれる絵本だと思います。

また 私たち司書のバイブルになる本だと思いました。


今回たくさんの本を購入しました。
おいおい紹介していきたいと思います。

今年のブックフェアの感想として・・・
・新刊の展示・頒布が少ない。
・戦争や原爆をテーマにしたコーナーがない。
・環境問題がこれだけ社会問題としてクローズアップされているのに
 コーナー扱いされていない

今年は参加者が少なくて 選書しやすかったです。
明日はイベントがあるそうで 
明日の参加者が多いのかもしれませんね。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


はだかの王さま
はだかの王さま


「はだかの王さま」 アンデルセン/原作 滝平二郎/画・文 金の星社

滝平(たきだいら)さんの独特の挿絵(版画)で
アンデルセンのお話も違って見えました。

子どもたちの反応は???ですね。
メディアにこなされている子どもたちにとっては
「はだかの王さま」はこんなんじゃない!!と映ったようです。
個性的なインパクトのある挿絵(版画)ですけどねぇ。
まあ 確かに グルグル目の奇妙な顔した王さまは
アンデルセン童話とは 多少かけ離れていますよね。
童話に出てくる王さまは まともな顔してますからね(笑)

ストーリーは あえて説明するまでもないでしょう。

今 このギスギスした世の中で 
人前で堂々と 他人の間違いを指摘することができる人は
どれくらいいるのでしょうか?
ふと そんなことを思いました。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


購入計画
山積みしたカタログに目を通すのを 一応明日には終え
購入予定本を ある程度 吟味しておかなければなりません。

当日 ブックフェアの会場で 右往左往していては
時間を有効に使えません。

あらかじめ めぼしをつけておいた本を主体に
当日の最終吟味が 会場にて始まります。

限られた時間の中での選書は かなり神経が衰弱します。
午後になると 夢遊病者のように 
ふらふらしながらの選書になります。

なので 午前中に 購入本の大方を決めてしまいたいと思います。


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


孤独な職種
学校図書館司書は そのほとんどが学校に1人の配置しかありません。

と同じく 学校に一人の職業といえば 養護教諭。
しかし養護教諭は 児童数がある一定数を超えれば2人配置になるようです。自治体によりけりかもしれませんが。

あと 事務職員も1人配置ですね。
自治体によっては臨時職員を配置してくれるところもあるので
2人体制の学校もあるようです。

しかし 司書は 児童数がどれだけ多くても そのほとんどが一人配置。 本当に孤独な職種です。

学校司書になりたての頃は 周囲に聞く人もいなくて毎日不安でした。
頼るは 自分の知識のみ。
わからないことがあれば 専門課程で使用したテキストのみ。
テキストを開いては わからないことを克服していきました。
あとは 経験のみですね。

しかし 司書過程を履修せずに司書になった人はどうでしょう。
どうやって克服するのでしょう。
司書過程で学習したことは いろんな場面で役に立ちます。
また その知識が 日々必要となります。

その知識があるとないとでは 図書館運営も雲泥の差です。

一人職場だからこそ 最低限の知識は必要であると思うのです。
適材適所・・大事ですね。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


そのときは彼によろしく
そのときは彼によろしく


「そのときは彼によろしく」 市川拓司/原作 宮園いづみ/作画 小学館

2日より映画始まりましたね。
今回もコミックで購入しました。
話題作をいち早く知るには コミックが早いです。

映画を見に行く時間がないので 一気に読みましたよ。
コミックでは深みがなくて 大方のあらすじで感じ取るわけですが
それでも ピュアな想いが伝わってきました。

「一人の人をずっと愛し続けることができる」ことを
羨ましく思いました。
素敵だな・・・・って。

市川拓司さんの作品は どの作品も好きです。
どの作品も どこか寂しくて 切なくて・・・
でも心が温かくなる何かを感じます。

最初に出会った作品は「Separation」でした。
この作品は 高岡早紀主演でドラマ化されましたね。
確か「14ヶ月」というタイトルでした。
高岡早紀演じる「裕子」の体に異変がおき
だんだん子どもに還っていくストーリーでした。

「いま、会いにゆきます」「ただ、君を愛してる」も彼の作品ですね。


「そのときは彼によろしく」は
ピュアなラブストーリーに飢えている人にぜひお勧めしたい作品です(笑)


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ



テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


やまださんちのてんきよほう
やまださんちのてんきよほう


「やまださんちのてんきよほう」 長谷川義史/作・絵 絵本館

ユーモアがたっぷりつまった軽いタイプの絵本です。

やまださんちの出来事を 天気に表すとどうなるか。

ページをめくるたびに 

思わずプッと笑ってしまう 思わずうなずいてしまう

ほのぼのとした絵本です。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ

テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


あしたプールだがんばるぞ
あしたプールだがんばるぞ


「あしたプールだがんばるぞ」 
寺村輝夫作 いもとようこ絵 あかね書房

「王さまシリーズ」でおなじみの寺村さんと
「くまのこうちょうせんせい」などの挿絵を描かれるいもとさん。
2人がタッグを組んだ作品です。

今日なぜこの本にしたかというと 明日がプール開きだからです。

泳ぎが苦手な「いぬいわんすけくん」はプールが嫌いでした。
ところがある日 新しい水着を買ってもらったわんすけは
いろんな動物たちに特訓させられます。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。

↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。