小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


レファレンス・・・総合学習でのかかわり
レファレンスについて語りだすとあれもこれも話したくなってしまい 
とても長くなってしまいそうなので 数回にわけてお話したいと思います。

まず「レファレンスサービス」とは

図書館などで利用者の問い合わせに応じ 図書の照会や検索をする業務

のことを指します。

なんだか難しい表現ですが 簡単にいうと
「読書相談」と思っていただければよいと思います。
レファレンス業務の内容については 
小学校・中学校・高校・大学・公共・企業図書館では
欲する本や目的が様々なため
それぞれに多少の違いがあります。
当たり前のことですけどね。

私は 大学の研究室図書館と小学校しか経験がありませんので
中学・高校などのレファレンス業務については
おおよそのことはわかっていても 
詳細となるとよくわかりません。
ですが・・
「○○について調べる」という点は 
どの図書館でも共通することだと思います。


子供たちから

「○○の本はどこにあるの?」

「○○について調べたいのですがどの本で調べたらいいですか?」

という質問をよく受けます。
子供たちは自分が調べることがタイトルになっていないと
すぐに「本がない」と表現します。
そのたびに 今の子供たちに「想像力と創造力」が育っていないと感じます。

「物事をイメージする この言葉から連想される言葉を考える
その結果 何が見えてくるか どんなことが浮かんでくるか」


これが 物事を調べるときの重要なポイントになってきます。
この力がついていれば 面白いように どんどん
調べ学習を進めることができます。

たとえば 調べたい事柄が「一揆」だとします。
「一揆」と言っても たくさんの一揆があります。
「加賀の一向一揆」「渋染一揆」とか・・

調べることのテーマが「加賀の一向一揆」だとすると
子供たちは その言葉がタイトルになっている本を探し
(滅多に探すタイトルが本のタイトルになっていることはないですが)
見つからないと レファレンスにやってきます。

いつものことですが
「自分の調べたいことがタイトルになっていることは 
ほとんどないよ~。
○○ちゃんが大人になってから 
×××という本を書いてくれると助かるなぁ・・」
などと 少しばかり意地悪をいいます(笑)

さて ここからが本題です。

「百科事典では調べた? 
百科事典は知りたいと思うことがたいてい載っているから
一番にみたほうがいいよ」
「え~ 百科事典は面倒。」「調べ方がわからないよ」
「○○という言葉で調べたけど載ってなかったよ」
という言葉が 30人中27人くらい返ってきます。

百科事典で調べることは 調べ学習の基本中の基本ですが
子供たちは 百科事典のぶ厚さと 
事典をひくという行為に かなり抵抗があります。
また 事典の引き方も知らなかったりもします。
それはたぶん 常日頃「わからないことは調べる」よりも
「人に聞く」ことが簡単で その簡単さに慣れてしまい 
自分の労力を使うことを面倒だと思っているからです。

小学校の3年生で 国語辞典の使い方を習います。
このときから「わからないことは辞書を引く」習慣を
ぜひ身につけてほしいし
読書をするときも 物事を調べるときも 常に辞書を机の脇におき 
わからないことがあったらすぐに調べられる状況を作って 
辞書に慣れ親しんでほしいです。
辞書は 物事を調べる以外に 読んでも面白いものですよ。

小学校の先生には 子供たちに「辞書を引く」ことを 
習慣づけていただけると 子供たちの調べ学習の取り組みに
必ず変化が現れます。
すぐには結果はでないかもしれませんが
勉強と同じで 毎日の積み重ねで 変わっていくと思います。

「物事を調べる」ことに興味が出てくると 
想像力と創造力が豊かになり
自然と「調べたい」という気持ちが育ってきます。

そこからは訓練です。
子供たちには 調べる事柄から いろんな事をイメージをさせます。
 
「加賀の一向一揆かぁ・・ 加賀って何県のこと?」
「あ・・石川県」
「そうだよね・・
ってことは 石川県の本にも載っているかもしれないよねぇ。
それじゃ 次は 一向一揆ってなに?」
「農民の暴動かな」

など キーとなる言葉から いくつかの言葉をイメージさせ
キーワードとなる言葉を書き出させます。

「じゃまず 百科事典で調べようか。加賀の一向一揆で引いてみて。」
「引いてたら載ってたよ。でも ここに書いてある△△ってなに?」
「じゃあ 次は △△の意味を調べてみようか。
△△を百科事典でひいてみて」
「△△は◎◎のことだったんだね。加賀は石川県だったよね」
「石川県のことを調べると何かわかるかもしれないよね?」
「そうだね。石川県のことは地理のところにあるから 2番だね」

ここからは私のこだわりです。
本の場所を教えるときは 日本十進分類法を使って 子供たちに本のありかを教えます。

「2番って何?」などの質問が出たら しめしめです(笑)

「2番には歴史や地理の本が置いてあるよ」
「へ~。じゃ 歴史や地理を調べるときは2番を見ればいいんだね」
「そういうことよ」
「他の番号はなに?ラベルの色も違うよ~」

4年生で「十進分類法」をさわり程度は学習するのですが
ほんとに「さわり」程度なので 
興味関心を大いに引き出すところまではいきません。
ですが 十進分類法を知っていると 本探しがとても上手になるし
小学生から鍛えていると 中学高校大学と進学していく過程で
物事を調べるにはどの本を見て調べればいいのかという「手立て」を自分で模索できるのです。
大型書店でも 本を見つけるときに 分類法はとても役に立つんですよ。

なので 私は こだわりを持って 請求番号で本のありかを教えます。
「編み物の本はどこ?」「7番にあるよ」
「方言について調べたいんだけど・・」「ことばの本は8番にあるよ」
こんな感じです。

子供たちは「7番ってどこ?」「8番は?」と一瞬と惑いますが 
子供たちの柔軟性のある良い頭はすぐに吸収するので
だんだんとそのやりとりに慣れ 自然と動けるようになってきます。
小学校でう~んと鍛え 調べ学習の手立てを知り得
中学校に進んでほしいと願っています。

この先 絶対役に立つんです。必ずね。


余談ですが こんなサイトがあります。
私は利用したことないのですが・・

レファレンスクラブ

司書ならずとも誰もが参考にできる 利用価値の高いサイトですね。
日外アソシエーツが運営しているサイトです。
私も今後 機会があれば 利用してみたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。