小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


横のつながり
司書は学校で一人です。
当然 仕事の悩みや迷いは 誰にもわかってもらえず
一人で抱えることが多くなります。

長く続けている人は 自己解決したり 消化できたりしますが
初めて就いた人にとっては 同業者の知り合いでもいなければ
孤独の中で 自己解決するしかありません。

司書部会が機能していれば 悩みを持ち寄り
ベテランの方たちが アドバイスしてくれたり
解決の糸口を見出してくれたり
自分の経験談を語ってもらい その中からヒントをもらったりして
救われたり 安心したり 行動に移したりすることができます。

司書部会という組織が機能していれば 学校では孤独でも
同じ思いを分かち合える仲間がいることに 安心感を覚えます。
本当に大事な組織だなと思います。

しかしここ数年 新人さんが入ってくるたびに 思うことがあります。
それは 組織を大事にせず 自己中心的な行動を取ることです。

例えば 赴任した学校で 一人職種ということで
いろんな場面に遭遇し 判断に迷うことが出てきます。
そういうときに もちろん 疑問を解決する術を探るのは大事ですが
自分の思いだけで 行動に移してしまうことがあります。

ですが 司書部会という組織がある以上
どんな小さな疑問でも おかしいと思うことでも
一度 部会に持ち寄り 疑問や悩みを出し
どのように対処すべきか はたまた 部会として動くべきことか
ひとつの意見として もしくは 部会の意見として
結論を導き出すのか 話し合うべきだと思います。

というのも 一人の思いだけで行動に起こせば
それが 部会全員の思いと勘違いされ
今まで通ってきたことも たった一人の思いにより
すべてタメになってしまうこともあるからです。

特にこのご時世 予算を削りたい箇所は山ほどあります。
慎重に行動しなければ 不本意ながら その落とし穴に落ちてしまうことも考えられます。
論議に論議を重ね 最善の方法を見出し
それによって行動することが 一人のため みんなのため だと思います。

みんなで考えれば 解決の糸口が見つかる事だってありますから
横のつながりは 大事にしたいですね。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


仲間が増えてイイものです
通常 1県を いくつかの地域に地域分けがしてありますが
その地域区分ごとに司書部会が存在します。
地域により 回数は違いますが 年に数回 総会や研修会が行われます。
私の属する地域でも 年に3回程度 部会が開かれ
他市町村との情報を交換し合える 大事な機会になっています。

自治体ごとに 学校図書館のあり方も違えば 司書の待遇も違います。
それぞれの悩みを吐き出したり 思いを共有したり
研修を通しては 知恵を戴いたり 知恵を出し合ったり と
他市町村の司書と交わることができ 有意義な時間を過ごせます。

何度も顔をあわせるので 顔見知りを超え すごく仲良くなることもあります。
仲良くなれば 腹を割って話せるので 実習も和気藹々で楽しいものです。

しかし このような部会も 予算の面で苦慮しています。
どの部会でもあり得ることですが 年々予算が削られ
部会費に対する 教育委員会の理解も 市町村により様々で
自治体が持ってくれず 自腹を切っているところもあります。

また 部会員も正規と非正規職員が混在し
長く勤める人もいれば 1年で入れ替わる学校もあり
段階に応じての実習が困難な状況です。

運営もかなり厳しいものがあり 毎年頭の痛いこともありますが
他市町村の学校司書との繋がりは 
資質を高めあうという点においても けっして失くすわけにはいきませn。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


気が重い3学期
先日 司書部会がありました。
3学期の司書部会は 顔を突き合わせても
みんなの顔に 生気がありません。
むしろ 重い空気を感じます。

それは 何故か・・・。


蔵書点検が控えているからです。

PC管理であるならば こんなに重い気持ちにはならないのですが
(せいぜい3日もあればすみますからね!)
手作業となると 2週間は見ておかないと 
根詰め作業になるので 息が詰まり 作業効率が下がってしまいます。

人間の集中力は そう長くありません。
徐々に切れていきそうになる集中力を途切れることなく持続させることも
相当な気合が必要になるので これも気が重い原因です。

持続させるために 点検作業中は
多数のCDを持ち込みます。
好きな音楽を流しながら作業をすると 気が紛れ
作業効率の低下を防げ 集中力も持続できます。

避けては通れない作業なので やるしかありません。
覚悟を決めて(?) やらなくては!



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


今年最後の・・・
午後から司書部会でした。

2学期の反省会と良く読まれた本の紹介をしました。
反省会は やはり 時間が無いとの意見が多かったです。
一人職種ですから 代わりの人間は誰もいないし
手助けも期待できませんが 自分の仕事は増える一方です。

あと 図書館にない本が 子どもたちに好まれるという話に。
携帯小説を読んでいる子が 中学生だけではなく小学生にも多い。
全否定はしませんが・・・ 難しいですね。
携帯小説は 表紙に騙されてしまうことが多いので
厳密な中身の確認が必要ですね。

続きはまた明日。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ






テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


ケータイ小説
司書部会でも話題に上った「ケータイ小説」。
同じ町内でも 新興住宅地側の子どもたちと
大家族で育った子どもたちとで 違いがあるようだ。

私の勤務する学校では 
ケータイ小説を買ってほしいとリクエストされることは愚か
興味もなさそうです。

新興住宅地側では 誰もが読みたがって
購入に悩んでいると言っていました。

ケータイ小説の表紙のカワイさに ころっと騙されちゃうんだよね。
でも ストーリーは 結構ドロドロだったりします。
大人はピュアな表紙にコロッと騙され
子どものいうがままに 買い与えているのかもしれませんね。

公共図書館にも置いてあり 
学校で思いを満たされない子どもたちが
ひっきりなしに借りているようです。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ



テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。