小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


選書
各地でブックフェアが開催されています。
私どものところも 近々開催されます。

出張という形でブックフェアに参加し
予算の2/3ほどの図書を購入します。

今 ブックフェアに参加する前の下調べに勤しんでいますが
これが実はとても重要なのです。

ブックフェアは 児童書の展示が約5万冊ほどあります。
5万冊の本をすべて手にとって 開いてみることは不可能です。
そのために ある程度 的を絞っておく必要があります。

書店から届けられた 膨大なブックカタログや
書店で実際に手に取って開いてみた本や
メディアで大きく取り上げられていた本をピックアップしておきます。
ですが ピックアップしている本をすべて購入するわけではありません。

書店からもらうカタログは 積み上げると20cmくらいになります。
これだけ目を通せば ピックアップされる本は
予算を有に超えてしまいます。
ピックアップした中でも 特に購入の必要があるものは
あらかじめ マーキングしておきます。
マーキングした本は ブックフェアで 
最初に現物を手にとって中身を確認し 購入の有無を決めるためです。

ある程度の絶対値が定まると おおよその予算残が見えてくるので
ピックアップリストを見ながら 会場の隅から実本を手に取り
中身を確かめながら購入を決めていきます。

ある程度 まとまった冊数になったら
もう一度よく確認して購入を決め 
書店さんに金額を打ち出してもらいます。

金額が出ると あとどれくらいの購入が可能なのか見えてくるので
予定していた金額より少ない場合は また会場を回り
吟味し選んで加えます。

もっとも頭を悩ませるのは 
既存の本を過って購入してしまうことです。
ある程度 自校の蔵書は頭に入っているのですが
時々 所在の有無が判断できず購入してしまい 
戻ってから確認すると 蔵書として存在していた
・・ということが 全くないわけではありません。

返品も引き受けてもらえないこともないのですが
やはり 書店さんにも手間がかかるので あまり頼めません。

選書も佳境です。
手を休めている時間はありません。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ





スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


ねずみのすもう
ねずみのすもう


「ねずみのすもう」神沢利子/文 赤羽末吉/絵  偕成社

昔から語り継がれている昔話ですね。

貧乏な老夫婦の家のやせこけたねずみと 
長者様の家の太ったねずみが相撲を取っていた。
やせこけたねずみは 太ったねずみに勝てるはずはありません。
その様子を見ていた 貧乏なおじいさんは
やせこけたねずみをなんとか勝たせてあげたいと思います。

そこで 大事に取ってあったもち米を使い
もちをついて やせこけたねずみに与えるのです。

翌日 もちの効果が出て 太ったねずみに簡単に負けていた
やせこけたねずみが 今日は何度も踏ん張れるじゃないですか!

おじいさんのお餅のおかげで なんと強くなったのです。
太ったねずみに事情を聞かれ 老夫婦の家に誘うやせたねずみ。
老夫婦は慌てて餅を用意し 
おばあさんは手作りの赤いマワシまで 準備しておきました。
太ったねずみは感謝しつつ 大量の小判を置いて
山へ相撲を取りに行きました。

赤いマワシをはめ 2匹は戦います。
強くなったねずみたち。なかなか勝負はつきません。

このお話はいつ読んでも面白いですね。
昔話には 独特の情緒 ほのぼのしたものがあります。
大事にしたいですね。


パンフレット・リーフレット
6年生はそろそろ 修学旅行先についての調べ学習を始めます。
毎年 修学旅行に行く6年生や先生方にお願いして
訪問する施設のパンフレットやリーフレットなどを集めてきてもらいます。
たいていの施設では 1人につき1枚の配布しかありませんので
毎年こつこつを 時間をかけて集めます。

そろそろ 班学習で使えそうなくらいの資料が集まったので
少しでも色あせや破損のないように すべてにパウチをかけたり
ブックコートを貼ったりして 補強しておきました。

これらのものは 調べ学習の資料としての価値がとても高いです。
現地でもらう資料は 図書で取り上げられていない部分を補ってくれます。
また フィールドワークとなると 
やはり図書だけでは計画を立てるのが難しかったり
核心に迫る調べモノになると 
概略部分の多い図書だけでは事足りません。
やはり「生きた資料」というのはとても重要です。
パンフレットやリーフレットにしか載っていない
貴重な資料や写真もあるのです。

大きな資料は いくつかにカットしてパウチをし
すべてを繋ぎ合わせます。
結構 手間のかかる作業ですが
子どもたちがこれらの資料を使って 
一生懸命調べものをする姿を思い浮かべると苦痛ではありません。

もちろん図書資料も提供します。
毎年使う資料ので 調べ学習ごとにリストを作っています。
そのリストを見ながら 図書をピックアップしていくだけの作業です。
探し出す手間が省けるので 資料提供もあっという間です。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ



テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


いもとようこ世界の名作絵本シリーズ
私たちが子どもの頃に読んだ「名作」と呼ばれた絵本を
覚えていますか?
日曜日の夜7時半から「世界名作劇場」というアニメもあっていましたね。見たことありますか?

「マッチ売りの少女」「フランダースの犬」など
記憶に残っているお話がたくさんあります。

図書室にも これらの絵本はあるのですが
挿絵が アニメにこなされた今の子どもたちに受け入れられないようで
なかなか借りられることはありません。
受け入れた時期も それなりで 本も結構傷んでいたり汚れていたり。
人気が無いのも納得しますが 
入れ替えに値する子どもたちが好みそうなイラストで書かれた
それらの絵本との入れ替えてがなかなかできていませんでした。

良いお話は 色あせることはありません。
いかに子どもたちの目を引くイラストのものであるか
それさえ合致すれば いつか手に取ってくれるはずです。

と思い いもとようこさんが挿絵を書かれている
世界の名作絵本シリーズ 既8巻」金の星社を
購入することにしました。

いもとようこさんの挿絵は 
読み手を温かい気持ちにさせてくれる素敵な作品です。
たとえば「フランダースの犬」は こんな感じです。

フランダースの犬


かわいらしいと思いませんか?
いもとさんの挿絵だったら 子どもたちも喜びそうです。

昔から良いお話と言われるものは どんな形であれ
子どもたちに伝えたいものです。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


まよなかのだいどころ
まよなかのだいどころ


「まよなかのだいどころ」 モーリス・センダック/作・絵 じんぐうてるお/訳 冨山房


真夜中に騒ぐ声が聞こえ 
主人公のミッキーが怒鳴ったら 素っ裸で暗闇の中
「まよなかのだいどころ」にたどり着く。

ある日 ミッキーは ケーキ作りの最中に
ミルクを混ぜ オーブンへ投入。
慌てたミッキーは ケーキから飛び出し
パンの粉で 飛行機を作るのですが・・・

強烈な挿絵が妙に印象的な一冊です。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ

テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


職員会議と校内研の参加
職員会議と校内研には 参加していますか?

職員会議の参加は義務のところが多いと思いますが
校内研はどうでしょう?

校内研は 子どもの様子を知る上でとても役に立ちます。
保健室登校 図書室登校が多い昨今
子どもの行動の節々に 子どもの叫びが隠れていることがあります。
いつもの様子と違うと判断するためには
いつもの様子を知っていなければ 判断できません。

学級の様子がわかっていると 
今この子たちに必要なものは何かを見極め
読み聞かせのための本を選んだり 
子どもたちへのお勧め本のピックアップがしやすくなります。

また 授業研に参加すると
子どもの側面を知ることができます。
図書室で気になる子が学級でどう過ごしているか
図書室での様子と学級での様子を照らし合わせ
子どもの微妙な変化にも気づけたりします。

図書室に座っていることだけが 司書の仕事ではないと思います。
子どもの「今」を知り レファレンスに生かす
とても大事なことだと思います。

職員会議や校内研 積極的に参加しましょう。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


ダチョウのくびはなぜながい
ダチョウのくびはなぜながい


「ダチョウのくびはなぜながい」
ヴァーナ アーダマ/著 Verna Aardemu/原著 Marcia Brown/原著
まつおか きょうこ/翻訳 マーシャ ブラウン/著 冨山房


その昔 ダチョウの首は短かった。
それがなぜ今長いの? 
私たちの知っているダチョウの首は長いけれど
昔々に なにがあったのか。。

聞き手がワクワクするような臨場感のある絵本です。
子どもたちは こんな内容のお話 大好きです。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


司書の先生 おすすめです!
図書館へ行こう!


「図書館へ行こう!図書館クイズ」
山形県鶴岡市立朝暘第一小学校 編  国土社

今年の3月に発刊された本です。
近隣の書店で見つからなかったので ネットで購入しました。

「図書館クイズ」「図書館オリエンテーション」「図書委員会」の三つの章で構成されています。

「図書館クイズ」は 学年ごとに10枚の問題が出題されています。
図書館にある本や資料を使って解答を探します。
目的としては 本や資料を探す練習をすることで 
調べ学習の進め方を身に着けようというものです。
解答用紙はそのまま印刷し使用することができます。

「図書館オリエンテーション」は 図書館を利用するにあたっての
約束事(マナーなど)や図書資料の使い方や分類法などが 
学年ごとわかりやすく記されています。
そのままコピーして使用することもできますし
自身の学校にあわせアレンジして使用するのも可能です。

「図書委員会」については 図書委員の役割や当番の仕事など 
委員としてこれだけは知っておきたいという基礎知識を
学ぶことができます。

図書館司書が実践で使えるような本はあまり出版されていません。
ですので 書店で見つければ即買います。
どうしても手に入らないときはネットで購入します。
ネットで購入できるのはとても便利ですね。

司書の仕事が初めてという人は 参考になると思います。
経験者にとっては 今後の図書館教育やオリエンテーションなどの
参考にできる1冊です。

私は特に「図書館クイズ」を使ってみたいです。
10月の読書週間に利用できたらなぁ・・と思っています。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


温度差
わが自治体は 司書資格を持つものと持たないものが混在すると
先日ここに書いた。

今日 その温度差をまた改めて感じた。


司書資格を有するものは「司書」という役職名にこだわりを持つ。
そのこだわりは「プライド」のことなのかもしれない。
部会の中でも 司書資格を有するものは 
役職名にこだわりを持ち 明らかにしたいのだが
有しないものは 資格名など気にならないらしく
私たちが騒いでいても 全く関心がないように思える。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


司書と司書補
大学もしくは短大在学中に 司書課程の所定の単位を履修すると
卒業時 司書の資格を取得することができます。

教員免許も併せ持っていれば
司書教諭課程の所定の単位を履修することで 司書教諭の資格も取得できます。

私自身は 司書と司書教諭の資格を持っています。
司書教諭の資格が欲しいがために 教員免許も取得しました。
今はまだ 教員にならなければ 司書教諭になれないのが現状ですが
司書教諭の設置がない12学級以下の学校では
本来 司書教諭が担う仕事も 司書が担うことになるので
司書教諭資格も まんざら役に立たないわけではないです。

司書補という資格は 大学や短大で司書課程を履修しなかった者や
大学や短大卒業後に 司書を志している者が 実務経験3年の後
1ヶ月のスクーリングを受け 取得できる資格です。

さらに司書を目指したい人は 司書補の資格を取得し
司書補として実務経験を3年積むことにより 
1ヵ月半のスクーリングを受けて はれて司書になることができます。

これが 大学・短大だど 所定の単位を取得すれば
あれよあれよと 司書の資格が取得できます。

司書であれ 司書補であれ 図書館に一歩踏み込むと 
どっちも「司書」でしかありません。
司書補の中には 大学や短大で勉強している人よりも 
う~んと頑張って 業務をこなしている人もいます。

今の時点で 司書補の資格しか持ち合わせない人には
ぜひとも 司書を目指して頑張って欲しい。
スクーリング以外にも 実務経験があれば受講できる
司書課程のある大学の通信教育もあります。

司書以外でも 資格は無いよりもあったほうが良いですよ。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


学校図書館に正規司書の設置を
全国の学校図書館に正規の司書として働く者はどれだけいるのでしょう。
その働きは認められているのでしょうか。

私の住む県にも正規司書を設置している公立の小中学校がいくつかあります。研修などでご一緒すると 条件の良さに羨ましさいっぱいになります。

私は彼らの姿に この正規職員が頑張ってくれることで
私たち臨時職員も必要性を感じ取ってもらえるのではないかと
密かな期待を持っています。

正規職員だと 雇用形態も安定し 
臨時職員のように不安定な雇用でないので 
図書館運営の長期計画を建てることができます。
出張や研修の機会も保障され 予算が許せば
県内外 あらゆる研修に行くことができます。

また 正規職員は他の職員と土俵が同じなので 
言いたいことを言う力や 言ったことを実現させる力が
臨時職員よりも遥かにあります。
強く言えることの幅も違います。
正規職員だとまかり通りことが 臨時職員だと制限されるのです。
やっていることは正規職員も臨時職員も同じであるのに
身分が違うだけで 全く保障がされなくなります。

司書の仕事は 長い経験があってこそ知識豊富です。
数をこなせばスキルアップするように
調べ学習の進め方に関していうと 若い教員よりも
私たちの方が知識レベルは高いと思います。

全校配置になって7年になります。
配置された学校は年々増えていますが
行政は配置したことだけにとどまらず
図書館教育の必要性を訴え 
私たちの存在価値を知らしめてほしいです。
司書の仕事について語ってくれれば 
まず一歩を踏み出せることでしょう。

学校図書館に正規司書の配置をお願いしたい。
そして その司書はこれまで臨時職員として 子どもたちにかかわり 
経験を重ねることでスキルアップした私たちを置いて
誰も居ないということを 重々わかって欲しい。
その上で行政には 司書設置の意義について考えていただきたい。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ



テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


学校図書館司書の現状
12学級以上の学校に司書の配置が法律で決まってから
急激に司書が増えていったが
そのほとんどは 臨時職員、嘱託職員、派遣社員である。
更に 業務に関しては 2校掛け持ちとか 週に3日勤務とか 
1日5時間勤務とか 別の業務と兼務とか 
司書業務を舐めているのかと思うような あきれた配置をしている自治体も多くある。

まあ それでも 司書資格を有するものを雇っているのであれば
まだまだ進歩的だし理解もできる。
しかしながら これだけ 図書館教育の重要性が叫ばれている今
無資格者を雇用する現状をどう解釈したらよいのか・・・。

この自治体は まさに 私が働くこの自治体である。

ほとんどの司書が 学校に1人配置で仕事をこなす。
知識のある司書でも 最初の赴任校では
どう動いたらいいのか どう仕事を進めたらいいのかと
とまどい苦悩するのは当然である。
それでも 自分のペースや立ち位置さえ きっちり定まれば
ベースとなる知識は身についているので
円滑に仕事をこなすことができる。

無資格者の場合はどうだろう。
いきなりの一人配置に 周囲に聞ける人はいない。
指導者が居なければ 自分が何をしていいのか 
どう動いたらいいのか わかるはずもない。
貸出・返却業務や図書の受入業務など 
NDCを知らなければ パニックになるのも間違いない。

それでは 無資格者を雇用した自治体は
責任を持って指導・教育をしているのか? と問えば
そこまで考えて雇用をしていない現状に 
配置しただけであとはノータッチというところがほとんどである。
つまり 無資格者の教育は 
一言の断りもなく 私たち既存の司書に委ねられているのである。

それは納得いかない。
一人で仕事をこなす学校司書に 
他の学校の司書を指導する余裕などない。
やはりそこは 無資格者を雇用した責任 
自治体は 無資格者をしっかりサポートをするのが当然である。

自治体は司書の仕事を馬鹿にしてるのではないかとさえ思う。
誰でもできる仕事だと思っていないだろうか。

有資格者には資格者としてのプライドがある。
司書としての知識を縦にして それをベースに経験を積んでいる。
子どもたちへの読書推進・支援 そして 調べ学習のサポートと
私たちはプロの司書として 図書館活動を行っている。

学校司書の正規採用もなかなか進まない。
鳥取県が臨時職員を正規職員として吸上げ雇用したのは
司書が居る図書館の重要性が認められたからだと思う。
鳥取県のような先進的な自治体がある中で
後退している自治体もあるのだ。

そして 学校図書館充実のために 
地方交付税(過去5年間 今年度から5年間)が投入されているにも係わらず 
他の用途と混在利用され 
真に図書館教育充実に交付されているかどうか 
ほとんどの自治体において 不透明である。

また 現職司書のレベルアップも必要である。
大学の司書養成課程で 数年前に取得教科の一部が改定された。
それを受け 現職司書は その部分を補うことが必要だと思うが
司書配置に消極的な自治体が多い現状に期待薄。
司書配置の重要性が認められないことに苦悩する日々である。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


無駄足
経費削減で出張旅費がでなくなった。
校外勤務は自家用車でOKだが 
町外の出張はすべて公用車で行くことになった。
それも他の学校の司書と合流して。
役所の職員と違い 同じ場所にいるわけではない。
司書それぞれにかかってくる分担もそれぞれ。
集合時間を決めていても その時間にいけないこともある。
またその逆で 学校都合で途中で帰らなきゃいけないこともある。

公用車では その自由が利かない。
学校それぞれに事情があり 
突発的な用事で時間に出られないこともある。
また 通常の出張は 用件が済み次第 直帰可能。
しかし 公用車となると 
出張先から自宅がどれだけ近くにあろうとも
一度役所に戻る必要がある。
それがとても無駄足。

あと 事故の責任の問題。
便乗者の責任追求はしないように申しあわせが必要かな。

これだけ読書の重要性が叫ばれている昨今
なのに なぜか うちの自治体は後退気味。
予算も削られ 出張や研修の機会も奪われている。
夏休みの雇用も曖昧で納得いかないし。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


パネルシアター準備
委員会の子達の パネルへの色付けがほぼ終わり
今は 切り取りの真っ最中。

今日 配役を決め セリフ暗記に向けて動き出した。
セリフの多い少ないはあるが スムーズに決まった。
子どもたちだけで考え 子どもたちだけで決め・・豪いと思った。

次は誰がいつパネルを動かすか・・決めなくてはならない。
6年生が 配役とのバランスを考えて
プランを作ってくることになっている。

発表は7月。
10分程度の発表に練習を含め1ヶ月程度かかる。
子どもたちが前向きに頑張り 素晴らしい結果が得られると
自信とやる気に繋がると期待している。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ



テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


なんでも見える鏡
なんでも見える鏡


「なんでも見える鏡」 
フィツォフスキ/作 スズキコージ/絵 内田 莉莎子/訳 福音館書店

最初はとっつきにくい絵に 子どもたちの食いつきはどうかな?と
恐る恐るだったのですが 読み始めたら大胆な挿絵に釘付け。
子どもたちの笑い声が聞けたのは 半身が人間の姿をした白髪の巨大アリが搭乗する場面。

貧乏なジプシーという青年が 人使いの荒い主人から逃げ出し 旅に出ます。その旅中にジプシーは銀色の魚やワシやアリの王様と出会い 人助けをし やがて 美しい王女の居る国へやってきます。
この国には「王女から隠れて見つからなかった者が王女の夫になれる」というおふれが出ていました。王女はかくれんぼが大好きで これまで隠れたモノはみな見つけ出し どうしても見つからないモノは「なんでも見える鏡」を使い 見つけ出していました。

王女の夫になりたいと思ったジプシーは 王女とのかくれんぼに挑みます。あらゆる手を使い隠れるのですが・・

お話はとても単純ですが 読み聞かせが終わると 借りたい子どもたちが わっと集まりました。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


めっきらもっきらどおんどん
今日は予定外の授業が入りました。
この学級は昨日10人ほどインフルエンザで欠席していて
今日は更に担任がインフルにかかりお休み。
ということで 急遽 この学級の図書の時間が入りました。

時間がたっぷりあるので 4冊ほど用意して読み聞かせをしました。
その中の1冊を紹介します。

めっきらもっきらどおんどん


「めっきらもっきらどおんどん」
長谷川摂子/作 ふりや なな/絵 福音館書店

確か2年生の教科書に出てくる本です。
間違っていたらゴメンナサイ。。。

遊び友達を探していたかんたが 神社でめちゃくちゃな歌を歌います。
すると 大きな木の根元の穴から大きな声が聞こえ 
穴を覗き込んだかんたは穴に吸い込まれてしまいます。

そこで出会った奇妙なお化けたちにせがまれ 一緒に遊びますが
おばけたちが一眠りしてしまうと かんたは心細くなり・・・

奇妙なおばけに こどもたちは大笑い。
なんか愛らしいおばけたちです。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


塾題
先日 中学校の先生とお話しする機会がありました。


そこで聞いたのが「塾題」。「塾題」って何?



「塾題」とは読んで字のごとく。「塾の宿題」のことを指すそうです。
予習復習、自学、部活などやることがたくさんあって
その弊害が出てきているそうです。

家庭で「塾題」をする時間がなく学校でやっている子が多いとか。

それでは 学校の勉強が疎かになります。

塾を視野に入れるときに 学校と切り離した教育をするのか
それとも 学校を中心に据えた授業展開にするのか で
子どもたちの伸び方も変わってくる気がします。

学校で「塾題」をしなければいけない現状を
どう受け止めますか?


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ



テーマ: - ジャンル:学校・教育


郷土資料
郷土資料(その土地土地の資料)というものは なかなか手に入りません。
発行部数も需要も少なく(全国区で必要となることはほとんどない)高価なため 再版もほとんどありません。

ですので どれだけ古くなっても 処分ができず
繰り返し修理をし 大事に利用しています。

郷土資料は 見学旅行のための調べ学習にとても役立ちます。
やはり自分の住んでいる町や市や県について知ることは
未来を担う人間にとって とても大事なことだと思います。
成績や試験には関係のないことかもしれませんが
それでも ここに住んでいるからこそ 
知っておくべきことがたくさんあります。

学校が古ければ古いほど 郷土資料は充実しているので
喉から手が出るほど 欲しい資料に出くわすこともあります。
古書店に行って手に入れればいいのではないか 
と思われるかもしれませんが 
資料によっては 定価の何倍も高いものがあります。
また 公立の学校では 事務的諸事情により
古書店からの購入は難しいのが実情です。
持っている郷土資料は 禁帯出にして大切に扱い
資料価値を高めています。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


廃棄図書
廃棄図書の手続きをしました。今年度は250冊。

今回は総合学習関係の図書を中心に入れ替えをしたいと思い ずいぶん処分しました。
書棚スペースも限られているので 中身を厳選して処分対象に。
総合学習の本はほとんど新しくもったいないとは思うのですが
中身が古いと参考にならないこともあるので 処分も仕方ありません。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


パネルシアター
図書委員会では今年もまたパネルシアターをやることになりました。
題目は「どうぞのいす」です。

どうぞのいす


香山 美子/作 柿本 幸造/絵  ひさかたチャイルド

不織布に型紙から絵を写す作業は 私の方でやりましたが
あとはすべて委員会の子どもがします。
色づけ作業と縁取り作業 そしてカッティング。
色づけもそろそろ終わり 縁取り作業に入りました。

これも終わるとセリフの配役決めになります。
ナレーションの多い劇ですが 
すべての子どもたちがセリフをいい パネルを動かします。
セリフはすべて暗記。発表は体育館ですがマイクは使いません。
後ろまで聞こえるよう 自力で声を出します。

子どもたちが頑張っているので 来週あたりからセリフの練習ができそうです。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ



テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


かいじゅうたちのいるところ
かいじゅうたちのいるところ


「かいじゅうたちのいるところ」
モーリス・センダック 作/絵  冨山房

いたずら好きなマックスはいたずらをし お母さんに怒られ
夕飯抜きで寝室に閉じ込められてしまいます。
その寝室は 突然 木が生え森となり やがて草原となります。
その草原からボートで脱出した先は「かいじゅうたちのいるところ」。
マックスはかいじゅうの王様となり かいじゅうたちと共にかいじゅう踊りをします。
ひとしりき踊ると かいじゅうたちを眠らせます。
静かになった森にマックスは寂しさを感じるのです。

3年の子どもたちに読みましたが 特に男の子の反応が良かったです。
昔から読み告がれている本で 人気もいまだ強く
今回も読み聞かせの後 借りたいという子どもが数人いました。
反応が良いと嬉しくなりますねw

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


100万回生きたねこ
100万回生きたねこ


「100万回生きたねこ」 佐野洋子 作・絵 講談社

あまりにも有名なこの絵本を 今日は4年生に読みました。
子どもたちのほとんどが知っている本でしたが
みんなしっかり聞いてくれました。

100万回も死んで 100万回生きたねこ。
100万回もかわいがられ 死が訪れるたび周囲は悲しみますが
100万回生きたねこは 悲しくなんかありませんでした。
彼は自分のことが大好きで 自分が好かれていることに有頂天。
なので 自分の死が悲しくなかったのでした。

ある日 のらねことなった彼が 一匹の美しいねこと出会い 
初めて恋をします。
やがて 二匹の間に子ねこが生まれ 大切な家族ができますが
そのうち 美しいねこの死が訪れます。 
愛する者を失った悲しみに打ちひしがれ 彼は初めて涙するのです。
そして 彼に本当の意味での死が訪れます。

いのちの本としてピックアップしている本です。
子どもたちに 奥の深さまで理解できるものか
やや不安もあるのですが いつかこの物語の本当の意味を理解してくれる日がくることを信じて 読み聞かせする1冊です。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


しおり
前任校は 大規模校だったので
色画用紙をB4→A4に切断した切れ端が
毎日かなりの量出ていた。
もったいないなぁ・・・と思い
更にカットして 図書室のイベントに利用した。
そのイベントは「しおりコンテスト」。

色画用紙に思い思いのイラストを描いてもらう。
パウチして模造紙に貼り付け掲示。
氏名は伏せたまま。
気に入ったしおりを投票。
得票数の多かったしおりと作者のコメントを入れて更に掲示。

というイベントをしていた。
これはなかなか好評で 
自分の作品がきれいにパウチ(ここが重要!)され
この世にひとつしかない自分のしおりとなることが
子どもたちには嬉しいみたい。

ところが 現任校で同じイベントをしようと思ったら
単学級のみの小さな学校なので 色画用紙の切れ端など滅多にない。
あっても数枚と イベントに使えるほどの枚数はない。

きれいな色画用紙をわざわざ切断して使うようでは
この「しおりつくり」は意味が無い。
いろんな大きさの切れ端が味があってよいのだ。

数日前 やっと このイベントを復活できる切れ端を見つけた。

それは パウチした後の切断部分。
大量にパウチをしたので 思いのほか切れ端がたまった。
捨てるのにはもったいない量。

そこで 切れ端をしおりサイズに切り
パウチ面に油性マジックで
思い思いにイラストを書いてもらおうと考えた。
自分だけのオリジナルしおりの出来上がり。

(≧∇≦)ъ ナイス!アイデアでしょ?(笑)

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


購入図書希望調査
本日 先生方に購入図書希望調査の用紙を配りました。
子どもたちにぜひ読ませたい本 調べ学習で必要な本の
リクエストを募ります。
ですが 但し書きに 必ず購入できるわけではなく
また 調べ学習用の図書は単価が高いので
複本は希望に添えない可能性もあることを記しておきます。

毎年 数名の先生からリクエストをいただきますが
おおよそ6割程度 購入します。
たいてい図書室既存の本だったり 
似通った内容の本があったりするので
絞ってみると 結局その程度なのです。

子どものリクエストボックスも開けてみなくてはなりません。
子どもの希望は たいていリクを見なくても
普段の会話や様子からわかるので 
すでにピックアップしていることも多く
それを除いて1割程度リクを叶えます。

先生方のリク受付は来週の金曜日まで。
ブックフェアに向け まだまだ選書の日々が続きます。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


連休も終わり・・・
連休も終わりました。
本格的に学習が始まり 忙しくなります。
予算も下りてきたので
そろそろ購入本の選書に入らなくてはなりません。
一足先に読書感想文・画の課題図書も購入せねばなりません。

カタログやネットで調べリストをつくり
それを元に書店で手にとって確かめ
ブックフェアで吟味して購入に至ります。

子どもたちが書いたリクエストも参考にせねばなりません。

近々 先生方に希望図書を募ろうと思います。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


ケータイ小説の購入について
ケータイ小説の購入についてご質問がありましたので
今日はこの話題を取り上げさせていただきます。

司書部会でもたびたび話題に上ります。
ただ小学校では 子どもたちの話題としてはチラホラ上がりますが
まだ取り上げるほどの声は上がりません。
読みたいという子どもが全くいないわけではありませんけど。
もちろん 私がお勧めとして購入してしまえば
これが口火となり リクエストが増えることは予想されますが・・。

しかし中学校や高校では 
子どもたちが欲する本の上位に上がっていますね。
これだけメディアで話題になり
書店でも目に付くところに並んでいれば 
意識していなくてもケータイ小説が目に入ってきます。

おそらくメディアでの取り上げ方が 
恋愛一辺倒にストーリーを伝えるので
「あまりよろしくない」イメージを植えつけてしまっているように思います。
ドラマ化されたものも やはり悲喜交々の恋愛モノが多く
更にそのイメージを増殖させているような気もします。
その結果 『ケータイ小説=恋愛小説』と
誰もが捉えてしまっているのでしょうね。
さわやかな恋愛モノもあるし 恋愛とはかけ離れたものもあるというのに。

さて 購入についてですが
中身を吟味して選書すればよいのでは・・・と思います。 
ケータイ小説の中にも ストーリーが良いものはたくさんあり
大人がしっかり中身を見極めて提供すれば良いだけのことだと 私は考えます。

ただ周囲の理解を得るためには 
否定的な人を納得させる必要があります。
そのために 私からひとつの方法を提案させていただきます。

それは・・・
取引先の書店にお願いして「見計らい図書」として
ケータイ小説をお借りし 職員室に並べ 全職員に見てもらい
アンケートに答えてもらうことです。

「見計らい」に持ってきてもらう本は 書店にお任せするのではなく
司書の目から見てピックアップしたものが良いでしょう。
いわゆる批判されている種類の本も混ぜることをお勧めします。
なぜなら 良い本だけを選ぶと
それは 一目瞭然 購入を納得させるように仕組んだと
思われないとも限らないからです。

まずは ケータイ小説がどんなものかを知ってもらうことが一番です。
そして中身を見てもらい 子どもたちに提供してよいものかどうかを
全員の目で判断してもらいましょう。

アンケートは記名式が良いと思います。
なぜかというと 思い込みが激しく 
全く目を通さず批判的に思っている人がいたとして 
その人にも納得してもらえるように 
司書から個人的に本を紹介し 読んで判断してもらいたいからです。

アンケートの内容としては 以下でよろしいかと。
①ケータイ小説の印象は?
②読んでみての印象は?
③子どもたちへの提供についてどう思うか。
④子どもたちに読ませたいと思う本はあったか。その本のタイトルは?


ケータイ小説のすべてが恋愛モノではありません。
いろんな分野の本があることを 
本の専門家である司書が紹介していきましょう。
ケータイ小説に対しての頑ななイメージが取り除けたら
他の本と同じように 子どもたちのリクエストをある程度取り上げながら 
購入に至れるのではないでしょうか。

子どもたちを読書に誘(いざな)うことは私たち司書の役目です。
本好きの子供を一人でも増やすことができれば 
私たちの役目は果たされます。
図書室の肥やしになっている本を生かすには 
私たちの手で読ませる工夫をすることが必要ですし
人気のある本を提供することは 
スーパーの特価品や日替品と同じで
子どもたちを図書室にひきつける上で 
とても重要な宣伝活動だと思います。

人気のある本は黙っていても借りていきます。
できれば ケータイ小説から 
図書室にある既存の本(あまり読まれない本)に誘えるように
ブックトークのような展開で展示するのも一手ですね。

「見計らい」については 取引のある書店に相談されてみてください。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


自分を鍛える
購入した図書の分類はどうしていますか?

日本十進分類法と睨めっこしながら自力でつけている人
本の奥付に記載されている分類を丸写ししている人
納入業者にすべてお任せにしている人

様々だとは思いますが 
日本十進分類法を網羅しているのは私たちだけ。
その分類の意味合いも 分類の仕方をも知っているのは司書だけです。
なのに 最近は自力で分類をしないという話をよく聞きます。

なんと情けないことでしょう。
忙しくて分類する暇が無いというのは言い訳に過ぎません。
各々の学校の傾向や本の特性、利用形態を踏まえ
自校に見合った分類をするのが私たちの大事な仕事です。
その分類を人任せにしたり本任せにしたりするのは
司書のプライドも何もあったものではありません。

分類は訓練です。
数をこなせば自ずから分類の仕方は身についてきます。
学生の頃は毎日のように 新聞の一面下にある書籍の紹介を見て
分類の訓練をしたものです。
脳は使わないと退化してしまいます。
せっかく頭に入れている分類法も 
自力で分類することを繰り返さなければ
時間の経過と共に忘れてしまいます。

司書としてのプライドを持っているのならば
その分類がたとえ間違ったとしても 自力で分類をしましょう。
そして 奥付に書いてある分類は 参考程度にすべきです。
自力の分類に迷った時には 奥付や他の図書館の分類を参考にし
(カンペでも見るように(笑))
その根拠を自力で調べるくらいはしないと 自分のモノになりません。

分類に大事なのは 分類しようとしている本をよく知ること。
まるっきり目を通さず中身を知らないままでは
確かな分類はできませんから。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


品定め
この連休は特に予定も無いので 書店めぐりに勤しんでいます。
時間がたっぷりあるので ゆっくりと手に取り眺めることができるので
購入の下調べとなっています。

学校の予算管理はどこも同じでしょうが厳しいので
登録の業者さんしか使うことができません。
また使用に当たっての制限も厳しく
割引の無い書店での購入はできなくなっています。
ですので 家の近くに大型書店がありますが
本当に眺めるだけになっています。申し訳ないのですが・・・。

書店もそれぞれに特色があり 扱っている本の傾向も様々です。
ですので ○○に強いのは■■書店 △△に強いのは××書店と
こちらも使い分けて 品定めに挑みます。
しかし絵本に関しては どこも1割程度の扱いしかありませんね。
やはり たくさんの絵本が揃えてある
ブックフェアでの購入に力が入ります。

全国各地で開催されるブックフェア。
ぜひ参加してみてください。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


目印
蔵書管理をしていると 
日本十進分類法での配架以外にも
もっとルールを決めて配架したいと欲が出てきます。

そこで考えたのが 色付きの○シールをつけ
一箇所に別置すること。

教科書に出てくる本は 赤の大きいシール。
他のシールと大きさに差をつけたので
目だって探しやすい。

黄色の○は 命の本。
生命の神秘 生命の誕生 命の大切さや尊さ。
読んでもらいたいので 一箇所にまとめている。

銀色の○は 6年生の総合で使う原爆・戦争関係の図書。
修学旅行の調べ学習のために一箇所にまとめている。

青色の○は 地元にかかる公害関係。
子供向けの資料が少なく かなり苦戦していますが
こちらも調べ学習のために一箇所にまとめている。

金色の○は クリスマス関係の本。
クリスマスの時期に読み聞かせしたり 目立つ場所に置いたりすると
子どもたちは 興味関心を示す。
これも期間限定なので 本棚から抜き取りやすいように
シール分けしている。

日本十進分類法の分類に一辺倒になる必要はないので臨機応変に 
学校や子どもの事情に合わせた分類の小分けをお勧めします。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


5年調べ学習
5年生が今月末に集団宿泊研修に出かけるので
連続2時間の調べ学習が入った。

本格的な調べ学習に取り組むにあたり
まずは調べ学習のオリエンテーションから始める。
プリントを用意し 要点を簡潔に話す。

調べ学習の基本は『本で調べること』である。
本から引用する場合は 『出典(書名や著者名などの情報)』について必ずノートに記す。
出典を記すことは常に大事なことだと話をする。

そしてもっとも大事なことは『自分の力で調べ』
また 調べた事柄を『自分のものにする』ことだとも話した。

新聞やインターネットで集めた情報は
切り抜いたり印刷したりとそれだけで
『調べた』気分になっていないか。
調べたものを自分の言葉でまとめなければ
質問や疑問に答えることも 感想をまとめることも難しい。

意味がわからない言葉や事柄を 丸写しするのではなく
自分の言葉にかえて深く調べることが必要である。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ





テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。