小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


公共図書館と学校図書館は異なるもの
先日 ある研修に参加をしました。
その中の小学校部の分科会で ある論議がなされました。
さまざまな意見が出始めたところで
おそらく 時間があれば もっと白熱したであろうと思われました。
私自身も もう少し時間が欲しかったと思ったことでした。

というのも 図書の返却に 返却箱を置いていて
子どもたちの返却はラクになったとか
返却箱に返した本を書架に戻すのは
司書と図書委員が中心となってやるが
意外と 返却箱に返ってきた本が 
そのまま借りられることが多いので
書架に戻す手間が省け そんなに大変ではないとか。

私は 返却箱に反対です。
なので学校図書館において この様子をヨシとしてはいけないと思い
すかさず 意見をしましたが
今思えば 大事なことを言い忘れ ちょっと後悔しています。

その大事なこととは
公共図書館と学校図書館の違いのことでした。

公共図書館はサービス業です。
司書の資格を持った者は 『図書館サービス論』なるものを
学んだと思います。
では 学校図書館は?
学校図書館は 図書館教育の場です。
いうなれば 学習の場で 国語教科学習の一つです。
要するに 学校図書館は『学びの場』ということです。
図書館の使い方 図書の探し方 
図書館での過ごし方といった公共マナーなどを学ぶ場です。
学校図書館での学びが 社会のルールを身に着ける
一つの場だと考えています。

となれば 図書の貸借は勉強。
つまり返却も勉強の一環であるということです。
社会生活において 『使ったものは元の場所に戻す』というのは
当然のことで 『やるのが当たり前』です。
返却サービスをすることが 子どもたちのためになることか
その答えは 一瞬で出ることだと思います。

子どもたちは 自分たちで もとあった書架に図書を戻すことで
分類や図書の場所を覚え 関連図書に目が届きます。
返却場所に図書を戻すとなれば その貴重な学びの機会を
私たち大人が奪っていることになりかねません。

子どもたち自身が 自身の手で 元の場所へ返却できるよう
その手立てをするのが 私たち学校司書の役目です。
例えば 書架にガイドを付けたり 
ラベルに半透明の色シールを貼って 返却しやすいような工夫をしたり
子どもたちの手で返却できるような道筋を準備してあげることが
学校司書の役割であり それが子どもたちためになると私は思います。

見方によっては 司書の怠慢に見えるかもしれません。
しかし 返却箱を設置したために 図書の返却に時間を取られ
子どもの読書相談などのレファレンスに向き合う時間が取れなくなるとしたら
私たちの存在自体が 無意味なものになってしまいます。

だからといって 返却にノータッチということではありません。
誰もが 自分の力だけで返却できるわけではありませんから
返却が困難な子供たちとは 一緒に返却を行います。
一緒にやると言っても 子どもが主導です。
ヒントを与えながら 最終的には自分の手で返却を完了させます。
そして 次は自分でできるように 出来たことをしっかりほめ
次回は自分でやろうと思えるよう 意欲を持たせます。
それが『図書館教育』というものではないでしょうか?

学校図書館での そういった経験が
公共図書館での利用の際に 役に立つのだと思います。

時間がないからしてあげるのではなく
経験を積むことで 与えられた時間内に 消化できるようになるのです。
経験値を上げることで 物事ができるようになるのは
図書の返却に限ってのことでなく 日常の様々な社会経験すべて
同じだと考えます。

『公共図書館はサービスですから 
元の場所への返却をお客様に求めないのは当然のこと。
学校図書館は 図書館教育のひとつですから
自分で元の場所に返却するのは当然のこと。』
この文言を言わずして 上記の反対意見を言いました。
なので 伝えたかった思いが 伝えきれなかったのではと思っているところです。


みなさんは 返却箱についてどう思われますか?


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




P.S 多忙につき 更新が滞ってしまい すみません。

スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


単行本の定義
単行本の定義とは?

ある研修での研究授業での出来事。
TTに入られた 学校司書の方が 昆虫の本を手に言われました。

「これは単行本といいます」と。

その本は、例えば 昆虫図鑑を見て カブトムシに興味を持ったとします。
カブトムシについてもっと調べたいと思ったときに見る
「かぶとむし」単体の本です。

これを単行本っていうの?

私の中で そうだっけ? そうだっけ? と 「?」マークが回ります。


私は 単行本を ハードカバーの文学作品のことだと認識していました。
確か そういうふうに 学んだような。
いつから その定義が変わったのかと 判断力が鈍ります。

「かぶとむし」を例にすると 昆虫図鑑にある1つの昆虫で  
ある意味「単独」なわけですが
単体で書かれているからということだけで  
それらをすべて単行本と呼ぶのは 間違っています。

誤った知識を 子どもたちに植え付けたら
頭のやわらかい子どもたちです あっという間に知識を蓄えてしまいます。

そういう場で そのような話をしようと考えた段階で
意味の確認をしておくべきだったのではないかと。
特研究発表の場なので特に 念入りな下調べが必要だということを
私自身も しっかり 受け止めました。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


オノマトペ
先日 他校に2年生の授業研を見に行きました。
国語科(光村図書教育出版)の「ことばって、おもしろいな」という単元。
ここでは「オノマトペ」を学びます。

「オノマトペ」って?

「オノマトペ」とは 擬声(音)語・擬態語のことです。
仏語でオノマトペ (onomatopee)
若しくは 英語で オノマトペア (onomatopoeia) ともいい
擬音語(擬声語)を用いることにより ものごとを生き生きと表現する効果や
また ものごとに対し読者が親近感を抱く効果など さまざまな効果が生まれます。

どんな言葉かというと 「どきどき」「わくわく」「しっとり」など
私たちが日常会話に欠かせない大切な部分を表します。
「オノマトペ」という言葉自体 なじみが無いので
もう少し イメージしやすい言葉はなかったのか・・と思われます。

この「オノマトペ」を学ぶことが大事な単元目標のようですが
残念なことに 司書がいながら 司書が絡まない発表だったので
「授業支援」という部分で 司書のかかわりがなかったことが残念でした。

司書は 様々な引き出しを持っています。
ことに本の有効活用に関するアイデアは ことのほか秀でています。
レファレンスの依頼があれば 授業展開に司書のかかわりが加味され
もっと楽しい授業になったかもしれません。

活用されなければ 本の貸借担当でしかありません。
私たち司書も「活用されてなんぼ」のものなのです。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ





テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


ブックコートを上手に貼るコツ
学校図書館司書の研修会でした。

研修の中に実習があり 
本日のテーマは ブックコート(製品名なので取扱業者により名称が異なります)
の貼り方と 本の閉じ方の実践でした。

ブックコート貼りは 司書として働き始めた当初から扱っているものだけに
上手下手というより 貼り慣れています。
まるで 週間のようなので 改めて「貼りましょう」となると
目線が気になり 無駄に緊張しますね(笑)

グループごとに実践だったのですが
私がいたグループは ほとんどが初心者だったので
不器用な私がお手本を見せることになりました。
いつものとおりに 淡々と貼りすすめたら
これまたいつもよりも早く上手に貼れて 拍手を戴き
 (///o///)ゞ テレモードでしたが
私のような不器用モノでもできることなので
みんな慣れれば 私よりも上手にこなせること 間違いありません(笑)

ブックコート貼りは いくつかのコツがあるので
それさえ掴めば 簡単な単純作業です。
ただ 貼りなおしがきかないので 慎重さが要求されますが。

慣れないうちは 空気が入らないようにするために
タオルや専用の定規など使うと 失敗が少ないようです。
また角部分を裁断する時は 上手に裁断すると
裁断した欠片は補修用として再利用することができるので
大事にカットしましょう。

絵本のブックカバーをつけたまま ブックコートを貼る場合は
ブックカバーに少し「遊び」の部分を残してカバーすると
表紙がつっぱりません。
一寸の余裕も無く貼り付けると 
かなり窮屈な様相になってしまいます。
表紙を垂直ではなく 45度くらいの傾斜で 
折り返し部分を貼り付けると 失敗が少ないですよ。

ある程度慣れてくると 指先が感を覚えてくれます。
何度も繰り返し 練習してみてください。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ


テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


素敵な光景
研究発表会に行ってきました。
子どもたちの様子は 素晴らしかったです。

お話を聞くときの態度も姿勢も 
研究発表会モードだったのかもしれませんが
素晴らしく上手でした。

中でも 保育園と小学生の読み聞かせの交流授業をみましたが
なんと 保育園の子どもたちが 小学生に臆することもなく
小学生よりも素晴らしい態度でいる姿に感動しました。

周囲に大人が居るようなこういう機会は 
子どもって 落ち着かないものですよね。
なのに 落ち着いている・・どころか 
場の空気が読め 毅然とした態度でいるんですよ。

その姿はまるで 保育園児が小学生と遊んであげている?
そんな感じでしたよw

小学生は この日のために 色々趣向を凝らし
綿密に準備をしていたようで 
自分たちの計画遂行のために 淡々と進めていました。
小学生が保育園児にお話を読む姿 素敵でしたよ。
読んでみた感想に 「ちゃんと聞いてくれて嬉しかった」とありました。
わかるわかる その気持ち。
そんな想いでした。

他校の様子を見るのは 凄く刺激になります。
自分に足りない部分を補い 足りている部分は更に磨きをかけ
腕を上げていかなきゃなぁ・・と思いました。

テーマ:出来事 - ジャンル:学校・教育





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。