小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お詫び
更新が滞ってしまい申し訳ありません。

続けるか悩んでいる間に さまざまな出来事が起こり
すべて非正規雇用からくるものであると痛感する日々でした。

一番 落ち込んだ出来事は 経験の浅い司書たちとの価値観の違いでした。
経験の浅いといっても しっかりした考えを持った人も
司書としてのプライドも士気も高く持っている人もいます。
しかし ごく一部には そうでない人も存在します。

今 当たり前に参加できている部会や研修ですが
最初から 当たり前に参加できていたわけではありません。
研修は 自分の知らなかったことに気づき 学ぶ場であり 
大切な自己研さんの場です。
そして その学びは 子どもたちに還します。

しかし 最近は その研修を おろそかにする姿が
とても目につくようになりました。

それは 非正規が故に起こる 仕方のないことではありますが
私としては 非正規だからこそ 
その学びから得た知識と経験を 子どもたちに寄与することで
専門的知識を持った司書の配置が 学校図書館には必要であるということを
学校関係者に感じてもらうことが大切だと思っているのですが。

研修に参加しない理由を尋ねてみると 
目先の仕事に追われていて 研修に参加する時間が割けないとか
管理職に「研修に参加することで 図書館が閉まるのは困る」と 理解がもらえなかったり
自身が それほど研修を重要視していなかったり。

いずれにせよ 大事なのは 自身がどうしたいかだと思うのですが
参加したい強い気持ちがあれば 管理職に掛け合うこともありですし
掛け合うことができなければ 個ではなく集団として
部会を通してお願いするという方法もありますが
そこまでの強い気持ちが 彼らにはあまり感じられません。

非正規職員が 外部の研修会に参加することは 
本来とても難しいことです。
これまで 先人の方々が 何度も管理職や役所に掛け合って
頑張ってくださった結果 今スムーズに参加できているのです。
研修に参加できることが どれだけ大事なことかと感じていたら
なんとか調整して時間を割こうと躍起になれるものだと思うのですが
そこが やはり 価値観の違いなのでしょうか。

ごく一部ではありますが このような考えを持っている人たちに
この重みを伝えても響かないのがとても悔しい限りです。
非正規だから 響かないのだと 私は勝手に解釈していますが
非常に残念に思います。

この出来事が 私の中でとても重く受け止められ
ずっと「口うるさい先輩」でしかなかったのだと 心が沈みました。

若い世代に覇気がない中で 私がここに綴ることは
本当に「戯言」でしかないことを 改めて実感しました。
そして そのすべてが 非正規であるがゆえの責任感の弱さが
引き起こしているのだと思います。

これが 正規の職員であれば 雇用が安定して 長期休暇も有効に使え
研修参加も 職務のひとつとして保障されます。
学校図書館の運営も長いスパンで考えられ 心にゆとりも生まれます。
専門職としての士気も高くなり プライドからも 
なお一層 学びを大切にするでしょう。

最後に語気を強め 再度言います。
私たちは自分のために研修するわけではありません。
子どもたちのために研修しています。
子どもたちに還すための研修です。
それを忘れないでください。

研修は 一人職種の抱える悩みや迷いを吐き出す場としても 大切な集まりです。
経験豊富な先輩方の知恵や知識を盗めるチャンスの場です。
吐き出したり 吸収したりして 子どもたちと向き合いましょう。


最後になりますが 「図書館司書の戯言」を 本日をもって一旦綴じさせていただきます。
若い世代にもっと頑張ってほしいので 少し静かにしてみようと思います。


とはいえ 時々黙っていられなくなって 突然更新することはあるかもしれませんけどw


長きにわたり お付き合いくださった方々 どうもありがとうございました。
本来ならば 個別にお礼を申し上げるべきところですが 申し訳ありません。

スポンサーサイト

テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


学校図書館法一部改正案(骨子案)に学校司書配置を明記するという話
みなさん ご存知でしたか?

私自身も 常にはアンテナを張っていたにもかかわらず
まったく気づいていませんでした。

全国学校図書館協議会のHPをご覧ください。
学校図書館関連ニュースの中に
『2013年07月09日学校図書館法一部改正案(骨子案)に学校司書配置を明記』と書かれています。


また 文部科学省HPでは トップ > 教育 > 小学校、中学校、高等学校 > 学校図書館に
『「学校図書館担当職員の役割及びその資質の向上に関する調査研究協力者会議』が 
これまで4回開催されていることが記され その記録も公開されています。


学校図書館での学校司書の立ち位置が明記されることで 努力義務とはいえ
何かが変わるのではないかという期待を持たずにはいられません。

動向を見守りたいと思います。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


図書館司書と学校図書館司書
図書館法の中には 司書の配置について記されているが
学校図書館法には記されていない。
学校図書館は 司書教諭の設置がうたわれているからか。
学校司書は本来 置く義務がないから
司書教諭の補助として 安い賃金で雇われているらしい。

百歩譲って そうだとして
それじゃあ 司書教諭の補助というのなら
図書館に常駐して 図書館業務をやるべきでは・・・?
いや・・・させるべきでは?

そうでないと 司書教諭の補助とは言えない。
結局 司書教諭とは名ばかりで
学校図書館を運営しているのは 学校司書であるのに
行政はいったいどこに目を付けているのやら。

事実確認に 学校図書館を視察すべきだと思う。
実際 誰が運営に大きく携わっているのか
どんな仕事をしているのか
その目で見て 職務を評価すべきではないか。

図書館法あっての学校図書館法ではないかと 私は思う。
基準は図書館法を則っとり
公共図書館と学校図書館は 意味合いが違うので
図書館法の補足という位置に 学校図書館法があると考えるのだが。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




2学期が始まりました
2学期が始まりました。
といっても 私が勤める自治体は 8月末から2学期なので
わずかではありますが 夏休みが短く感じます。
これも 時数確保のためだと聞いています。
8月末に始めなくても時数は足りているんですよ。
ただ 余剰時数を確保しておきたいようです。

もちろん 学力保障のためもありますが
これから台風やインフルエンザなどで 
学校、学級閉鎖などがあっても
時数に余裕があれば 怖いものなしということでしょう。
要するに 欠課時数を 
7時間授業や土曜登校で補う必要がないわけですし
何もなければ 余剰分は 学習を深めるために使えるわけですから。

この余剰分のおかげで 図書の時間が削られることなく
毎週行われるのも ありがたいことですしね。

2学期は 行事がたくさんあるので
購入図書の選書を早めに始めたいと思っています。
ある程度選んでおけば、予算に合わせ消去法ですむので。

まだまだ暑い日が続きますが みなさん頑張りましょう。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓


 

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


ひそかな計画が実行に移されました
いつか ここで お話できるのか わかりません。
しかし 何かをどうかしなければ 私たちの状況は変わらないので
そのためには 動くしかありませんでした。
私は身を挺したつもりはないのですが どうやらそのようですw
『勇気のいる行為』と称されましたからw

今のままでは 学校司書の存在の意味すら
忘れられてしまいそうですし
これから 学校司書を目指す者や
今 学校司書に就こうとする者が
夢や希望を持ち 志高く働ける職場になることが
私の願いであるので どんな形であれ
一石を投じたことには 後悔していません。
 
さて どうなるかわかりませんが
動きがみられるまで しばらく様子をみることにします。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。