小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


駆け引き
カウンター位置は 最後まで納得のいく位置ではありません。
しかし 一時は白紙に戻された書庫を作ってもらう以上
すべてをごり押しするのもいけないかなと 
カウンター位置は 受け入れることにしました。

私の考えは カウンターは室内の奥の左右どちらかに
書庫と合わせて設置を望んでいました。
室内の奥にカウンターがあれば
左右の出入り口が見渡せ 人の出入りが見えるので
防犯面を考えても良い位置だと考えていました。

室内の奥は 採光を考えての窓があるため
一か所もつぶしたくないと言われました。
そのため 廊下を背にして 前後のドアの中間に
カウンターと書庫を横並びに作り
書庫の中から 反対側の出入り口が見えるように
窓を作ると言われました。
なんか 妙な感じになるのですが
設計の〆切も迫っていることですし 
このままでは 全体に迷惑をかけてしまうので 
書庫は作ってもらえるのだから 妥協するしかないのかと。

私が想像するに とてもバランスの悪い配置になるようです。
室内の角においたほうが 見栄えがよかったのにと思うのですが
私の考えが センスがないのでしょうかね。

今思えば それでも 書庫を背に 
カウンターを作ってもらうべきだったかもしれないと考えたりします。
考えれば考えるほど 欲も出ますし こだわりもでます。
限られた予算の中で 図書室にだけお金をかけることはできません。
でも またと建て直せるものではないので
できるだけ妥協はしたくないと思うのですが
妥協せざる得ない部分もあるかと・・・。

自分自身と葛藤です。

夏休みの間に もし打ち合わせがあったら
私の出勤はないので いったいどうなるのだろうと心配です。
私のいない場で決めてほしくないと思うのですが・・・。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


ここだけは譲れない!
先日 設計段階の詰めが行われました。
事前に要望をまとめておいてほしいと言われ 渡しておきました。

しかし あまりにも濃い内容だったためか 打ち合わせの前に 
「今日は大きな部分だけに(議論するところ)してくださいね」と 釘を刺されました。
あまりにも要望(希望?)が多かったからでしょうか。

けれど たとえ通らない要望でも 伝えておかなければ 
何も始まらないと思いました。
何も伝えなければ それで終わりです。
可能か不可能かは 伝えてから 判断してもらえばよいわけで
釘を刺されようと 文書にまとめたもので 思いは伝えられたので
私としては この「釘」の痛みは たいして感じませんでした。
この時点では・・・。


さて 打ち合わせの時間です。
机上には 前回打ち合わせからの変更が記された設計図が置かれていました。
気になる図書室を見てみると・・・


あれだけ要望した書庫がありません。
カウンターの位置も 要望したにもかかわらず
最初の設計図にあった場所ですし
さらに要望していた書庫は カウンター部分を広め 収納を増やすことで カットされています。


エェッ!?(* □ )~~~~~~~~ ゜ ゜


カウンターを広めてほしいとは要望していません。
書庫をなくすなど言語道断です。

音楽室や図工室に準備室があるように
図書室にも準備室に値する倉庫が必要です。
書庫には 購入したての受け入れ前の本を置いたり
廃棄予定の本をピックアップして一時保管したり
それらを受け入れたり廃棄の手続きをしたり
パネルシアターの台など普段使わないものを収納したり
子どもたちに触れられたくないものを保管したり と
使う用途がいっぱいなのです。

それを カウンターの中を広め 収納したところで
何の解決にもならないのです。
実際 収納がどうのこうのという問題ではないですし
子どもの目に触れる場所で作業をしたくないものを 一時的に保管したり 
それらを 子供たちに触れられず作業する場所が欲しいわけで その意味合いは大きく違います。

そのことを どれだけ熱く語っても 役所の人にも設計の人にも なかなか伝わりません。
ですが 書庫なしでは 絶対に受け入れられません。
「図書室の管理者が代われば 先生によって必要不必要だったりする」とも言われましたが
書庫が要らない司書なんて 1人もいないはずです。
というより 絶対にいません。断言できます。

役所の人も設計の人も 所詮 内部事情を分かっている人たちではありません。
話をしていても 視点が違うということを 強く感じます。

現在も書庫のない図書室です。
書庫がなくて 本当に困っている窮地も訴えました。
段ボールが10箱以上もカウンターの中にあって
足の踏み場はないし それらを広げる場所もない
とても作業もできたものじゃないということも 伝えました。
そして 書庫だけは 絶対に退けないことを 再三伝え
今日の打ち合わせは終わりました。

結論が出ず なんともしっくりいかないままです。
次の図面で はたして書庫は作られているのか。

図書室の中にいるものが 必要なもの不必要なものを 一番わかっています。
とても採光の良い場所に 読み聞かせスペースが作られていて
それが 好ましいことか 好ましくないことか 
図書室にいるみなさんには 判断がつきますよね?

光の当たる場所に 読み聞かせスペースがあっては
本に光が当たって反射し 絵本を見る方は 見づらいです。
設計の方たちは 採光の良さを 前面に出されましたが
読み聞かせにはそれが不適であることなど まったくもってご存じありませんでした。

明るさが必要な場所は 本を読む閲覧机の部分だけで
書架も読み聞かせスペースも さほど明るさは必要ありません。
陽射しは 図書の劣化を進行させます。
かえって 直射日光を遮る工夫を施してもらいたいくらいです。

中にいる人間が その場所を一番わかっているということに
多少は理解をしてもらいたいものです。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


少しでも理想に近づけるように
図書の受入やら 夏休みの貸出やら
雑務に追われて 夜はバタンQの日々で
ブログも更新せず・・・失礼しました。

ネタもたまっています
来週には終業式。落ち着いたら 小出しに書いていきたいと思います。

まずは ビッグニュースから。
な・な・なんと 児童数増加に伴い 校舎の増築工事が決まりました。
増築部分に図書室もお引越しすることになり 設計が始まり
図書室の部分は 図書室を一番知っている人間として
私も打ち合わせに参加することになりました。

おおまかな設計はでき 図書室の位置は決まりました。
これから 室内のレイアウトなどの詰めに入ります。
どこまで 要求が通るかわかりませんが
理想の図書室に少しでも近づけるよう 妥協せずお願いしていくつもりです。
まあ 少しでも 思い描いていることが 形となればいいなと思います。

おおまかに考えていることは 室内をコンクリートではなく
木を基調とした 温かみのある空間で
素足でも気持ち良く過ごせ 夏は涼しく 冬は暖かい床板であること。
壁面は 湿気を吸い取ってくれる木材で覆い 図書室の入り口は木目調の引き戸。
日光による本の傷みを避けられるような窓ガラス。
図書室の外壁には 木目の掲示板と展示用にニッチを取り付けてもらいたい。
図書室と廊下の壁は できるだけ腰窓にして 
廊下から図書室内の様子が見えるように・・・などなど
これは却下されるかも・・・という要求も
ダメ元で あげていきたいと考えています。

新しいものを作るのはたいへんですが
そのことに係ることができるのは嬉しいというのが 正直なところです。
子どもたちが使いやすい図書室に作り上げられるよう
より良い提案をしていけたらと思います。


工事は来年度から始まる予定です。
今後は お引越しまで 適宜レポートします。
「こんなものがあったらいいよ!」というのがありましたら
早めにアドバイスくださいね。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。